F906iの検索ボタンがいい感じ


 せっかくの新機種なのによく考えたら新機能について全然触れていないよな……。というわけでF906iならではの新機能の1つであります「検索ボタン」について。「Google × ヨコモーション」というキャッチフレーズになるくらいだから、F906iの代表的な機能という位置づけなのかな。

ケータイのキーパッドに新しくサーチキーを搭載しました。サーチキーをプッシュするだけで、さまざまな検索ウィンドウが表示されます。そこに気になるキーワードを入力すれば、検索結果へダイレクトにアクセス可能。また、他機能が起動中でも検索ウィンドウを呼び出すことができるので、いつでもどこでも検索可能です。

携帯電話(FOMA F906i) 製品情報 – FMWORLD.NET(個人) : 富士通
http://www.fmworld.net/product/phone/f906i/info.html

 前のエントリでも触れましたが、本体下部のワンセグボタンとマルチタスクボタンの間には新たに検索ボタンが新設。今まではここが単なる隙間だったので、せっかくのスペースを有効活用するという意味では嬉しいですね。

F906i

 使える機能としては、ものすごい端的にいってしまえばこの検索ボタンだからできる! ということは特にないです。iモードやフルブラウザ検索はブラウザからサイトにアクセスすれば同じだし、電話帳検索も前からあった機能ではあるし。

 と、使う前は思っていたんだけど、意外や意外こういう専用ボタンがものすごく便利。自分は今までショートカットでGoogle検索設定していて、「8+iモード」でiモード検索を使っていたんだけど、これだとGoogleにたどり着くまでに1回通信し、Google表示されてから改めて検索して通信、と2手かかっちゃうんですな。

 それに対してこのボタンだと、当たり前だけど通信する前に検索キーワード設定できるから通信時間を1回にできる。地下鉄なんかで駅についた瞬間しか通信できない! なんて場合も操作が遅いと2駅かかってしまう検索が、これなら1駅であっという間にできるわけです。

 よく考えるとPCのブラウザだって、検索サイトなんかブックマーク開けばすぐ使えるのに、GoogleやYahoo!の検索ツールバーってすごく便利に使ってる。やることは同じであっても圧倒的に手数を減らせるということは、更なる利便性をうむんだなーと思いました。

 もう1つ、地味にうれしいのは、この検索機能だけはインライン入力に対応しているということ。インライン入力というのは文字入力のときにいちいち画面をテキスト入力画面に切り替えずそのまま文字が入力できる機能ね。これ通常の機能でもあるといいなあ。ちなみに半角英数で打つ場合、画面に指示は出ないのですが、「*」を押すと文字が選べます。説明書にも書いてないんだけどこれって改行扱いになってるだけなのかな。

CIMG3672

 さらにコピペした文字を「iモード」ボタンで貼付けたり、文字入力したけど検索してない場合は入力した文字がそのまま残ってたりなんて機能も。ただ前者はありがたいけど、後者に関しては結局検索しなかった文字なわけだから表示しなくてもいいかなあ。

 と、便利な検索機能なんですが、ちょこっと改善を希望したい点も。今の検索機能は最後に使った検索がアクティブになるんですが、できればここはデフォルトの検索を設定したい。検索しようと思う時に目的の検索になっているかどうかをいちいち確認するのは、せっかくスピーディーに操作できる機能なのにロスが生じちゃう。PCの検索ツールバーだってデフォルト検索とかは設定できるし、あれが「一番最後に使った検索がアクティブ」だとめんどいんじゃないかなあ。

 あとは難しいだろうけど検索機能を追加したい。地図アプリは動作遅すぎて自分は使ってないのでここはNAVTIMEがいいし、できればAmazonとかも検索できると嬉しいなあ。どこまでそういうオープン姿勢を受け入れられるかは富士通というよりドコモの問題ではあると思いますが。

 とはいえ、今までもGoogle検索はiモード、フルブラウザともにショートカット設定していたくらい頻度高かったのでこの機能はかなり便利です。おかげで今までショートカット設定していたボタンを2つも他の機能に設定できるからツイてる!
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください