タカラの「ハイカラ」CMが泣ける

いやもう激しく爆笑しちゃったので書き残しておこう。

タカラのハイカラというのは自宅でカラオケが楽しめるおもちゃなんですが。

Hi-kara ハイ・カラ|タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/products/hi-kara/

そのCMがめちゃイケのスペシャルで流れていて、最後に「“ハイカラ”で検索」って表示されるんですよ。

で、パソコンしながら見ていたので早速検索してみた。一応ご参考までにGoogle アカウントはログアウトした状態です。

ハイカラ – Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%A9&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

ちょwwwまwwwおまwww

そのうち検索結果も変わってしまうと思うのでこの驚きをリンクでご紹介しておきましょう。

記念すべき「ハイカラ」検索第1位は

ハイカラ – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%A9

さすがWikipediaつよいねー。まあそれは仕方ないとして気を取り直して第2位!

HIGH and MIGHTY COLOR
http://www.handmc.jp/

いや確かに略称はハイカラだけども! まあさすが人気アーティストのなせる業ということで次いってみよう!

ハイカラブログ
http://playlog.jp/handmc/blog/

HIGH and MIGHTYのオフィシャルブログ。つよいねーHIGH and MIGHTYは。ちなみにこちらのブログはプレイログで作られているので、公式サイトとは違うページとして出るみたいね。

そろそろかなりしんどくなってきた順位ですが、あきらめずに第4位!

道後商店街「道後ハイカラ通り」
http://town.ehime-iinet.or.jp/dougo/

愛媛のハイカラ通りがランクイン。いやまあ有名な観光場所なんでしょうけどね……

もういい加減しんどくなってきたのでGoogle検索1ページ目を全部貼ってみよう。

ナタリー – ドリカム中村正人とハイカラマーキーが電撃結婚
http://natalie.mu/news/show/id/8059

元祖「ハイカラ菓子」? 「ハッピーターン」は進化している | エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091120402772.html

Amazon.co.jp: ハイカラ・ガール: capsule: 音楽
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB-capsule/dp/B00005Q8GY

会津若松観光物産協会Web>ハイカラさん
http://www.aizukanko.com/haikarasan/index.htm

渚のハイカラ金魚
http://www.geocities.jp/flying_man3/

きっこのブログ: ハイカラきっこが通る
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2008/08/post_31fb.html

1ページ目に出てこないwwww個人サイトのジオシティーズにも負けてるwwwwタカラサミーがんばれwwww。

いやまあGoogleじゃなくて、日本シェアNo.1であるYahoo!のことかもしれないよねと気を取り直してYahoo! で検索!

HIGH and MIGHTY COLOR
http://www.handmc.jp/

ハイカラ – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%A9

Hi-Color Co.,Ltd.│株式会社ハイカラー
http://www.hi-color.net/

まあご想像通りの結果となりました。唯一カラオケ製品という意味での「ハイカラのリンクがスポンサーサイトとして出てるんだけど、それネットプライスの商品ページだし。

【先行予約】Hi-karaダウンロードセット(ホワイト)【ネットプライス】
http://www.netprice.co.jp/netprice/overture1/goods/271942/?OVRAW=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%A9

CMに「ネットで検索」と入れるのはまあ定番ではありますが、事前調査しておくなり、せめてAdWords買っておいたほうがいいですね。何も考えずに「ネットで検索」と入れて公式サイトが出てくるほどSEOの世界はあまくないですから……。

まあ一番まずいのは「ハイカラで検索!」といっておきながら公式サイトのソースが

<title>Hi-kara ハイ・カラ|タカラトミー</title>

になってることだがな……

Hi-kara (ホワイト)
Hi-kara (ホワイト)

ueblogさんパーティーでプレゼンしてきた

 こうかくとギークみたいじゃない?

 というわけでueblogさんの結婚披露パーティーでプレゼンしてきた。会場に向かう電車の中でふと思いついたネタを勢いでつっこんでしまってウケるかどうか非常にドキドキでしたが、会場の半分くらいは笑ってくれていたらしい。ちなみに残り半分はそもそも元ネタがわからないようで、それじゃあまあしゃあないよねというポジティブシンキングで。

 で、「今度他のパーティーで使いたい」なんて声もありがたいことにいただいたので、新郎新婦の許可得た上で個人情報削除してプレゼンアップしてみた。ますますギークみたいじゃない?

Ueblogparty

View SlideShare presentation or Upload your own.

 でもまあ笑ってもらえたのも会場の雰囲気であって、客観的に見てみたらさほど楽しくないかもね……。

 というわけでueblogさんおめでとう。そしてお手伝いいただいた方々ありがとうございました。投げっぱなしでもなんとかしてくれる安心感はホント頼りになりますね☆?

映画をそれなりに安く手軽にみる方法

 これは以下エントリーに捧げるオマージュです。

映画をちょっとでも安くみる方法 | IDEA*IDEA
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/08/post_629.html

 かなりさまざまな映画を安く見る方法が紹介されていて必見のエントリーですが、こういう映画館ごとのイベントだったり、日にちが指定された割引だったりというのは日程を合わせるのが大変。なんとなくふらっと映画を見に行きたいときに、上記エントリーの方法ほど安くはならなくともそこそこ安くできる手軽な方法をこないだ実践してきたので、さくっとエントリしてみたいと思います。

 それははてなブックマークでも書いたのですが、チケット屋を使う方法。大黒屋を代表とするチケット屋は、映画封切り後でも前売り券を売っているので、映画館に行く前に立ち寄れば劇場に直接行くよりだいぶ安い。前売り券はたいてい1300円ですから定価の1800円より500円安い。2人で見に行けば1000円安くなるし、ちょっとした映画館での飲み食い代くらいにはなるのでは。

 ただ問題はそのチケット屋をどう探すのか、ということですが、ここはやはりケータイ会議参加メンバーらしいソリューションでお答えしたいと思います。

 それはドコモの携帯電話で使えるGoogle マップのiアプリ。これで「駅名 チケット」で検索すると、周辺のチケット屋が簡単に検索できるのです。この検索が秀逸なのは、たとえば大黒屋でもチケットを取り扱わないブランド系店舗は引っかからないところ。純粋にチケット販売店舗だけ探し当てられます。

?CIMG3995?

 検索結果が表示されたら、画面右下の「閉じる」を押すと地図が表示されます。

CIMG3996?

 あとは「3」を押して適宜拡大しながら、チケット店舗周辺の地図を表示するだけ。Googleマップは方角までは示してくれませんが、駅周辺ならランドマークも多いのでだいたいわかるのでは。

?CIMG3998

 かなり便利なこの方法ですが、注意点をいくつか補足しておきます。

 まず、前売り券はあくまで前売りのためのものなので、しばらくすると在庫切れになることがあります。なので映画の上映終了期間直前とかだとチケットなくて涙目になることも。できれば封切りから数週間以内を狙ったほう外衣と思います。体感ですが1ヶ月経つとしんどいかなー。

 もう1つ、前売り券には劇場指定のものがあります。たとえば東急グループの株主優待券みたいなの。先に予定していた劇場と違うところだと微妙にスケジュール狂ったりしますので、映画を見ることが決まったら早めにチケット確保しましょう。

 そしてさらに、チケット確保したはいいが映画館が混んでいて入れない、なんて悲しい事態もないわけではありません。満員が見込まれるような映画であれば映画館に電話して状況聞いておくとよいかも。

 まああれだ、結局はマメに行動するのが一番ってことですね☆?

カイシリーズひとまとめ

カイシデンもじりで地味にブログを多角経営しているんですが、こないだ「結局いくつあるんですか?」と聞かれ、自分でもわからなくなってきたのでこのあたりでまとめてみる。

そのまえにまずは本ブログの移行まとめ。

カイ氏伝(移転しました)
http://kai3desu.cocolog-nifty.com/blog/

最初はココログで開設したものの、フレッシュリーダー使いたさに借りたさくらインターネットでMovable Typeインストールしてみたら楽しくなったので移行。いまやスパムの巣窟ですが、ココログは過去記事のコメント・トラックバック禁止を一括処理できないのでもう放置です。消すのも一括削除とかできないしね。

カイ氏伝
http://blogging.from.tv/blog/

Movable Typeで作ったブログ。運営期間は一番長いし、いまだにアクセスも結構ある。ほんとはおなじとこで続けたかったんですが、Movable Type 4にはかないませんでした。でもWordPressはかなり楽しいので、WordPressに出会えてよかったとは思ってますが。

カイ士伝
http://blogging.from.tv/kai4den/

名前を変えて新規一転始めるも、管理画面が重かったりカスタマイズがめんどくさかったりと悩んでいたところにWordPress導入がうまくいってしまったのでさっくり移行。一番期間の短かったブログです。

カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/

WordPressで気分一新のブログ。モバイル対応やらプラグインでサクっとできるのでとても楽しいです。

と、ここまでが本ブログ。以下がサブブログやらWebサービスやらです。

はてなブックマーク – カイ史伝
http://b.hatena.ne.jp/kai3desu/

過去ログ見たら2005年からやってるのでもう3年近いのね。ブックマークというよりURLに対する一言ツッコミみたいなブログ感覚で使ってます。100文字制限のせいかどうも言葉が強いですよねと突っ込まれることも。

カイ支店 – Vox
http://kai.vox.com/

こっちは2006年から。公開範囲設定ができるので、外向けにも書くけど基本的には知っている人限定かな。ブログと違ってリアルで知っている人限定という使い方にしています。最近あまり投稿してないけどネタはあるのでまた時間みて投稿していきたい。

カイ氏殿
http://kai.nowa.jp/

Voxと同じく公開範囲制限できるんだけど、こっちはブログ上でしってるくらいのつながりでも公開範囲設定にしてた。だけどタイトル丸見えの仕組みがどうにも苦手で、結局つかわなくなっちゃいました。

カイ誌伝
http://r.hatena.ne.jp/kai3desu/

はてなRSSにつけたものの、ほとんど使ってないな……。StartMacのメンバーをまとめたくらいだ。

カイ辞典
http://d.hatena.ne.jp/kai3desu/

最近始めた新ブログですが、意外と見られてるみたいで「更新してないの?」と言われる……。すみませんネタはあるんでがんばります……。

カイ視点
http://kai3.clipp.in/

新しく始めたClipp.in。Tumblrに近いんですが、Tumblrは基本パブリックでないとフル機能使えないのに対し、こっちは友達のみ公開でも十分に使えるのでこっち愛用してます。はてなブックマークはコメント重視ですが、こっちはほんとにクリッピング用途かな。クリップごと非公開にしたり公開にしたりと使い分けもできるので、ブックマークサービスとしてもはてなブックマークより使いやすいかな。最近かなりお気に入りで使って遊んでます。

思い出せるのはこんなところか。でも更新してないブログとか入れるともっとありそうな気もするな・・・・・・。どなたか発見したら教えてください。

WordPressのトラックバック説明文が挑戦的な件

トラックバックはリンクしたことをリンク先に知らせる方法として、レガシーなブログシステムに対して用いられます。ほかの WordPress ブログにリンクする場合は、リンク先のブログがピンバックによる通知を自動的に受けるので、さらにトラックバックをする必要はありません。

言うねー!

Googleは俺の庭

石の上にも3年と言いますが、このブログも3年目に突入。ブログ変えながらも同じURLで続けていたことやいろいろなブログやサイトからリンクいただいたこともあり、「カイ」で検索するとGoogleのWeb検索で1ページ目、Googleモバイル検索では1位になりました。白い犬より上だぜわーい!

カイ – Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%AB%E3%82%A4&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

おかげで最近「これ前にブログで書いたよな」というときは「+カイ」検索で簡単にGoogle1位に表示されるので重宝してます。サイト指定検索でも同じといえば同じですがモバイルから指定するのめんどいし、入力文字数も少ないのでお手軽。いや便利になりました。

「シャングリラ・ダイエット」に続くダイエット方法を考えた

 最近では食欲そのものをコントロールすることでやせられるという「シャングリラ・ダイエット」が話題。
 

 ■ シャングリラ・ダイエットとは?

米国の心理学者が考案したダイエット法。従来までの「食べるものの量や種類を制限する手法」と異なり、「食欲そのものをコントロールする手法」です。

食欲そのものをコントロールするので、「いつも食べているものはそのままに(つまり何食べてもいい)、量が食べれなくなる(=いつもの定食が食べきれない)」ということが起きます。その結果、徐々に体重が落ちていく、というミラクルな手法です。

『シャングリラ・ダイエット』出版記念セミナーへのお誘い | IDEA*IDEA
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/05/post_510.html


シャングリラ・ダイエット~全米ベストセラー!「食事制限」なし!「運動」なし!の魔法のダイエット~” (セス・ロバーツ)

 メタボ危機意識の強さからかつては「AMN」なる団体を立ち上げた私としても、ダイエットは永遠のテーマであります。

AMNはメタボリックの多さに重点を置き、個人や小規模グループのダイエットを全力をあげて支援していく予定です。「ダイエットメディア」としてのブログの可能性を模索しながら、ブロガーのみなさんと共に、日本のダイエット界を盛り立てていきたいと考えています。

カイ氏伝: AMNにジョインしました
http://blogging.from.tv/archives/000568.html

 というわけで元AMN創設者の私といたしましても、私も画期的なダイエット方法をここに発表したいと思います。
 
 もちろん後発ですから先発よりも特徴がなければいけないということで、私のダイエットの特徴は現代人がほぼ持っているであろう身近なアイテムを除けばまったく準備の必要もなく、そして時間管理の必要もないステキなダイエット方法であります。
 
 用意していただきたいのは「カメラ付き携帯電話」。画素数は特に条件ありませんが、高機能であればあるほど付加価値は高いと思います。
 
 カメラ付き携帯電話が準備できたらあとは簡単。まずは食事を食べる前に写真を撮りましょう。パチリ。1枚で満足せず、ホワイトバランスを変えたり角度を変えたり縦横を変えたり画素数を変えたりとさまざまな写真に挑戦です。
 
 いざ写真を撮り終えても安心してはいけません。食べ始めつつも写真を撮る努力です。箸で持ったところをパチリ、切り分けたお食事をパチリ、お食事の断面からパチリ、おいしそうに食べている人の写真をパチリパチリ。食事を舌で楽しむだけでなく、写真という視覚に加えて撮影という触覚でも楽しむのです。
 
 そうやって食事の合間もこまめに写真を撮ることで必然的に食事のスピードが遅くなり、満腹中枢が刺激されるために小食でも充分おなかいっぱいになることで余計な食事をとらないダイエットが実現できるのです。このじわじわ満腹感が満たされていくさまをグリルになぞらえ、このダイエットを「フォトグリラ・ダイエット」としたいと思います。
 
 というわけで先日、F906iを利用するケータイ会議2のモニターメンバー有志で行なったお食事会兼F905iで写真撮影会の様子をご紹介。F905iに比べて画質落ちるとかいろいろ書きましたが、きちんととればそれなりにいい写真撮れると思いますよ。
 
F1000053F1000054

F1000057F1000059

F1000060F1000062

F1000064F1000065

F1000070F1000072

F1000075

 あとはよく撮れた写真の一例。近くにある料理でもお店の光が十分にあればわりとキレイに撮れますよ。

F1000080 
 
 ちなみにお店で写真を撮影する場合、お店の迷惑にならないよう注意しましょう。そして一番大事なこととして、あまりネタにマジレスしないことが一番ですはい。

FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!