P-01AとN-01AとSH-01Aちょこっと触ってきた


 先日ドコモショップで店員さんにあれこれ調べてもらっている間、ちょうどドコモの新機種が合ったのでちょいちょいとさわってみました。

 といってもSIMカードが刺さっていないタイプのモックなので通信関連の機能はほぼ使えません。なので文字入力とか操作感とかをかるーく撫でた感じ。基本的にはFユーザーの視点なのであまり当てにはならないと思いますが、ご参考がてらくらいにお読みくださいませ。

 こないだの時点でさわれたのはP-01A、SH-01A、N-01Aの3機種。いずれも高機能のPRIME seriesで、自分が選ぶとしてもこのレンジのモデルだと思う。

docomo PRIME series P-01A | 製品 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/prime/p01a/

docomo PRIME series SH-01A | 製品 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/prime/sh01a/
docomo PRIME series N-01A | 製品 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/prime/n01a/

 文字入力だけでいくとSHがかなり速くて、Fと同じくらい快適。一方、Pはかなりもっさりしていて、ボタン押してからワンテンポ遅れる感があった。といっても文字の取りこぼしはなかったので、慣れればなんとかなるレベルかな。一番最初の頃のF906iよりは早く、最新ファームのF906iに比べると遅い、くらいの印象。

N-01Aは文字入力だけでいくとSHとPの中間くらいかな。早いとは思わないけど遅くもないくらい。ただ、回転機構のせいでボタンが非常に小さく、圧倒的に文字が入力しにくい。慣れで回避できそうかもしれないけど、急いだらあれは間違って押しそうだなあ。やはりヨコモーションとは似ているようで別物だと思った。

 しかしながらNはニューロポインターが秀逸で、カーソルキーがとかく快感。十字ボタンを押すと瞬時に十字ボタン操作に切り替わり、ポインターを動かすとマウスカーソルが出る。ここはNのいいところかなあ。

 一方のSHはタッチクルーザー搭載ですが、こっちはすごいつかいにくい。感度をちょこまか調整してみたけど、どうもいきたいところにぴったりとはカーソルが合わなかった。

 文字入力以外だとPはやはりもっさり感があってMENUの切り替わりがもたつく。でもこれも慣れればそこまで気にならないかなあ。正直Fの早さに慣れてしまうと他が遅く見えすぎてしまうというのもあるかもしれない。

 Nはなんか中途半端というか、横画面で起動しないメニューがあるのに、縦画面に行く前に横が入るというのが正直使いにくいなあ。縦に回すのもちとコツが必要で、慣れないとゴツゴツぶつかる。あれなら素直にスライド型にしたほうがボタンも大きく取れて使いやすい気が。というかせっかくニューロポインターがあるので普通の折りたたみのほうが便利そうそうだなと思いました。

 Fを混ぜると客観視できないのでその他3機種で行くと、入力の感じだけで選べばSHかな。自分は液晶がキーよりも奥にあるタイプの端末は苦手なんですが、SHはそういう機構ながら液晶がだいぶキーに近いのでさほど違和感感じなかった。サイクロイドがワンセグ以外に活用できればさらに便利ではあるのですが。

 まあこのあたりはあくまで入力感であって、実際の機能とかを考えると全然ちがってくるんですけどね。特にiアプリとiモード同時起動とか、iモードタブブラウザとかそういう機能のほうが自分は気になるので、今度時間あったらドコモショップでもうちょいさわってみたいと思います。

FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!



P-01AとN-01AとSH-01Aちょこっと触ってきた” への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください