Facebook創業を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」見てきた(ネタバレなし)


ネタバレありもそのうち書くよ!

というわけで本日はIDEA*IDEAで募集していた「ソーシャル・ネットワーク」百式試写会にありがたくも当選し、バランスメンバーで参加して参りました。

【限定25組!!】 Facebook創業を描いた『ソーシャル・ネットワーク』百式試写会へのお誘い – IDEA*IDEA ? 百式管理人のライフハックブログ
http://www.ideaxidea.com/archives/2010/11/social_network_movie.html

実はソーシャル・ネットワークの映画事態は当初そこまで興味なかったのですが、監督があのデヴィット・フィンチャーだとしってから俄然見たい度が急上昇。あの名作「セブン」はもちろん、「ゲーム」のどんでん返しっぷりも、「ファイトクラブ」のブラッド・ピットのかっこよさ主人公の心理描写のおもしろさも大変にツボで、大好きな監督の1人なのです。

しかしその事実を知ったときにはすでに東京国際映画祭での公開は終了しており、「これは劇場公開を待つしか無いな……」としょぼくれていたところに今回の試写会アナウンスを発見。とるものもとりあえず参加したのでした。

まだ公開前の映画なのでネタバレしない程度で感想を書くと、映画はそうとうにおもしろかった。Facebookだけでなく、mixiでもTwitterでもSNS要素を持って広がっていくサービスを使ったことがあって、その面白さを体感したことがある人だったら、Facebookの成長っぷりやそれにハマってユーザーが増殖していく流れ、そして最後のオチw にも共感できるんじゃなかろうか。

一方、そういうネットサービスにをあまり体験していない人にとっては共感しにくいのかな? という気も。また、ストーリー自体もFacebookの歴史を知らないと、過去と現在をいったりきたりする演出がちょっとわかりにくいかもなあと思ったりもしました。このあたりは公開後に、ぜひそういう人たちと一緒に見にいって感想聞いてみたいなー。

キャストはザッカーバーグ役がもうハマりすぎ。いや、本人と知り合いでもないし人柄も知らないけれど、「ソーシャル・ネットワーク」という事実をベースにしたフィクション映画の主人公としてはまさにぴったりのキャスティングでした。

あと一応フォローしておくと、あの映画はかなりフィクションらしいのですべてが事実と思わないほうがいいっぽいです。

映画の中で描かれている、よりよい社会的地位を得るためという動機を否定。実際、ザッカーバーグは現在の恋人とフェイスブック開設以前から交際しており、映画のための演出となっているよう。

フェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグ、映画『ソーシャル・ネットワーク』にダメだし? – シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0027780

いくつもの裁判沙汰やナップスター創設者との出会いも事実ではあるけれど、作品自体はあくまでフィクション。でもだからこそあの全体に漂うデヴィット・フィンチャーっぽい陰鬱な感じが作品として成立してるよなーとも思うのであれはあれでよし。そもそもザッカーバーグがあれを事実としては認めてないので、あの映画見て「Facebookの創業者はね……」とか思わないほうがよさげですね。

ネットサービスを良く使っていたり、ネットサービスに仕事で関わっていたりという人にはぜひお勧めしたい映画。また、作品としてもとてもデヴィット・フィンチャーらしいので、監督ファンにもお勧めしたい作品です。繰り返しになりますがその条件にはまらない人の感想も大変興味あるところではありますが。

そして映画見終わった後に気がついたのですが、一番大事な「翻訳監修:山田進太郎」を見逃したので、劇場公開されたらFacebookの歴史をもっと勉強した上で、また改めて見にいきたいと思います!


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください