1日1ブログを経験して


4月11日から始めた1日1ブログ活動、なんだかんだと1カ月半続けてみたわけですが、毎日ブログを書くということでいろいろ感じるところもありました。

よかったのは普段だと「あ、これブログで書こうかな」といって放置しがちなネタも、1日1ブログだとこまめに拾うようになること。特に食べ物系だったりどこか行ってきた系はついつい書かなかったり、普段から書こう書こうとして放置しがちになるテレビドラマネタも、毎日ブログを書く気になるとちゃんと拾える。

また、いつもは休みの日や時間のある時にダラダラと時間使って書いてしまいがちなブログも、毎日書こうとするとわずかな時間をきちんと管理して書くようになるので計画的になるのもメリット。もともと執筆時間とかは意識しているタイプだけれど、「今日は10分で書くぞ!」とより時間意識を持って書くようになりました。

一方で、毎日書かなければというのがプレッシャーになるというのはやっぱりデメリット。仕事に余裕のある時は1日1本でも余裕だけれど、ふっと仕事が忙しくなるととたんに時間が取れなくなる。最初のうちは書きためたりもしてたけどそのうち書きためる時間も取れなくなり、そもそも書きためるのってなんか自分がブログやってる意味がなくなるなあなんて思ったりしてちょっと息苦しくなりました。

また、1日1個書こうとするとどうしても時間の制限を考えてしまい、さくっと書けそうなネタばっかりを選んでしまいがち。割とがっつりかきたいライフハック系とかWebサービス使い方系とか携帯電話動向系とか、時間かかりそうなものにまったく手を出せなくなってしまった。もともと自分のブログは「言いたいことを言いたい時に言って、自分に興味ある友達に読んでもらえればいい」という目的だったし、仕事として毎日文章を書くよりも自分の意志で自由に書きたくて始めたブログなのに、書かなければいけないプレッシャーを背負うのはなんとも本末転倒だなあと思いました。

とはいえ毎日書こうとすることで取りこぼしていたネタを拾えたり、時間もより意識しながらブログ書けるというメリットもあるので、定期的にブログを書くという意識はこれからも持っておきたいところ。まずは週数回、最低でも週1回くらいは余裕を持ってブログを書けるようなスケジュールと、そういう余裕のある生活を送れる自分でありたいと思います。


1日1ブログを経験して” への2件のフィードバック

  1. 私も日記とかつけていなかった人なので、いざブログとか言われても絶対続かないだろうなと思っていました。だから、がっつり系の技術ブログと、携帯メールからのモブログと2つ持つことにしましたよ。ようは続けることが大事だということですねー、Twitterはミニブログとも呼ばれるのでこれでもいいかな?とかも思いますけど…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください