タニタ食堂ブランドのコンビニスイーツ「100kcalデザート」がマイブーム


4月1日から禁酒を中心にしたダイエットはじめているのですが、そんな私が最近ハマっているのがタニタ食堂の100kcalデザートシリーズ。

タニタ食堂の100kcalデザート|森永乳業
http://www.morinagamilk.co.jp/products/brand/tanita/index.html

前にテレビでタニタの社員食堂を特集したのを見たのですが、タニタでは社員食堂でカロリーや栄養に気遣ったメニューを提供しているため、社員はみな普通にご飯を食べているだけで健康的にダイエットできているらしい。最近ではタニタ食堂のレシピ本なんかも出ていて、結構話題になってるみたいですね。

そんな特集見ていたのでタニタ食堂自体気になっていたところにコンビニで発見したのがこのスイーツ。100kcalがどれほどなのかはわからないまま名前の引きだけで購入してしまい、今に至るという次第であります。

ともにプリンなのですが1つはカスタードプリンで、もう1つは豆乳プリン。

DSC_1084

ふたをあけるとタニタの栄養士さんによるコラムが読めます。

DSC_1085

「なめらかカスタード」はまさにプリンな仕上がり。コンビニでよく食べるプリンと比べるとツルツル感があまりなくしっかりした歯ごたえなんだけど、これでどうやってカロリー抑えているんだろうと不思議になるほど普通においしいプリンです。

DSC_1086DSC_1088

一方の豆乳プリンは、黒ごまソースを使っていることもあってかなり和な仕上がり。これは豆乳だわーという味が口の中にひろがります。

DSC_1090DSC_1093

どっちもおいしいのだけれど、豆乳の味がしっかり伝わる豆乳プリンよりはなめらかカスタードのほうが「プリンを食べた!」という気になって元気になれる。美味しんぼで減量中のボクサーには和食よりも油分の少ないフランス料理フルコースのほうが元気が出る、というエピソードがあったけどあれに近い感じですかね。

ちなみに1ookcalってどのくらいなのかなと調べてみたところ、コンビニのプリンだと150から200kcalくらいが多いものの、110台のプリンもありました。圧倒的にカロリー低いというほどでもなさそうだけど、それでも低カロリーには違いないことと、味としてもかなり気に入ったので、小腹がすいたタイミングでは糖分で元気を出す意味も込めておいしくいただいております。

カロリーしらべてたらカロリー的にはゼリーのほうがいいじゃないかと気がついてしまいそうになりましたがいうことは気がつかなかったことにしておきますはい。


タニタ食堂ブランドのコンビニスイーツ「100kcalデザート」がマイブーム” への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください