グレンラガン見終わってハガレン見てる


 まあ中身わかればいいよねタイトルなんて。

 ちょう夢中になっていたグレンラガンはあっという間に見終わりました。グレンラガンは全部で4部構成なんだけど、正直第3部からはちとテンション落ちたかなあ。たった数年で世界が急成長してしまいまったく別物語のストーリーになってしまい、最初の頃のエネルギッシュな感じがなくなった。まあ第1部、第2部からキャラクター知ってると、仲良かったはずのキャラクターが仲違いしたりとんでもない行動に出たりという楽しみはあるけど、それは作品そのものの楽しみじゃないしなあ。

 第4部はもっとトンデモで、合体に合体を重ねてついには宇宙へ旅経つという、まさにナディアを彷彿とさせる展開でした。最後とかもう気合いだけでなんとかしちゃってるからなあ。まあそれが螺旋力のなせる技か。

 といいつつ全体的にとっても楽しい作品であることは間違いなし。第3部からはちとテンション落ちたとはいえ十分すぎるほどおもしろい作品でした。さすがガイナックスはちがうなあと思いましたはい。


天元突破グレンラガン 1

 ちなみにこれ見たら映画見ようかなと思ってたんだけど、映画ってアニメの焼き直しなのね・・・・・・。そうするとまたカミナに泣かされそうなので、4部全部出そろってから見た方がいいかもしれん。

 そしてグレンラガンの次に選んだアニメは鋼の錬金術師。


鋼の錬金術師 Vol.1

 話題作だけにおもしろいんだけど、さすがにグレンラガンほどのハマリっぷりではないかなあ。なんか序盤はストーリーが進みすぎてちょいとついて行けない感じがした。お母さん生き返らせようとするまでの描写も少ないし、錬金術もあっという間に覚えちゃうしで。あと錬金術は等価交換といいながらも結構一方通行で使ってない?

 あと、話が悲しすぎるよね全体的に。ニーナの話とか悲しすぎる上にそんなのその話数で描いちゃうのかよ・・・・・・、とせつなくなった。あとは中盤の山場というべきか、エドが賢者の石作りを迫られるあたりのキメラっぷりもおなかいたくなったぜ・・・・・・。

 しかし中盤を超えてホムンクルスやらの謎も見えつつあり、なかなかおもしろくなってはきています。おそらく第3部っぽいところに突入してるのでそろそろ次の作品考えないとな。って別にアニメにこだわらなくてもいいわけだが・・・・・・。

 あと、音楽がポルノとラルクなのも知ってはいたけどアニソンとして実際に流れているの見ると衝撃だったなあ・・・・・・。アニソンはやっぱりアニソンであってほしかったし、そういう意味ではグレンラガンの空色デイズはお見事でした。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください