超薄型軽量の10.5インチタブレット「ARROWS NX F-03G」モニターします


NTTドコモが実施中の「タブレットアンバサダープログラム」にて、NTTドコモ2014年冬春モデルのタブレット「ARROWS Tab F-03G」を期間限定でお借りしました。

IMG_20141229_142652

タブレットアンバサダープログラム |? NTTドコモ
http://nfr.nttdocomo.co.jp/

このプログラムのテーマは「家族のタブレット活用術」ということで、家族内でいかにタブレットを活用できるかという記事がメインなのですが、せっかくなので最初に触ったファーストインプレッションも簡単に。

□家族のタブレット活用術!
http://nfr.nttdocomo.co.jp/matome/

最近Androidのタブレットというと7インチモデルが主流感ありますが、このARROWS Tab F-03Gは10.5インチの大型ディスプレイを搭載したモデル。ARROWS Tabシリーズは4機種連続この10インチクラスですね。

画面の解像度は2560×1600ドット(WQXGA)と10インチクラスでは最大級。ディスプレイは有機ELを採用し、鮮やかさが特徴とのことですが、確かに色味はかなり綺麗。画素密度だけで言うと同じ解像度ながら5インチクラスの「ARROWS NX F-02G」よりは低い約288ppiですが、いわゆるRetinaディスプレイのiPad Airが264ppiなので、iPadクラスの画素密度は実現できているということになります。

とはいえ最近のAndroidタブレットで10インチのハイスペックモデルはだいたい同じくらいの解像度なので、他と比べて突出しているわけではないのですが、明らかにF-30Gが優れるのが433gという本体重量。薄型軽量で知られるiPad Air 2のWi-Fi +Cellularモデルが444g、Wi-Fiのみモデルでも437gなので、10インチクラスのタブレットとしては圧倒的な軽さを誇ります。

IMG_20141229_142701

実際に手にしても驚きの軽さ。すでにF-03Gをモニターしている人たちが口々に軽い軽いと言っていたのである程度予想はしていたのですが、それにしても軽い。これだけ軽いと鞄の中に入れて持っていくのも苦にならないレベルで、さっと取り出して使う際にも負担がない。スマートフォンサイズだとある程度重さがあったほうが片手で持つのにしっくりくるのですが、こと10インチサイズのタブレットでは軽さこそ正義、という面があるかもしれません。

IMG_20141229_142708

スペック的には相変わらずほぼ全部入りのタブレットで、防水にフルセグに指紋認証にSuper ATOK ULITASにといたれりつくせり。フルセグに関しては同梱の卓上ホルダが同軸ケーブル対応なため、場所さえ選べばテレビ感覚で使うこともできます。

IMG_20141229_142735

IMG_20141229_142722

と、スペック充実のタブレットですが、今回のテーマは家族のタブレット活用術ということなので本編はまたあらためて。すでにいくつかネタを思いついてはいるのでちょっとずつエントリーしていきたいと思います。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください