メタルギアソリッド4クリアした

 いやあ長かったほんと長かった。Act2で絶賛放置しまくりだったメタルギアソリッド4略してMGS4ですが、休みの日にちびりちびりと進めつつ、Act3に突入してからは週末を利用して2日でクリアしました。いやなんとなくだけど今週末までにクリアしておいたほうがいい気がして。

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(通常版)
メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(通常版)

 語ること多すぎて散漫になりそうな感想エントリですが、とりあえず思いついたところから書いていくと、クリアまでに要した時間は20時間行かないくらいなのに対し、なんとムービーシーンは9時間もあるらしい。おいおいほんとにプレイ時間のほうが短いんかーい!!

完結編と銘打ちかなりのボリュームとなった為、2層式Blu-ray Disc(BD)の約50GB(2層式DVD約6枚分)でも容量が足らず、それまでのPS3用ソフトにはなかったBDを生かし切った作品と謳い、映像再生時間は9時間5分47秒に及ぶ。

メタルギアソリッド4 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%894

 結果としてプレイ時間も非常に短いので、ほんとにゲームというよりムービーを楽しむ作品というかんじ。毎回毎回ムービーのシーンは長いんだけど、いざゲームとなるとやっと操作になれてきたあたりで「あれ、これでおしまい?」みたいな短さでした。

 で、肝心のストーリーはというと、長きにわたるメタルギアシリーズを締めくくるお話としてはお見事だとおもいました。今までの主要キャラをほぼ登場させながらも話うまくまとまってるし、ソリダスも「そう使うか!」みたいなオチで出てくるし。ただ、演出もストーリーもなんか報われない感があるのね。スネークが年取っちゃったのはまあしょうがないとしても、Actが進めば進むほどボロボロになっていき廃人同様のスネーク。Act.5ではいつくばりながら前に進む姿なんて「ほんとに主人公なのかよ・・・・・・」と絶句するほどに。エンディングに関しても主人公が銃口加えて自殺しかけるとかどういうことだよ! というほどに救いがなかった・・・・・・。

 あと残念なのが、最後のボスを倒してスタッフロールが流れた後に、衝撃のラストが待っているということ。まあ映画にはありがちな展開だとは思いますが、そのラストが30分近く続き、しかもプレイヤーとしてたどり着いたはずのラストシーンが、単なるムービーで無かったこと扱いにされちゃうのがあまりにも達成感がない。おれ何のために裸で殴り合ったんだよ・・・・・・。

 全体的に救われない感の強い展開で、4人のBB設定も厳しかった。中の人が絶世の美女で辛い過去を背負っている、ってのはいいけど、初回はともかく毎回毎回倒すたびにその辛い過去を聞かされるのもなあ・・・・・・正直ドレビンからの通信は全部着信拒否してやろうか! とすら思った。あまりに毎回毎回定番のようにドレビンから話を聞かされるために、せっかくのストーリーもテンプレ化してしまうのも悲しい要因でした。

 唯一とも言っていいうれしいシナリオとしては、雷電がハッピーエンドを迎えられたこと。というかあんだけフルボッコにされた上に戦艦受け止めて海に沈んでいってなんで生きてんだよ! とか、両腕失ったのに最後は元通りってテリーマンかお前は! というくらいむちゃくちゃでしたが、2の頃から好きなキャラだったのでこの点はほっとしました。2の時は最初こそ「なんでスネークじゃないんだよ」と思ってたけど、後半ものすごい愛着もってたなあ。ちなみに最後、自分の子供と向き合う時に「キャンベルの子?」とスネるあたりの器の小ささがまたかわいすぎるwwww。お前髪の毛の色で気づけよwwww。

 アキバに関しては深読みしすぎたというか、SOPの制御を受けないという特性が「ナノマシン制御というウイルスに対抗しうるワクチンを持った存在」であって、最後はアキバを操作するんだ! とか思いこんでたんだけど、結局「注射を拒否してただけ」という悲しすぎるオチ。そのくせスクリーミング・マンティスがアキバを操れなかったとき「ほう・・・・・・」と意味ありげに笑うとかブラフにもほどがありますよ!!!!

 あと思ったのが、スネークってバカ正直だよね。ナオミにはだまされまくるし、ドレビンの言うことも信じて注射しちゃうし、最後のビッグボスの言葉も簡単に信じちゃう。もうFOXDIEが効かないって、それビッグボスの発言以外根拠ねえから! ちょっとは他人疑うことをしようぜ! いつかスネークがオタコンの連帯保証人になってしまわないかと心配です・・・・・・。

 ゲームシステムについては正直あまり盛り上がりがなかったというか、BB部隊との戦闘以外あまり戦いがないのも残念だった。まともに戦えるのってAct.5の船上くらいだしね。せっかくあれだけ武器あっても使いこなせないよ・・・・・・。武器が多いのに対してあまり説明もないので、どれ使っていいかさっぱりわからなかったのもちょっと残念だった。

 ボス戦もメタルギアらしいといえばらしいんだけど、最初さっぱりどう戦っていいのかわからなくて、いろいろ試していくうちになんとか攻略法が見えてくる。ただ4に関してはそのバランスがちょっとうまくいってなかった気も。クライング・ウルフとかほんとに倒しにくくて、どうしていいかわからなくてイライラが募ってしまった・・・・・・。

 ゲームとして楽しめたのはAct.1からAct.3までで、Act.4はメタルギアシリーズお得意の小ネタが楽しかったという感じ。Act.4冒頭の夢オチといい、「ディスク入れ替えて」指示だったり、メタルギアソリッドを彷彿とさせる進入経路だったりはシリーズのファンだからこそ楽しめるいい展開でした。ただ、MGS4からやった人は全然おもしろくないだろうねあれ。サイコ・マンティスの小ネタもかなりアホで楽しかったんですが、あの楽しさを最大限に楽しむにはメタルギアソリッドでサイコ・マンティスと戦ってないと意味ないからなあ。

 全体として映像重視の作品であって、ゲーム性という意味では今までのシリーズよりも低め。もちろんiPodで遊んだり、BB部隊との撮影ゲームとかいろいろなおまけ要素はあるみたいだけど、シナリオ通りのゲームプレイとしてはほんとにちょっとの時間しかない。それでいてストーリーも救いようがなく、大事なラストのストーリーもクリア後にビッグボスがだらだらしゃべるだけというのが正直残念ではあります。

 まあしかし私の場合実は3をとばして4をやっているので、改めて3をやるという楽しみも残ってます。なんか明らかに個人特定されたような挑発もうけてるしね!

今から3をやり直してもいいのではないかと思います>3を飛ばして4をやってる人。

あひるちゃんがゆく:MGS4、ようやっとクリア [ネタバレ注意] – livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/ahiru178/archives/51354513.html

 ただ、思ったより3はやってなくても違和感なかったというか、もともと3は1、2より前のお話なので、3のキャラが出てきても「ああなるほど、3やればこの人たちの若かりし活躍シーンが楽しめるんだ!」という期待があった。逆に1、2はやってないと最低限のキャラクターつかめないから困るかもなあとは思いますが。

 というわけで据え置きではMGS3を改めて開始しつつ、PSPでもPS Storeで初代MGSを購入。今更ながらにしてメタルギアソリッド熱が高ぶっております。

メタルギア ソリッド 3 スネーク イーター PlayStation 2 the Best
メタルギア ソリッド 3 スネーク イーター PlayStation 2 the Best

 ちなみに攻略本はこれ買いました。メタルギアソリッドとアキオを語らせたら右に出るものはいないあひるちゃんのオススメなのでこれで安心であります!

メタルギアソリッド3サブシスタンス エクストリームガイド (ファミ通の攻略本)
メタルギアソリッド3サブシスタンス エクストリームガイド (ファミ通の攻略本)

 

コメントを残す