東京ラーメンストリート出店の「ジャンクガレッジ」食べてきた

久々のアブラブ活動!

4月8日に4店舗が追加となり、リニューアルを図った東京ラーメンストリート。その中でもオープン前から気になりまくってたジャングガレッジ行ってきました。

東京ラーメンストリート | 東京駅一番街 ?First Avenue Tokyo Station?
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

かなりバラエティ豊かなラーメンがそろう中でも異彩を放つジャンクガレッジは、スープをほとんど使わないまぜそばが看板メニューであり、油そば大好きなアブラブメンバーとしては気になりまくる存在。油そば好きアブラブなのにまぜそばですかという話もありますが、最近では油そばも単に油を混ぜるだけでなくダシなどで味付けするお店が増えており、ジャンクガレッジ自体も「油そばの究極的な進化系」とうたっているのでもう同じジャンルとして考え、アブラブではまぜそばも積極的に喰らっていきたいと思います。

お店があるのは東京駅八重洲口の地下街。中央口から地下に降りると目の前にラーメン店がたくさん広がっているので場所はわかりやすいと思います。

DSC_1154

お店のメニューはまぜそばのほか、東京ラーメンストリートのみで提供するという「まぜつけ」があったので、限定に弱い自分は迷わずセレクト。食券を購入し、順番を待って中に入ると、さらにトッピングのオーダーも聞かれます。どうやら野菜とニンニク、油は無料でトッピングできるみたい。写真見る限り、全部乗せるとかなり物騒なトッピングになりそうなので、おとなしくチーズだけ加えて注文しました。だってこの写真破壊力ありすぎるもの……。

DSC_1107

まぜつけが出てくるまでの間、メニューの裏にある食べ方入門を眺めて待つことに。こっちのイラストも写真並みに破壊力あるのう……。

DSC_1106

待つこと数分、待望のまぜつけとご対面。「まぜつけ」という名前だけだとどんなメニューかいまいちわかりにくかったのだけれど、要はまぜそば+その麺を食べるためのつけダレ、ということみたいね。そのまんまー。

DSC_1108

肝心のまぜそばをアップにて。他の人のオーダー見てみると、まぜそばだけを単品で頼むとこれが出てくるようで、まぜつけはほんとにタレがプラスアルファするだけみたい。真ん中の卵黄がなんともプリプリで食欲がわいてきます。

DSC_1109

写真を撮り終えたら卵黄を割ってガシガシと混ぜる。いやージャンクな外観になってきましたよ!

DSC_1113

実際に食べてみると、「ジャンク」という名前の割には卵黄に加えてトッピングしたチーズのおかげでかなりまろやかな味。スープの濃厚さをうまいことやさしく包み込んでいて、思ったよりあっさり食べることができました。まぜそば好きにはかなりおすすめだなー。

ある程度食べたら今度はもう1つの看板である「つけ」のほうを楽しむことに。

DSC_1110

2種類のスープ、どちらもとっても濃厚で個性的な味なんだけど、卵黄やチーズでまろやかになっているとはいえ、それでもかなりこってりした味であるまぜそばにプラスすると相当に味が濃くなってしまう。自分としてはまぜそばだけで食べるほうが味としては好みかなあ。まぜつけは相当な濃厚好きにオススメしたいメニューだと思います。

油そばやまぜそば好きでいろいろ食べていますが、ジャンクガレッジは好み分かれそうではありますが自分としてはかなりお気に入りの味。やっぱし東京ラーメンストリートはクオリティ高いなー。4店舗が8店舗に分かれたことで行列も分散し、1時間待ちが当たり前だった六厘舎も待ち時間が減っているとの話も聞いているので、他の店も含めて通いたいところです。

“東京ラーメンストリート出店の「ジャンクガレッジ」食べてきた” への1件の返信

コメントを残す