Bluetoothキーボード付属の「バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS」購入した


最近やたらとゲーム熱が高まっていることに加え、一粒で二度おいしいこともあってこのタイトルをゲット。

ポケモンゲットだぜ

読んで字のごとくタイピングでポケモンをゲットする本作ですが、おもしろいのはタイピング用にBluetoothキーボードが付属すること。はてDSにBluetoothなんて搭載してたかいねという人はとても鋭くて、このソフトではDSカートリッジ内にBluetoothを内蔵することでBluetooth対応を実現するという変化球なのでした。

『バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/typing/

もともとTyping Of The Deadもハマりまくるほどタイピングゲームが大好きなことと、合せて安価にBluetoothキーボードが手に入るという理由でさくっとゲットした次第です。

パッケージはキーボードを同梱するためかなり大型。同梱品としてはキーボードだけでなくDSを立てるスタンドもついてきます。見えにくいですがキーボードの右にあるのが折りたたんだ状態のDSスタンドね。

DSC00050.JPG

キーボードは右側に10キーがないコンパクトサイズですが、キーピッチは十分で結構おしやすい。

DSC00051.JPG

以下の画像は手を置いたところ。大きさのイメージがつかめますかね。

DSC00052.JPG

左下のWindowsマークがあるぶぶんはホームボタンで、これはゲーム中で利用します。おそらくPCにつなぐとWindowsボタンとして機能するのではないでしょうか。試してないけど。

DSC00053.JPG

右上には電源ボタン。使わないときはオフにできます。

DSC00054.JPG

電源は単3電池×2。eneloopが大量に備蓄してある我が家にはありがたい仕様。電池がふとしたときに切れていても手軽に交換できます。これキーボード本体に充電池を内蔵しているタイプだと意外と不便なのよね。

DSC00055.JPG

もう1つの同梱品であるDSスタンドは開くとこんな感じ。

DSC00056.JPG

裏側にはDSカード1枚を収納できるエリアがあり、普段はケースとして持ち歩けます。いやこんだけでかいならもうちょいDSカード収納させろよと思わなくもないですがそれはそれ。

DSC00061.JPG

スタンドに立ててキーボードを設置するの図。実際には上の画面にしか設問でてこないのでスタンドなしで上画面だけ立てれば十分ではあるのですが、スタンド立てた方が見やすいと言えば見やすいですかね。

DSC00057.JPG

ゲームはかなり初心者向けで、最初はキーボードの左手部分から順番に覚えていく流れ。ただし、タイピングのレベルが高い場合は先のステージにワープできたりもするので、最初の数ステージだけ辛抱すれば歯ごたえのあるタイピングも楽しめます。

DSC00058.JPG

ゲームの流れは、登場してくるポケモンの文字を入力することでポケモンボールを投げて捕まえていきます。ミスなく入力できればコンボがたまり、さらにポケモンの名前が表示されるよりも早く入力し始めるとボーナスポイントももらえるという仕組みで、要はポケモンの名前覚えないと高得点は狙えないと言うことですな。

DSC00060.JPG

最初の数ステージこそ難易度が低くて「子供向けソフトだなー」と思ってたけれど、どっこいステージを進めていくとかなり歯ごたえが出てきて楽しくなる。タイピングは正式な指使いをきちんと維持しているし、通常の文字入力だけならそれなりに精度もスピードも自信はあるのだけれど、数字やキーボード右側の記号エリアはそこまで強くないので、このゲームで数字エリアも使いこなしてより精度とスピードを高めておきたいと思います。

と、ここまではゲームのお話ですが、やはり気になるはBluetoothキーボードの使い道。発売前からiPhoneなどでも使える一般的なBluetoothキーボードということは知られていましたが、うちではゲームが終わったらtorne文字入力用キーボードにしたかったので、PS3での接続を試してみました。

ペアリングボタンがないので他の機器との接続悩むところですが、このキーボードではFnキーを押しながら電源を投入することでペアリングモードに突入。あとはPS3側のBluetooth設定を進めていくと「Nintendo Wireless Keyboard」が見つかります。

DSC00041.JPG

あとは画面に従ってパスコードを入力し、Enterキーを押すだけ。

DSC00042.JPG

無事に認識! これでtorneからつぶやきたいときも便利に使えます。

DSC00044.JPG

ちなみに一度他の機器に接続したキーボードを再びポケモンタイピングに接続したい場合、キーボードを同様にペアリングモードにしてから、ソフトを起動してL+R+下を押せばゲーム側もペアリングモードになり、再度接続が可能です。

DSC00062.JPGDSC00063.JPG
タイトル画面でL+R+下を押すことでペアリングモードが発動

タイピングも楽しめて、ゲームが終わったらBluetoothキーボードとしても使えるコストパフォーマンスの高い本作。信頼の任天堂ブランドだけにタイピングゲーム自体もよくできているので、お子様のタイピング用にも自分でゲームとしてタイピング楽しむにもオススメの作品です。


バトル&ゲット ポケモンタイピングDS

ただまあtorneのほうはPSNが落ち続けていてライブ機能がまともに使えないんだけどな……。


“Bluetoothキーボード付属の「バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS」購入した” への1件の返信

コメントを残す