カイ士伝、WordCampでライトニングトークしたってよ


開催からだいぶ日が経ってしまいましたが、今年のWordCamp Tokyoはいち参加者としてライトニングトークしてきました。

WordCamp Tokyo 2012 | ワードキャンプ東京 2012年9月15日(土)大田区産業プラザPiO
http://2012.tokyo.wordcamp.org/

前回は運営側としてガッツリ関わっていたWordCampですが、今年はフリーになって1年目でまだ自分のスケジュール配分に自信がなく、下手に関わって何も仕事できないほうが迷惑かけるなということで外から生温かく見守っていたのですが、9月上旬は今年一番の忙しさになったこともあってほんとに安請け合いしないでよかったなあと改めて思う次第です。

とはいえのライトニングトークは自分にとってプレゼンテーション経験のいい機会にもなるので積極的に応募。やっぱりこういうのって場数が大事だし、ライトニングトークは時間が少ないので1ネタで突き進めるしという意味でとってもいい舞台なのですよね。とはいえ今回の3分はなかなかに少なくて厳しかったのではありますが……。

ライトニングトーク自体はWordCampということでWordPressがらみのお話をしようと思いつつ、自分ならではの立ち位置といえばなんだかんだブログの話だよなあということで勢いよく「桐島、ブログやめるってよ」というタイトルだけつけて「あとでブログの話考えればいいや」と思ってたところ、どうやっても映画のネタバレから逃れられないストーリーになってしまい、これはちょっと劇場上映期間中に出すのはいかんかなあと軌道修正。ライトニングトークがPHPカンファレンスも共同だということを直前で知り、「これはブログ方向で攻めるより両方のコミュニティに受け入れられるネタでなければいけない!」ということでみんな大好きはてなの話題にさせていただいた次第です。

プレゼン資料については、このアーカイブ全盛時代にあえて刹那なコンテンツがあってもいいんじゃないかということで非公開の方向で。そもそも全編にわたって高橋メソッド大活用な私としましては、プレゼン資料はあくまで話に注意を向けさせるための道具でしかないので、あれだけ公開してしまうのもちょっと違うかなということで、会場へ足をお運びいただいた方だけのお楽しみということにさせていただけましたら幸いです。

当日は資料作りすぎて3分に収められるか心配だったのと、そもそもネタが受け入れられるかが心配だったのですが、予想以上にはてながみんなに愛されていたおかげでご好評いただきました。ただ、本当はあと5秒か10秒余裕持って終わらす予定だったのが、あるポイントにて予想以上に笑いをいただいてしまい、何をしゃべっても笑い声にかき消されて時間が過ぎていくという嬉しくも厳しい時間帯があったため、最後は無理矢理押し込んだ形になっちゃったのですよね。嬉しい誤算ではあるものの、時間ぴったりよりももうちょっと余裕もって時間配分しないといけないなあといい経験になりました。

当初予定していた「桐島、ブログやめるってよ」についてはネタは固まっているので、上映期間終了後にでもブログで公開する予定。ブログなら詠みたくない人は読まなければいいので迷惑もかけにくいですしね。余談ですがこのタイトルの元ネタである「桐島、部活やめるってよ」についてはクチコミで大変人気が広がっており、思わず見た後誰かと語りたくなるような映画になってますので、せっかくの機会に劇場で見ることをお勧めいたしますはい。

8月11日(土)公開 映画『桐島、部活やめるってよ』公式サイト
http://kirishima-movie.com/index.html


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.