ヨコモーション+機能追加でメールが便利になったF-07B


ヨコモーションとして2年ぶりのF-07Bですが、ヨコモーションならではのメール機能に加えて、いろいろメール関連の機能が地道にバージョンアップされています。

携帯電話(F-07B) 製品情報 – FMWORLD.NET(個人) : 富士通
http://www.fmworld.net/product/phone/f-07b/info.html?fmwfrom=f-07b_index

まずはハードウェア的な仕様変更。メールボタンの配置や機能はドコモの仕様共通化により、今まで右側にあったのが左側に配されました。

DSC00509
メールボタンが右から左へ変更

さらに動作も今までは長押しがメール作成、2回押しがメール問い合わせだったのが、F-07Bでは2回押しがメール作成、長押しがメール問い合わせと逆の仕様に。ただこちらのほうが「すぐメールを作りたい」から2回押しで起動する新規メール、「どちらにしても待ち時間が発生する」メール受信であれば長押しで待つ、というようにわかりやすい操作感かなーと思うのでこの仕様変更は歓迎したいところ。

文字変換も相変わらず便利で、例えば「12」と入力してMENUボタン押すと「12時」「12分」「12月」など12を使った変換候補を表示したり、「あん(あ×1、わ×3)」と入力してMENU押すと「1000」が変換候補になったりと、日本語ならではの変換候補を出してくれる。スマートフォン慣れするとフリック入力も便利だけど、やっぱり携帯のこういう変換機能も大事だなあと、使ってみると実感しますね。

DSC00511DSC00512
「あか」を「12月」「12日」などに、「あん」を「1000」に変換

ヨコモーションならではのメール作成機能が「参照返信」。画面を横に回転すると、通常は「返信」と表示されているメニューが「参照返信」に変化し、該当するキーを押すと返信元のメールを見ながら新規にメールを作成できます。画面は横長ながらもキー操作は通常と変わらないヨコモーションならではのメリットですね。

DSC00513DSC00514
ヨコモーションすると「返信」が「参照返信」に

DSC00515
元のメールを見ながらメールが書ける。元メールは右サイドのボタンで操作可能

参照返信はF906iの頃からあった機能ですが、F-07Bではその他にもメール関連では細かな機能が追加されています。

「ブログ・SNSかんたん投稿機能」は一見するとよくわからないですが、要は指定した投稿先にメールを送れる機能。電話帳からいちいちメールアドレスを呼び出す手間が省けるというものですが、これが地味に便利。こまめに画像をメール投稿している自分としては履歴からも呼び出せるので今までもそれほど手間に感じてなかったのですが、一発で簡単に投稿先を選べる機能は見た目こそ地味ながら投稿のための作業が軽減されます。

DSC00517DSC00523
新規メールや写真一覧からかんたん投稿できる

ただ贅沢を言うと、画像を添付する時に聞かれるサイズ指定もプリセットしたかった。ブログやSNSに画像アップするならそのアップ先に応じた最大限のサイズもいつも一緒なはずなので、ここまでプリセットできると相当楽になると思います。目立たないけどいい機能なのでこれは続けてほしいなあ。

メール関連では指定した日付でメールを送信する「メール予約送信」、電話着信やメール受信時に定型メールを返信できる「メール自動返信」機能も搭載。メール予約送信は友達の誕生日を祝うシーンがサンプルで紹介されているけれど、自分宛にメールすることでToDo代わりとして使えるライフハックにも良いかも。アイディア次第でいろいろ使い道が考えられそうな機能です。

DSC00518DSC00519
圏内で自動送信できる機能に加えて日時指定が可能に

メール自動返信は、バイトや会議中など自分が返事できない時に定型文を送信してくれるんですが、これ結構使い道が難しいなあ。すべてのメールや着信に自動返信してしまうと余計な個人情報出してしまうし、かといって返信相手を細かくカスタマイズするのも大変。恋人とか家族とか、自動返信したい相手が明確に存在する人向けの機能かなあと思いました。会社からの電話に対して「今イベント中で連絡とれません」とかね。

DSC00520DSC00521
自動返信設定は1度に1種類のみ設定。複数の設定を同時に使い分けられない

また、自動返信に対して定型文は1つまでしか指定できないようで、これも電話や着信でカスタマイズしたい。この機能の設定が「自動返信するかどうか」を起点にして文章や対象を設定するんですが、これむしろ「自動返信したい相手」から順に設定していって、文章なども相手ごとカスタマイズするほうが実際の利用シーンに合うんでないかと思います。

細かいところではデコメ絵文字が文字変換候補の対象になっていて、「ハート」と入力すると「ハート」というキーワードが設定された絵文字が変換候補に現れます。これ、デコメ絵文字慣れしている人よりも、普段使わない人にとってデコメ絵文字の利用を推進するいい機会になるかもね。

DSC00522
デコメ絵文字が変換候補に

細かいところで言うと、OPPを採用したF-06Bからは富士通携帯の文字入力システムがiWnnになるのですが、F-07BはまだATOKなんですよね。iWnnはまだ使ったことないのでわからないですが、ATOKファンも結構いるのでここも細かなポイントになるのかも。

ヨコモーションならではの参照返信はもちろん、メール予約や自動返信などメール機能がブラッシュアップされているF-07B。スライド式のF-06Bと比べて折りたたみはキーの面積が大きく取れるから文字も打ちやすく、メールが便利になるという点で考えるとF-07BがSTYLE Seriesなのもちょっと納得かなと思いました。

F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください