WordPressのアップデートに初挑戦

 バージョン古いままほうっておくとセキュリティに問題があるという話を聞き、今のバージョンも「ME2.2.3」と最新バージョンの「2.5.1」に比べて大分数字が開いているので、初のWordPressアップデートに挑戦しました。

 アップデート前に大事なのはやはりバックアップ。特に今回は初めてで勝手もわからないので慎重にならないといけませんしね。

 まずはデータベースをバックアップ。私の使っておりますさくらインターネットはphpMyAdminというツールが用意されているのでバックアップは簡単です。詳細はこちらをドゾー。

小粋空間: MySQL + phpMyAdmin によるバックアップ
http://www.koikikukan.com/archives/2006/06/12-005023.php

 次にWordPressがインストールされているフォルダのバックアップ。FTPソフトで該当のフォルダをまるごとPCにコピーしておきます。

 これでバックアップの準備は完了。念のため管理画面で使用しているプラグインの動作を止めておいた上で、いよいよWordPressの最新版をダウンロードします。

WordPress | 日本語
http://ja.wordpress.org/

 最新版をダウンロードして解凍したら、中身をそのまま今までWordPressをインストールしていたフォルダにアップロード。Googleで探したWordPressのアップロード情報だと、「wp-config.phpを上書きしないように」という注意書きがあったんですが、2.5.1ではwp-config.phpwp-config-sample.phpという名前になっているので、自動で上書きしてしまう心配はないようです。

 アップロードが終わったら管理画面にアクセスすると、データベースをアップデートするとかと聞かれるので、はいと答えれば作業が完了してアップデート完了。これはお手軽だわー。

 ちなみにインデックスファイルなどはアップデートでは上書きされませんが、システムファイルは上書きされるので自分でいじっている人は注意が必要。私の場合はAutopagerizeのためにlink-templete.phpをいじっていたので、以前のエントリの要領で再度rel=”next”を追記しました。以前とは構造が違っているようなので、前のlink-templete.phpをアップロードするだけではエラーがでるのでお気をつけて。

カイ士伝 ? Blog Archive ? WordPressでAutopagerize導入
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/05/06/177

 管理画面はかなり一新されましたが、機能面では大きな変更はないみたい。ただ、以前のバージョンでは標準サポートされていなかったタグ機能が搭載されたので、これは結構嬉しいかも。まだエントリ数も少ないので、ちびちびタグも割り当てていきたいと思います。

“WordPressのアップデートに初挑戦” への3件の返信

  1. 僕も初アップデートで参考にさせていただきました。要点がまとまっていてわかりやすかったです。freshreaderも使ってたので、同じく「あわわ」だったのですが助かりました!

コメントを残す