ドキュメントスキャナ「DR-150」のアプリ連携が面白い


AMNのモニター案件でキヤノン の「DR-150」試用中です。

やっと一通りの使い方をマスターしてきた感があるキヤノンのドキュメントスキャナ「DR-150」ですが、最近はDR-150のアプリ連携機能にはまっております。

ソフトをインストールせずにスキャナが使えるのもDR-150の魅力の1つですが、インストールなしで使えるスキャナソフト「CaptureOnTouch Lite」は、Liteの名が示す通り紙をスキャンするだけのシンプルな機能に特化しています。まあ、わざわざソフトインストールせずにスキャナができるだけで十分ありがたいですが。

dr150_02

しかし、Liteの名が取れた「CaptureOnTouch」は、インストールが必要ではあるもののそのぶんより高度な機能がつかいこなせます。画面もLiteでは「おまかせスキャン」のみだったのが、タブで「ジョブ選択スキャン」も選択できるようになりました。このジョブ選択スキャンがかなり面白いのであります。

dr150_01

どんなことができるかというと、ひらたくいえばパターン登録で、スキャナしたデータをPDFにするのか画像にするのか、どこに保存するのかというのをあらかじめ設定しておくという感じです。

dr150_03

おもしろいポイントは、単にファイルを保存するだけでなく、スキャンしたデータを指定したアプリケーションに送れるということ。データを読み込むと自動で指定のソフトを立ち上げ、そこでファイルが開いた状態にしておいてくれます。

dr150_09

普通だったらスキャナでデータを読み取ってそれを指定形式でフォルダに保存し、別のアプリケーションを立ち上げてそのデータを読み込んで……という作業が発生しまうところを、このアプリならスキャナボタン1発でやってくれる。作業の手数が減るというのは地味に効果があるもので、数クリックを1クリックでまとめてしまうと新たな価値が生まれるというのはid:otsune氏も常々提唱されておられるすばらしい概念と思います。

そしてもう1つ、Evernoteとの連携もやってみました。Evernoteというのは音声でもメモでもなんでもWebに保存してしまうストレージサービスですが、面白いのは画像などから文字をOCRで自動認識し、検索可能にしてしまうところだそうです。

Evernoteには、英数のみですが、画像データから文字情報をスキャンすることができ、検索すれば、画像データもちゃんとハイライトでヒットします。

ScanSnap for MacとEvernoteは連携すべき!:[mi]みたいもん!
http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/scansnap_for_ma_24e4.html

上記ブログのタイトルにもある「ScanSnap」は、よくEvernoteとの連携がよいと評価されているドキュメントスキャナですが、個人的にスキャナあまり使ってなかったこともあってその価値がよくわかってませんでした。で、いろいろ調べたところによると、どうも「OCRデータを付与した上でPDF化してくれるので、それをアップbするとEvernoteで検索対象になる」ってことのようです。あくまで自分で調べた範囲の話なのでもっと他にも便利なところあるかもしれないですが、もしそういうポイントあったらぜひ教えてください。

で、OCRデータを付与したPDFを作成する機能は、DR-150も持ってるんですよね。

dr150_04

というわけでためしに実験。といっても英語じゃないと意味がなさそう(まだEvernoteが日本語検索対応していない)なので、まずはこんな文章を用意してみました。

DSC02945

そして読み込んだデータをEvernoteのWindowsクライアントにアップするジョブを作成します。

dr150_05

あとはさくっと取りこむだけ!


DR-150スキャナ動作(YouTube)

そうすると自動でWindowsのEvernoteクライアントが認識します。今回は左上の同期ボタン自分で押したけど、これ設定で自動アップロードもできるのかな?

dr150_06

そしてアップしたデータを検索! 無事本文中に含まれている「Agile」というキーワードでPDFがヒットしました。

dr150_07

今まではEvernoteの使いどころがいまいちわからなかったけれど、これはかなり便利に使えそう。肝心の日本語検索が使えないのが痛いですが、どうやら来年には日本語検索も可能になるそうです。

— 現在EverNoteでは日本語OCRと手書き認識ができませんが、解決されますか?

日本ユーザーは米国についで多いので、インターフェースの日本語化は、今年中には行う予定です。OCRと手書きの日本語対応は、来年8月をメドに開発中です。

日本でも14万人が利用中! 人気オンラインサービスEvernote フィル・リービンCEO インタビュー
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/013/13442/

前のエントリでも書いたけれど、ただの紙データをデジタル化することはこんなにも世界が広がるもので、あらためてドキュメントスキャナの面白さを痛感した次第。Mac非対応ということで、Evernoteを積極的に利用するようなMacユーザーは使えないのが残念ですが、これMac対応で白のカラバリとか出したらかなり人気でるんじゃなかろうかと思いました。


Canon DR-150 imageFORMULA DR-150

日本でも14万人が利用中! 人気オンラインサービスEvernote フィル・リービンCEO インタビュー
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/013/13442/


“ドキュメントスキャナ「DR-150」のアプリ連携が面白い” への4件の返信

コメントを残す