シンプルながらいい写真が撮れるARROWS NX F-06Eのカメラ


ケータイ会議NX! F-06E 徹底レビュー!
このエントリーはARROWS NX(F-06E)モニターのレビュー記事です。

新しいスマートフォンを手にするとまず気になるのがカメラの性能。ブラウザやメールといったアプリは基本的に横並びでさほど違いありませんが、カメラに関してはメーカーごと使い勝手も画質もかなり異なることに加え、最近では写真がコミュニケーションツールにもなっているので非常に重要なポイントです。

ライトニングインプレッションという名のファーストインプレッションでも触れた通り、ARROWS NX F-06Eのカメラは非常にシンプルな構成になりました。実際には春モデル「ARROWS X F-02E」からこういうシンプルスタイルになっているのですが、ARROWS V F-04Eから比べると仕様が大幅に変更されています。

これがARROWS NX F-06Eのカメラ画面。フルHDディスプレイを活かし、画面すべてにカメラの画像が表示されます。メニューボタンも透過になっていて本当にディスプレイすべてを画面に使えるこだわりっぷり。

こちらが以前に使っていたARROWS V F-04Eのカメラ画面。解像度以前に画面左右にメニューが表示されているため、表示エリアがかなり狭くなっています。というかこれでも十分普通に使えていて、むしろARROWS NX F-06Eが大きすぎるというのが正直な感想。

メニューも非常にシンプル。撮影モードのほか選べるのは画面サイズやフラッシュのオンオフ、HDRのオンオフ設定程度。

「その他」で設定できるのも保存先やタッチシャッター設定程度とシンプルを貫きまくった仕様。ちなみに後述しますがタッチシャッターはぜひオンにしておきましょう。ほとんど設定いじれないこのカメラでは結構重要な機能です。

なお、カメラの設定周りはこちらが詳しいので合わせてご覧ください。

【ARROWS NX F-06E】シンプルなカメラがお気に入り | hey hey heydays*
http://heydays.org/2013/06/arrows-nx-f-06e-simple-camera-app.html

本体ロック時のカメラ起動も一新。以前はロック画面に表示されるカメラアイコンをタッチする方式だったのが、画面右からスライドすることでカメラを起動できるようになりました。

ただこの設定、初期設定ではオンになっていないのでぜひオンにしておきましょう。このあたりの設定は下記の記事をご覧ください。

ARROWS NX(F-06E)ロック画面でスライドからのカメラ起動が便利で素敵 – これからゆっくり考L http://sakaki0214.hatenablog.jp/entry/2013/06/12/085428

スライド機能はカメラ撮影時にも用意されており、メニューボタンがある側の長辺からスライドすることでギャラリーが表示されます。

もっとも大事な写真サンプルですが、機種変更するたび比べているおなじみの方法で3機種を比較。上からARROWS NX F-06E、2つ前のモデルであるARROWS V F-04E、そしてiPhone 4Sで、いずれも初期設定のまま撮り比べています。

まずは屋外。光が多いのであまり差がでないですが、iPhone 4Sがやや明るめ、ARROWS Vがやや暗めかな。

建物はだいぶ差がでましたが、これも屋外と同じくiPhone 4Sが明るめ、ARROWS Vが暗めです。

天ぷら写真の比較。iPhone 4Sはちょっと白っぽくておいしそうじゃないかな? 一番上のARROWS NXがいちばんジューシーなかんじ。

花の比較。ARROWS Vはやや青っぽい?

ラーメン比較。ピントはネギに合わせているのですが結構違いが出て、ARROWS NXがちょっと暗めになりました。ただラーメンとしてのバランス考えるとARROWS Vはちょっと明るめかな。

もともとARROWS Vのカメラもかなり気に入っていたのですが、ARROWS NXはほとんど設定いじらずともさらにいい写真が撮れるようになっているのに驚き。実際にいろいろ撮るまでは「ホワイトバランスくらい変えたいよなあ」「露出いじりたいようなあ」と思っていたのですが、このクオリティならほんとに設定いらないかも。

ただしそうはいえども写真の撮り方には若干のコツが必要。それが前述のタッチシャッターです。まずは以下の写真をご覧ください。せっかくのお寿司が白飛びしてしまってあまりおいしそうに見えない、いわゆるメシマズ写真に仕上がっております。

これはお寿司ではなく下にある板にピントを合わせてしまった結果、明るくなりすぎてお寿司の色が飛んでしまったのですね。こういうときは被写体の中で明るめのものにピント合わせるとしっかり写真が撮れます。以下は真ん中のお寿司にピント合わせた作例。タッチの場所でできあがりにかなり違いが出てくるので、ちょっとしたコツとしてご活用ください。

最後にARROWS NXで唯一といっていい画質を弄れる機能であるHDR。ただこれうまく活用シーンが見いだせないというか、実際の写真よりくすんだ仕上がりになるのですよねえ。以下は上が標準、下がHDRで撮影してます。


せっかくのHDR有効活用したいのですが被写体によってはあまり意味がないのかな。iPhoneのHDRなんかだと暗いところでもしっかり撮れるので重宝したのですが、オート設定のできがよすぎるのであまりHDRは使わなそう。

と、カメラ周りはかなりお気に入りなのですが、若干残念なのがギャラリーの仕様。ARROWS Vの時は起動すると瞬時に写真が表示されたのですが、ARROWS NXは若干もたつくようになってしまいました。とはいえ実用レベルでは十分なスピードなのですが、前のARROWS Vがこの点はサクサクすぎたがゆえに差を感じてしまいました。

ARROWS NXのカメラ写真はここのFlickrにアップロードされているので、サンプルを見たい人はぜひこちらもどうぞ。Flickrのグループ機能ってほんとにおもしろ便利なんだよねえ。いろいろリニューアルされたこともあるのでFlickr周りのエントリーもまたしたためたいところです。

Flickr: F-06E
http://www.flickr.com/groups/f-06e/

【ケータイ会議NX!とは?】
ケータイ会議NX!とは、富士通の最新スマートフォンARROWS NX F-06Eをブロガーが使い倒してブログで自由にレビューする企画です。通信料は各自の負担、モニター後は端末をそのまま使い続けることができるようになってます。

他のブロガーの記事はこちらからどうぞ−。


シンプルながらいい写真が撮れるARROWS NX F-06Eのカメラ」への1件のフィードバック

  1. メイン、サブカメラ別で撮った動画サンプルなんかもあるとすごい嬉しいです、マイクや手ぶれ補正が気になります

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください