Instagramの画像をTwitterに表示させるにはIFTTTが便利だった


仕事でお世話になっているグッドスマイルカンパニー安藝さんのTwitterを眺めていたら、何やら投稿にIFTTTのURLがリンクされているのを発見。

なんのリンクなんだろなーと思ってクリックしてみたらびっくり、リンク先はInstagramでした。

 

Instagramのアカウントは以前から所有しつつも、Instagramの画像をTwitterへ投稿するとこんなかんじにURLのみ投稿されてしまって画像が表示されないのが不満でした。

ところがどっこい、IFTTTを使ってImstagramにアップした画像だけをTwitterへ投稿すれば、Twitterにもちゃんと画像を表示できるんですなー。これは気がつかなかった。

というわけでさっそくIFTTTを設定。IFTTTの「This」部分にInstagramから「Any new photo by you」を設定し、「That」部分にTwitterの「Post a tweet with image」を設定、さらにTwitterの投稿は画像だけでなくInstagramへのリンクを表示できるよう「Url」を追加しました。Twitterへの投稿内容は「Ingredient」から追加できます。

この設定で実際に投稿したのが下記のツイートです。なお、IFTTTによって自動的にTwitterに投稿されるので、Instagramからの投稿はTwitterを指定する必要はありません。

Instagramの写真がFacebookにしか表示されないため、だったらFacebookに画像投稿すればいいやということでInstagramだけでなくTwitterの利用頻度も下がっていたのですが、この設定ならInstagramもTwitterももっと便利に使えそう。2017年もうちょっとTwitterを前向きに使っていきたいと思いつつ、そのつもりはないものの結果としてこの設定を導いていただいた安藝さんにこの場を借りて御礼申し上げます。


コメントを残す