「マリオテニス エース」オンライントーナメント体験版プレイした


6月1日から3日までの期間限定でオンライントーナメントの体験版が公開されていたマリオテニス エース、以前からちょっと気になっていたので試遊してみました。

マリオテニス エース|Nintendo Switchソフト|Nintendo
https://www.nintendo.co.jp/switch/alera/

マリオテニスシリーズも歴史の長いタイトルですが、テニスの醍醐味は駆け引きにあると思っている自分にとって、うまくコースをつくことよりも必殺技ありきになってしまうマリオテニスはあまり好みではありませんでした。マリオカートがカーレースゲーム好きにはあまり好まれないのとちょっと似ているかもしれませんが。

ただ今回のマリオテニス エースは、Wii SportsのテニスのようにJoyConを振ってプレイできるモードがあるということで気になっていたのでした。こちらは任天堂公式動画ですが、割とWii Sportsっぽく楽しめているのがおわかりいただけるでしょうか。

残念ながら今回の体験版はオフラインのチュートリアルと激弱CPUとのオフライン対戦以外はオンラインがメインになっており、それも必殺技ありありルールのモードしかなかったのですが、予想以上に楽しめました。今までのマリオテニスよりも駆け引きという点ではしっかりできている気がする。

プレイしたのは2日からでしたが、空いた時間をみつくろってちょこちょこプレイし、全キャラクターが登場する1500ポイントまでは到達。最高で4回戦まで行きましたが優勝まではたどり着きませんでした。それでもまあ上級者とは行かないまでも中級レベルくらいにはなれたかな。

ニンテンドーダイレクトで見ていた無茶苦茶なスペシャルショットは、以外に無敵かと思いきや貯めたパワーを使って対策可能なのでそこまで必殺技ありきにはならないし、基本的にはちゃんと左右に打ち分けたり、前に出てきたところをロブで抜いたりと、コースをつくのが大事になっている。テニスゲームとしては最高峰だと思っているパワースマッシュほどではないものの、そこそこ駆け引きで楽しめる仕上がりになっているかなあ。

コントローラ持ち寄って4人対戦もできるし、Switchもちよって対戦もできるし、前述の通りJoyCon振ってプレイもできるし、オフラインのストーリーモードも楽しそうなのでこれは買いかなー。

ただ体験版なので今後改善の余地はありそうですが、相手の通信状況が悪いとまともにプレイできなくなることに加え、テクニカルショットでポイントが貯まる仕様はちょっと改善して欲しい。

テクニカルショットというのは遠く離れたボールに飛びつくためのプレイなのですが、窮地に追い込まれた時に発する技のはずなのに、これがうまく決まると必殺技を使うためのエナジーが貯まるため、オンラインプレイだとまともに取れる球もわざわざテクニカルショットで飛びついて取るプレイが多く見られ、テニスとはまったく違うゲームになっちゃっているのが残念だったので。

B07BB2KZJG
マリオテニス エース – Switch

B07BB3G8BD
マリオテニス エース|オンラインコード版


「マリオテニス エース」オンライントーナメント体験版プレイした」への2件のコメント

  1. 普通に新要素無いシンプルモードも、相手の回線状態が見れてマッチング時に弾けるシステムがありましたが…

  2. シンプルモードはメニューにはあったのですがプレイはできなかったですよね? 製品版でお楽しみ下さい的な。

    回線状況の件は説明不足でしたね。マッチングの時に一応見られるのですが、キャンセルするたびにメニューやり直しでちょっと手間なのと、マッチングの時は良かったのに対戦するとアンテナ1、みたいなのがよくあったので、もうちょっとなんとかなるといいなと。
    マッチングの時に「有線のみ」「テレビモードのみ」みたいなマッチングを入れるか、電波状況に加えて「有線LAN」「携帯モード」みたいな状況もわかると、意図的な電波改悪は可視化されるかなと思った次第です。それでも有線LANしながら高画質のYouTube再生、とかされるともうわからなそうですが。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください