ザムドとグレンラガンとマクロスFと

 最近タイトルとかどうでもよくなってるのは本当ですはい。

 PS3独占タイトルであるところのアニメ「忘念のザムド」、せっかくPS3ユーザーなので購入してみてたんですが3話で挫折。先を見たい! と全然思わないうえに、間違って第4話のファイル削除してしまってあえなく終了。PS3に本体残してあってPSPへ転送、ってシステムならともかく、PSPに移した時点でPS3のファイルもなくなるって仕様はほんとにだめだね。

亡念のザムド
http://www.xamd.jp/

 ここ最近新作アニメはあまり見てないこともあって、ザムドがツボにはまらないのはもう自分がアニメを面白く思えないだけなのかなあ、って思ってたんだけど、グレンラガン見たらそれは全然違うことに気がついた。

天元突破グレンラガン
http://www.gurren-lagann.net/

 グレンラガンは以前に深夜で再放送していて、有名なタイトルだし天下のガイナックスだしとりあえず見ておきますかね、と思ってたら第4話にして録画失敗の悲劇が発生。じゃあバンダイチャンネルで第4話だけ見てテレビに追いつこうかな、と思ったらグレンラガンはバンダイチャンネルでは配信してなくて涙目になり、なんだかんだ見るのをあきらめてしまってたのでした。

 しかしDVDの宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」で1ヶ月無料キャンペーンやってたので、これ使ってグレンラガン全部見ておくことに。

TSUTAYA DISCAS 宅配DVD/CDレンタル|ツタヤ ディスカス
https://www.discas.net/netdvd/regInput.do

 そしたらもう大変。もともとテレビで第3話まで見たときも「結構面白いな」と思って続きが気になってたんですが、DVDで見始めたらとまらなくなった。もうグレンラガン病といってもいいくらいの勢いで次が気になってしょうがない。届いたDVDは片っ端から見てすぐに返却し、今はDVD7巻まで見終わりました。あと2巻までしかないのが寂しくなるくらい。まあ映画があるからそれ見ればいいんですけどね。

 しかしグレンラガンはこんなにハマるのに、なぜザムドは面白いと感じないんだろうとふと考えて、自分の中で感じる2作品の違いを3つに絞ってみた。

冒頭数話にゴールがない
 2作品とも謎がちりばめられたストーリーというのは共通だと思うけれど、グレンラガンは何部にも渡る大きな謎が秘められているとはいえ、最初の1話でとりあえず地上に脱出し、ガンメンという敵を倒せばいいという目的が設定されている。だからストーリーの大枠が理解できて、次の話も気になり始める。

 一方のザムドは、冒頭で主人公がザムドに変身はするけどその理屈がまったくわからない。ザムド以外の世界観もさっぱり説明されないので、ストーリーは「???」のまま進んでいくため、あまり次を見ようという気持ちになってこない。

キャラに魅力がない
 ザムドのキャラは個性がないというか、どこかでみたようなキャラばかりでザムドとしての個性を感じない。謎の女の子はナウシカっぽいし、飛行船のボスはドーラっぽいし。主人公を取り巻く高校生軍団もキャラがありきたりな感じ。ヒロインの女の子が無駄に巨乳として描かれているくらいか。

 その点グレンラガンはシモンといいカミナといいヨーコといいキャラが非常に個性的。やっぱりキャラが立っていることはアニメに限らず作品にとって大きなポイントだと思うので、キャラクターのどたばた騒ぎだけでも楽しくてついつい先が気になる。

変身が致命的にダサい
 ザムドのダサさは感情移入できないな……。個人的な「ダサかっこいい」の範疇をはるかに超えているよ……。

 その点グレンラガンはロボットとしてふつうにかっこいいし、ガンメンたちも愛着感じさせるデザイン。個人的にはガンメン見るとどうもグランゾード思い出しちゃうけどね。

 いずれも完全なる個人的な主観なんだけど、とりあえずアニメがだめなんじゃなくて作品よりけりなんだよなあという当たり前のことを改めて実感。グレンラガンは続きを見るのが楽しみでもありつつさみしくもある複雑な気分です。余談ですがシモンは少年期のほうが好きだな。

 で、本来はここで終わろうと思ってたんだけど、知人が「マクロスFのよさがよくわからない」と発言していたので、ちょっとマクロスFについても比較してみたい。

 これも個人的な感想ですが、マクロスFの場合、「ロボットや戦闘シーンの美しさ」「マクロスへのオマージュ」を取り除いたアニメ作品としてみると凡作だというのがファイナルアンサー。2人のヒロインにしろバジュラにしろ、すべてが初代マクロスをなぞっていて、マクロスFというオリジナルタイトルとしての魅力は正直薄かった。最終回なんてダイダロスアタックと主人公の単身乗り込みって、最後までオマージュに頼りますかと正直悲しかった。

 マクロスFが巷で評価高いのは、美しすぎる戦闘シーンと、マクロスファンにとっては懐かしいオマージュの数々が中心だと思っているので、マクロスに全然興味がない人が「話題だから見てみよう」といってもそれほど面白くない可能性が高い。なのでいちげんさんにはあまりマクロスFお勧めしないというか、アニメオタク的な視点で画面の美しさとかに感動できない人には向かないかなと思います。

 マクロスのテーマというのはロボットと歌と異文化交流が3原則だとおもいますが、グレンラガンを見ている限り実はグレンラガンのほうがこの要素満たしているんじゃないかなと思った。最初は悪だったはずの螺旋王にも実は正義があったり、ともに戦ったはずの仲間同士でもそれぞれの正義にしたがっておのおのの道を歩み始める。歌という要素に関してはマクロスほどストーリーには練りこまれていないけど、マクロスFもただひたすらにマクロスをなぞる以外の描き方もあったんじゃないのかなあと思うのでした。

 というわけでグレンラガンは今更ながらに激オススメ。DISCASの無料キャンペーン使えば8巻までは無料で見られるのでいかがでしょうか。

天元突破グレンラガン1 (通常版)
天元突破グレンラガン1 (通常版)

 ちなみにDISCASのサイクルですが、在庫さえあれば返却翌日には次のDVDが発送されるため、届いた次の日にはDVDを返却できれば3日くらいの周期で回せます。なので月8枚縛りのAプランよりも、枚数無制限のMプランのほうがいいかなあと思った。Mプランでは新作借りれないんですが、Aプランも新作だと予約待ちになって全然届かないなんてことザラなので、だったら昔の作品で見逃したDVD借りた方が良いかなあと。

TSUTAYA DISCAS 宅配DVD/CDレンタル|ツタヤ ディスカス
http://www.discas.net/netdvd/stJcPlan.do?pT=0

 ただ、DISCASにユーザー登録した瞬間にメールでパスワードを送ってくるあたりのシステムは不安すぎるので他のサービスに乗り換えることも思案中。これっていわゆる「パスワード平文管理」ってやつだよねきっと……。あれだけ消費者から苦情殺到だったテレビCMが自社サイトでまだ配信されているあたりも、なんとなく不安を感じる一員なのでありました。

コメントを残す