ワンセグ録画+防水ケータイで毎朝お風呂でテレビを楽しむ

防水が今や特徴の1つとなっている富士通製携帯電話。テレビ大好き人間の自分としては、これまで「お風呂でテレビを見たい」という願望のもと、さまざまなスタイルに挑戦してきました。

たとえばワンセグの電波を強めてみたり。

「ワンセグ電波がいまいちで・・・・・・」というときのささやかなお助けアイテム – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/11/28/735

ワンセグの電波を強めるブースターが新たに登場 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2009/01/23/1603

あるいはワンセグをあきらめて、レコーダで録画した番組を高画質で再生してみたり。

ワンセグ見れなくたっていいじゃないかというF-01Aのiモーション用美麗動画作成術 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/12/04/768

F-01Aのiモーション用美麗動画作成術 Macバージョン – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/12/12/869

しかし、ブースターで増幅できる電波はそれほど大きくなくて、我が家だと家の中では十分見られるようになるものの、さすがにお風呂までは届かない。iモーションの美麗動画は便利ですが、毎日入るお風呂のために毎回作成するかというとそれは大変だし、何よりシャワーの音とかでほとんど音聞こえないんですよね。美麗動画はお風呂というよりむしろ長距離通勤のお供が一番だと思ってます。

しかし先日、知人がテレビに出ると言うので会社でお披露目するために録画しておいたワンセグをふとお風呂で見てみたら、電波の途切れもなくきれいに再生できてびっくり。そりゃそうだ、電波のいいところで録画したのを再生してるだけなんだもの。

しかも番組の特性上、テロップが大きいのでシャワー音が大きくて音が聞こえなくてもそれなりに何を言ってるかわかりやすい。シャワー型の自分のお風呂ワンセグは合わないかなあと思っていたけど、どっこい録画番かつテロップが中心の番組ならかなり便利に使えることがわかりました。

そこで思いついたのが、毎朝ニュース番組を録画しておくと言うライフハック。自分が完全に寝ている時間のニュース番組なら、安定した電波環境で録画できるし、ニュースなら基本的に音が無くても見ているだけでだいたい内容がわかりやすい。毎朝自動で録画しておけばよけいな作業も不要なので助かります。

具体的にはワンセグで録画設定を変更すればいいだけ。今回は「めざにゅ?」にしましたが、時間は自分でカスタマイズできるので、「めざまし」の5時から6時枠だけ、という設定も可能です。

DSC03630

あとは充電する場所をワンセグの入りやすい場所にするだけ。多少いつもと設置場所が変わるかもしれませんが、部屋の中の電波環境をよくするだけであれば前述のブースターも十分便利そうです。

お風呂に入っている最中はシャンプーだったり体洗ったりとやることいっぱいあるので、防水ケータイといえどもTwitterやメールのように操作を要するものは不向き。その点テレビ番組はながら見すればいいだけなので、ワンセグ録画+防水というのはなかなかよいコンビネーションかもしれません。

FOMA F-01B F-02B F-03B ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01B F-02B F-03B ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

“ワンセグ録画+防水ケータイで毎朝お風呂でテレビを楽しむ” への2件の返信

コメントを残す