いい写真を自動で選ぶF-06Bの「ベストショットセレクト」が便利


写真撮影が苦手な人はこの機能ほんと便利かも。

昨日行って参りました「Waking With Dinosaur」で、F-06Bのカメラ機能「ベストショットセレクト」が大活躍したのでご報告。

実物大の恐竜が目の前で動き回る「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」行ってきた – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2010/07/09/4009

ベストショットセレクトとは、最大で7枚まで連射できるF-06Bのカメラ機能を利用し、7枚撮った写真から自動でいい写真を選んでくれる機能です。

シャッターを1回押すと7枚の写真を高速連写し、その中からベストな1枚を自動的にセレクトします。人物撮影時は、まばたき/ブレ/笑顔度を総合的に評価してセレクトするので、最高の1枚を保存できます。また好きな写真を自分でセレクトすることも可能です。

携帯電話(F-06B) 製品情報 – FMWORLD.NET(個人) : 富士通
http://www.fmworld.net/product/phone/f-06b/info.html?fmwfrom=f-06b_index

昨日のWalking With Dinosaurはイベント中も静止画撮影していいということで手持ちのデジタルカメラが大活躍していたのですが、Twitterにも投稿したいから携帯電話でも撮影したい。しかし明るいところならいざ知らず、暗いイベント会場ではさすがにデジカメとの機能差が出てしまい、写真を撮ってもブレてまともに使い物にならない。余談ですが会場は携帯電話電源オフ指令が出ていたので、携帯電話はセルフモードにして電波を切ってからカメラとして使用しておりました。

で、本題のベストショットセレクト。これ使えば連続撮影した写真の中から1枚を選ぶので、多少なりとも手ブレ補正を防げるんじゃないかとおもって使ってみたらこれが大当たり。以下はベストショットセレクトで撮影した写真ですが、暗い環境ながらそこそこピントがあった写真が撮れてると思います。

100708_194242.jpg100708_203935_07.jpg

100708_204043_06.jpg100708_204112_04.jpg

100708_204250_05.jpg

使ってる最中はこんなかんじ。一度シャッターを切ると7枚を連続撮影してから「処理中」モードになり、最適の1枚を選んでくれます。

DSC00241
王冠付きがベストショット

右側のメニュー欄にもあるようにベストショットだけを保存もできるし、全件保存も好きな写真保存だけも可能。実際見比べてみたら、一番左の写真はボケボケでまともに使い物にならなかったけれど、他2枚程度は十分いい写真でした。

もともと仕事柄もあって、ピンぼけ写真のないよう同じシーンを複数枚撮影してから1枚を選ぶ、っていうスタイルが身に付いてるんだけど、これって後で写真えらぶの結構めんどくさいんですよね。こうやって毎回ベストショットで先に選んでおいてくれるのはとっても楽だし、いい写真が鶏肉と着にカメラに任せられるというのはなかなか便利でした。

といいつついくつか使い方の注意点も。まずこれは仕様上仕方ないのですが、ベストショットセレクトは7枚撮影したあと一番いい写真を携帯電話が選ぶために、1回撮影にかなり時間がかかります。ベストショットセレクトといっても万能ではないので、被写体の動きが少なくなりそうないいタイミングを選んでシャッター切るのがおすすめ。

また、設定でちょっと困ったのが、これ本体への自動保存とは排他になってること。いつもは撮影したら自動で本体に保存する設定にしてたんですが、これをオンにしてるとベストショットセレクトが選べないんです……。まあ確かにベストショットセレクトは選んでから保存するんでそりゃそうなんですが、ここは独立機能にしておいて「本体保存にしておいてもベストショットセレクトは選んで保存になる」よう並行して使いたい。

DSC00323
自動保存オフにしないとベストショットセレクトが選べない

また、これはまあ納得ではあるのですが、ベストショットセレクトの設定はカメラを一度終了するとリセットされます。毎回オンになっていても仕方ない機能なのでこれはいいのですが、ショートカットがないので、今回みたいに何度もベストショットセレクト使いたい時は毎回設定が必要。ショートカットは「MENU」「3」「8」「2」なので、「散髪ベストショット」とでも覚えておきますかね。

F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください