愛用中のFlickr連携サービス「Flickr2Tag」がChrome拡張機能化!

先日このブログでも紹介して以来、大変に愛用している「Flickr2Tag」。好きな写真をクリックするだけの簡単操作でFlickrのタグを簡単に取得できるとっても便利なサービスであり、640ピクセルというワイドサイズにも対応していることもあって最近はほぼFlickr2Tagだけでブログを書いております。

WordPressと相性のいい2つのFlickr連携サービス – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2011/06/18/5789

そんな便利なFlickr2Tagですが、設定はさほど難しくはないものの、「62454257@N00」という形式のユーザーIDを取得する必要があったり、画面サイズを設定するにはURLへ直接「?size=z」といった指定が必要でした。

また、Flickr2Tagは直近にアップロードした写真から表示するので、「以前にアップロードしておいた写真をブログで使いたい」という場合は、画面をいくつもスクロールしなけばならず、「昔使ったあの写真を使いたい」なんてときは現実的にほぼあきらめざるを得ないことに。

そんなわがままなユーザーの要望を開発者にフィードバックしてみたところ、「それじゃあ対応しましょう!」という嬉しい声が。しかも単なる機能追加ではなく、Chromeの拡張機能としてリリースされるという予想外の展開になったのでありました。

Flickr2Tag – Chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/nhkkfdobfckamgadjflpmjdeondlmafa

インストールするとChromeの右上にFlickr2Tagのアイコンが現われます。

後は自分のFlickrページにアクセスし、Flickr2Tagのアイコンをクリックするだけ。URLにユーザーIDが入っていれば発動するので、自分のフォトストリームページでもいいし、写真を1枚表示させてからでも使えます。

要望していたセットリストも対応。使いたいセットリストを開いた上でFlickr2Tagをクリックすると、セットリストごとにFlickr2Tagが生成されます。賢いのう。

今まではURLに直接入力する必要があった画像サイズ指定もオプションから設定が可能。アイコンを右クリックし、「オプション」から画像サイズを選ぶことができます。

Flickr2Tagでページを生成したら、あとは貼り付けたい順に画像をクリックしていくだけ。クリックするたびに右側の数値が増えていき、最後にその数字をクリックすると今までクリックしてきた画像のコードをまとめて取得できます。これ写真をクリックしただけだと一番最後にクリックした写真のコードしか取得できないので気をつけて。

画像サイズは好みによるところですが、個人的には640ピクセルの迫力はとても気に入っていることと、640ピクセル対応のこうしたFlickr連携サービスがあまりないこともあって大変にお気に入りのサービス。拡張機能化によって難しい設定も必要なく、クリック操作だけで簡単に使えるサービスに仕上がっておりますので、Flickrユーザーの方はぜひお試しくださいませ。

“愛用中のFlickr連携サービス「Flickr2Tag」がChrome拡張機能化!” への5件の返信

  1. いぇーい!紹介ありがとうございます。
    これで陽の目を浴びることのなかったFlickr2Tagが使われるようになるといいなw

コメントを残す