築地本願寺の巨大Google マップピン発表会行ってきた


本日より設置された巨大マップピンの発表会、ご案内いただき行って参りました。

Google Japan Blog: Google マップのリアルピンが都内に出現!?
http://googlejapan.blogspot.com/2009/08/google.html

Googleの地図サービス「Google マップ」は、検索した場所に「ピン」と呼ばれる目印を立ててオリジナルの地図を作れる「マイマップ」機能がありますが、今回の企画はこのピン機能を実際に立ててしまおうというぶっ飛び企画。百聞は一見にしかずということで実際の写真をご覧ください。

DSC01345

もう絵としていい意味でアホとしか思えないwww。ガチャピンとムックとのエイプリルフール企画しかり、渋谷で空飛んじゃう企画といい、Googleのプロモーションは斜め上を突っ走るあたり独自路線を貫いていますね。

右側の大きいピンは約4mという超巨大ピンで、築地本願寺にのみ8月3日から8月9日までの期間限定で設置。左側の小さいピン(といっても2mくらいありますが)は東京の駅構内に期間限定で設置されるとのこと。

恵比寿駅 西口    8月3日?8月9日
渋谷駅 センター口  8月3日?8月9日
築地本願寺        8月3日
新宿駅 新南口 8月4日?8月5日
池袋駅 中央口 8月6日?8月7日
秋葉原駅 昭和口 8月8日?8月9日

左のピンは円の中心がのぞけるようになっていて、中にはYouTubeでのプロモーション映像が視聴できる仕組み。背面にわざわざ「裏の穴からのぞけます」なんて説明があるあたりがちょっとドラクエっぽいですな。

DSC01335DSC01336

DSC01332DSC01329

大きい方のピンは特段機能はないのですが、そのぶんデカさがものすごいインパクト。中央にある謎のマークがなんだか新興宗教っぽくて、伝統ある築地本願寺との対比がとんでもないことに。

DSC01341

せっかくなのでアオリで撮ってみました。大迫力!

DSC01421

ちなみにこの企画、7月13日よりGoogle マップで実施している「わたしの好きな場所」というプロジェクトの一環として設置されたもの。「私の好きな場所」は、都市に詳しい著名人22名が東京・京都のそれぞれ好きな場所を地図上で公開する企画で、今回の築地本願寺は「わたしの好きな場所」に参加している建築家の平田晃久さんの選んだ場所だそうです。

わたしの好きな場所
http://www.google.co.jp/help/maps/favoriteplaces/

なお、京都にはこれらピンのかわりに、「わたしの好きな場所」で選ばれた場所にちょうちんが掲げられるとのこと。これは風流ですなあ。

DSC01396

記者会見ということでGoogle 関係者や築地本願寺を選んだ建築家の平田さん、築地本願寺の住職がそれぞれ簡単にプレゼンしてたんだけど、炎天下の屋外ということでもう熱い熱い。気温だけならともかく、今回持って行ったアルミのMacbookが簡単に熱を吸収して大変なことになっており、キーボードを大変な勢いで打たないと熱くてしゃあないという展開に。いやー、Macは屋外に向かないんだなやっぱり・・・・・・。そもそも屋外が発表会に向かないという話もありそうですが。

今回の発表会で何度も繰り返されていたのが「ネットと現実を繋ぐ」というフレーズ。オンライン上の地図と実際の場所をつなぎ合わせることで新たな世界が広がる、地図のピンは終着点ではなくて、その先の世界が広がっているという話がとても身にしみました。

自分が道に迷う体質だからこそなんだろうけれど、地図の世界っていうのは「目的地に行く」以上のすごい価値を持っていると常日頃から思います。今はまだ情報が完璧に揃っているわけではないから、利用方法が特定されてしまうんだけど、特定ジャンルであってもすべての情報が地図上に網羅されていればすばらしく便利になるはず。

たとえば住所や駅で地図を検索できるのは、住所も駅もそのすべてが地図上に存在するから安心して場所を特定できるわけで、それと同じくらいの充実度で特定のカテゴリ情報が網羅されていれば、たとえば渋谷のラーメン屋ならすべて特定できて、そこに食べた人の評価が信頼できる形で載っていればラーメン好きにはとても頼りになる情報源だと思います。

残念ながらそこまですべてを網羅した地図情報というのはなかなかないんだけど、個人的に気になったお店をどこかに登録しておいたりというサービスは大好きなので、どんどんこうやってユーザーの地図情報が活性化されて便利になっていくといいなあ。ただ残念ながら現状のマイマップは少々インターフェイスがわかりにくいのと、地図を作るのに結構手間がかかってしまうこと、欲を言えば携帯とカメラとGPSを使って簡単に位置情報のブックマークできるといいなあと思うところです。

余談ですが築地本願寺の住職が地味に面白かった。今回の施策に協力した理由が「開かれたお寺ということは努力するだけじゃなくてそれに気がついてもらわなければ行けない」という話もそうなんだけど、発表会終わった後のフォトセッションでさりげなくピンを覗いた姿勢を維持し続け「写真撮るといいよ!」と体でアピールするあたり、まさに有言実行な感じがすばらしかったですはい。

DSC01414
語る住職

DSC01423
覗く住職


築地本願寺の巨大Google マップピン発表会行ってきた” への3件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください