富士急ハイランドの「EVANGELION:WORLD−実物大初号機建造計画」先行モニターしてきた

僕が乗ります!

今月23日より富士急ハイランドでオープンする新アトラクション「EVANGELION:WORLD −実物大初号機建造計画−」、ヱヴァンゲリヲン劇場版ブログで先行モニターの案内が告知されていたのでさくっと行って参りました。

ひと足先に実物大! | ヱヴァンゲリヲン新劇場版ブログ:破
http://eva2.0.b-ch.com/blog/2_0/archives/285

余談ですがこのモニターの件、Twitterのタイムラインではほとんど見かけませんでした。おそらく自分のタイムラインはTwitterクラスタの人結構多いはずなんですが、やっぱりほんとに欲しい情報は受動より能動がいいなあと感じた次第であります。

そんなざれごとはさておき、このイベント自体はJTBが企画したツアーであって、アトラクション公式のツアーというわけではありません。先行日のみ大型バスで東京から富士急ハイランドに行き、1時間きっちりアトラクションを楽しんだあと、フリーパスで他のアトラクションも楽しめるというないようです。

以下はイベントの完全なるネタバレなので、「続きを読む」で置いておきます。興味ある人だけお楽しみくださいませ。

期待たかまりまくったモニター当日のバスは時間ごと発車する流れで、最初の2台が第1回、3台目以降は第2回と時間をずらしながらアトラクションを楽しめる方式。しかしバスの表記がおしい、惜しすぎる、ここはファンしか集まらないんだから「参号機」とか表記すべきだろ……。

100719_084117.jpg

まあ実際にはアトラクション公式ツアーではなくJTB企画なんで仕方ないと言えば仕方なく、ガイドさんが「1/1」を読めなかったり、配布されたスケジュールに「渚カヨル」と書いてあったりと、怒る以前にもはや微笑ましいムードだったので良しとします。

モニター参加者にはこんな公式ストラップが配布。このストラップだけでどよめく車内。どんだけオタなんだよ(自分含め)。

DSC00440

そして晴天のさなか到着したヱヴァンゲリヲンワールド!!!

DSC00351

しかし、よく見ると、なんだか…おかしいです……。

100719_122409.jpg

いやJTBがアレしちゃうのはともかく、アトラクションが公式にこれってどうよ……。わかる人にしかわからないと思うので特に解説はしませんが、熱烈なファンをターゲットにしたイベントでこれはないと思うぜー。

ちなみに会場内は問題なし。だれだあの垂れ幕作った責任者……。

DSC00364

会場入り口は上の「ようこそ」に加えてほぼ等身大のレイとアスカ、人間サイズの初号機がお出迎え。

DSC00362DSC00365

キャラクターの紹介も壁にどかーん。

DSC00383

バカバカしくもおもしろいのがコレ。一見すると単なるリリスのイラストなんですが、これ顔の部分に自分の顔出せる顔ハメになってます。アホだなこれwwwいいぞもっとやれwww。

DSC00376DSC00377

顔ハメ企画はこれだけではなく、ATフィールド展開したり弐号機を見守ってみたりネルフの作戦会議に参加してみたり、果てにはカヲル君とツーショット撮れたりと、なんかほんとにマニア狙いのアトラクションという感じであります。

DSC00378DSC00372
DSC00370DSC00374

原作の原画も公開。こういうのはファンにはたまらんですねー。DVDやBDに収録されているような細かい設定も見られてなかなか楽しいです。

DSC00382

DSC00427DSC00428

箱根一帯の地図を使って第三新東京市の要所をマッピングするコンテンツ。これGoogle マップで作ったら面白そうだな。

DSC00418DSC00417

そしてメインのアトラクションであります実物大初号機!!!!

DSC00401

でけー!!!!

DSC00390DSC00392
DSC00404DSC00398

しかしこれ、多少の演出はあるものの、基本的には単なる人形。大きさを楽しんで写真を取りまくるのがメインの楽しみ方で、中に乗ったり初号機が動き出したり的なものは残念ながらありませんでした。

一方もう1つのコンテンツである実物大エントリープラグは準備中のため撮影のみ。これ本番では有料でエントリープラグに乗り、スタッフによる有料撮影がついてくるという仕組みになっております。オープンしてなかったので同伴者の写真撮影はちょっと謎ですな……。

DSC00405

アトラクション出口にはグッズショップも併設。お菓子のようなお土産だけでなくTシャツやら付箋紙やらといった公式グッズも売ってます。さすがヱヴァンゲリヲン的ともいうべき凝ったグッズも多く、思わずいっぱい買ってしまいましたが後悔はしておりません。

個人的には限られた1時間を写真撮りまくってそうとう楽しかったんですが、中身としてはほんとに「写真撮るだけ」でしかないので、ディズニーランド的アトラクションを期待していると相当に肩すかしをくらいます。「実物大初号機と写真撮りたい!」「ATフィールド展開したい!」という写真目当てで行くのがおすすめの楽しみ方ですかねー。個人的には初号機に乗って中を体験できるようなアトラクションを期待したいですはい。

“富士急ハイランドの「EVANGELION:WORLD−実物大初号機建造計画」先行モニターしてきた” への1件の返信

コメントを残す