「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」行ってきた


すでに日付も変わってしまいましたが12月13日、14日に渡って開催されるマイケル・ジャクソンのトリビュートイベント「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」行ってきました。

IMG_20111213_221851

マイケルに関しては偏愛と言えるほどののめり込みぶりですが、マイケルだったらなんでもいいわけではなくて、マイケルの曲であってもマイケルではない他人が歌うトリビュートは本筋から言うとあまり興味ないのですが、今回はマイケルの振り付け師でもあるトラヴィス・ペインが登場するということで話は別腹。ちょうど去年に見たトラヴィスによるTHIS IS ITの再演イベントがすばらしいクオリティだったので、トラヴィス見たさだけでチケット購入しました。

THIS IS ITを再現する「今蘇るマイケル・ジャクソン」がすばらしすぎた – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2010/12/23/4711

先行予約時に購入できたこともあって会場の席はアリーナかつ前から4列目という好位置。今までいろんなライブ行ったけどここまでいい席は初めてだなー。

IMG_20111213_184058

イベントは3部構成で、ダンサーによるダンス・ステージ、日米取り混ぜたシンガーによるソング・ステージ、そしてジャクソンズメンバーによるジ・ジャクソンズ・ステージという流れ。イベント中一生懸命曲目とかメモってたんですが、実際には公式アカウントがほとんどやってくれているので詳細はそちらご覧くださいませ。

mjtribute (mjtributejp) は Twitter を利用しています
http://twitter.com/#!/mjtributejp

ここからはイベントの感想ですが、総論で言うとマイケルのトリビュートによって改めてマイケルがいないこと、そしてマイケルがどれだけ偉大だったかを改めて痛感させられるイベントでありました。前述の「今蘇るマイケル・ジャクソン」はマイケル役を出さないバックダンサーだけでダンスを構成することで逆にマイケルの存在が表現されていたんだけど、今回のトリビュートはマイケルの歌を歌ったり踊ったりする人を見ると「やっぱりマイケルはすごかったんだなあ……」とマイケルがいないことを強く思い知らされます。

一番最初のダンス・ステージは、マイケルに認められたダンサーとして知られているケント・モリのダンスとトラヴィスのステージ。ケント・モリのダンスは大変うまいんだけど、マイケルのダンスではないんだよなー。動きが違いすぎてそもそもマイケルでないことに加え、マイケルのダンスをまともにやらなかったり、音楽ではないようなビート音だけでダンスしてみたりと、「それどこがトリビュートなの?」とオープニングから疑問の嵐。ダンスパフォーマンスとしてはとても素晴らしいと思いますが、マイケルをトリビュートするという本題からは大幅に外れていたように思います。

その後に登場したトラヴィスのダンスは圧巻の一言。当然のごとくマイケルのダンスをきっちり披露するだけでなく、動きの1つ1つがとっても優雅で見とれてしまう。トラヴィスのダンス中は鳥肌経ちまくりでした。トラヴィスだけでなくTHIS IS ITで一緒に振り付けしていたステイシーも登場したのもかなり嬉しいポイント。欲を言うならダンス時間が少なすぎでした。ケント・モリとダンスの時間配分逆でいいよほんとに。

各ステージの合間には、今回のイベントで大きくクローズアップされているAIによるマイケル関係者のインタビュー映像が出るのですが、これがまたひどい演出。何がひどいって、インタビューしている人の声が聞こえないくらいマイケルの音楽をかぶせてみたり、しまいにはインタビューの音声を全部カットしてマイケルの音楽だけ流す始末。それはインタビュー相手への敬意がなさすぎやしませんかね……。せっかくのトラヴィスの英語を一生懸命聴こうとしたところにマイケルの音楽重ねるとかありえんよ……。

第2ステージであるソング・ステージは、各シンガーがマイケルの曲を歌うまさにトリビュートなステージ。ここもまあなんというか、やっぱりマイケルはシンガーとしても偉大だったなあと感じずにはいられない時間帯でした。バラードを選んだ女性陣はよいとして、男性陣がマイケルを全然歌いこなせていない。CHEMISTRYの川端はすごく好きなんだけど、それでもさすがにMan In The Mirrorは重荷過ぎたよね……。

個人的にトリビュートは2通りだと思っていて、1つは本人の曲そのままに歌い、パフォーマンスもオマージュするタイプか、もう1つはアーティストの持つ個性で独自に色付けるタイプ。今回は正直そのどちらでもない人が多くて、マイケルのまま歌おうとしつつ歌いこなせていないか、普通にバラード歌いこなしておしまいという人が多かった。まあSME主催ということでアーティストもSME縛りだったのもあるんだろうけど、もうちょいきちんと歌える人がよかったな……。

特にトータス松本あたりはかなり自分色で歌ってくれるんじゃないかと期待してたんだけど、ふたを開けてみたら普通にSmile歌ってしまっていて、あのSmileの繊細で包み込むような曲調とはほど遠い歌になってしまっていた。そして何より残念なのが、カンペ見過ぎで視線が常に下だったということ。トリビュートって敬愛するアーティストのために歌うんだから、歌詞くらい覚えるものじゃないのかな……。

と、そんな中でもすばらしいかったのはMACY GRAYによるThe Way You Make Me Feelと久保田利伸のShe’s Out Of My Life。MACY GRAYは実に自分のテイストに曲をアレンジしていて、メロウなバラード曲調に仕上がっていたんだけど、それがまた本人の歌声にマッチしていてすばらしいクオリティ。

そして久保田利伸もさすがの歌声はもちろん、曲の終わり際に「I’m sit down」とつぶやいてShe’s Out Of My Lifeのステージ恒例の泣く振りをしてみせたりするあたりはこれぞトリビュートという感じ。観客もここは大爆笑でとっても好評でした。もう久保田利伸とMACY GRAYで5曲ずつ歌っちゃえばよかったのになーと思うほど。

そして最後はジャクソンズ再結成ステージ。ジャクソンズといってもマイケルいないしジャーメインこないしでメインボーカル2人を欠いた3人構成ですが、ボーカルとしてはここでAIが参戦。AIはジャクソンズと一緒に新曲をリリースしてたりして、ああなるほどこういう商業的な要素もあるのねーと大人的に納得。

ジャクソンズの歌声もかなり心配だったのですが、実際にはバックミュージックのボリュームがあがったためにさほどボーカルを気にすることもなく、懐かしの音楽に身を包んでノリノリになりました。しかし選曲でThis Place Hotelはまだしも、I Wanna Be Where You Areを歌った時はマニアすぎてびっくりしたw それマイケルのソロだし、しかもモータウン時代のソロ曲じゃないか……。

あとおもしろかったのがバックダンサーで、ジャクソンズの時にはバックダンサーがマイケルの有名な振り付けばかりをやっていて、「あ、Remember The Timeだ」「ここでGhostsかー」と振り付けで曲に思いを馳せるマニアな楽しみ方してました。全体的にSmooth Criminalが多くて、あとはThriller、Remember The Time、Ghostsあたりでしたかね。

最後にAIがジャクソンズと歌う新曲を歌いだすんじゃないかとひやひやしてましたが、アンコールはShake Your Bodyで無事に終了。個人的にはアーティスト全員でHeal The World歌うのかなと期待してたのですが、Shake Your Bodyでテンション高く終わるのもまたいいね。とはいえマイケルのテーマであるHeal The Worldを誰も歌わないというのは意外でした。

全体的にトリビュートではあるものの、マイケル熱が高すぎる自分のような人にとってはちょっと寂しい感じのイベントというのが正直なところ。個人的に思うのはトリビュートってパフォーマンスをする人も見る人も、そのアーティストのファンというところでつながっていることが大事だと思っていて、そういう意味では「みんなでマイケル歌おうぜ!」みたいな一体感が全然なく、粛々と歌を歌って進行していく感じがさみしかった。

ダンスは踊れないまでもマイケルの格好するなり代表的な動きしてみるなり、もうちょいトリビュートな要素があってよかったと思うんだけど、単にマイケルの歌を歌いますイベントを脱しきれていなかったなというのが正直なところ。そしてマイケルの歌声がとっても聞きたくなってしまう帰り道でもありました。

まあなんといいますか、AIはいたけど愛はなかったね、という感想で今回のエントリーを締めくくりたいと思います。


「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」行ってきた」への10件のコメント

  1. こんにちは!他の方のレビューを見ていてたどり着きました。
    書かれている意味、理解します。
    全体に準備の時間があまりないように思います。facebookなどで事前情報えお結構前田から追っていましたけど、参加アーティスト決定は結構ギリギリでしたから。
    日本人アーティストにマイケルの歌は基本ムリですね。かえってというか、より中途半端さが目立ってしまいます。なので期待していなかったので、逆に、お、頑張ったな、という感想です。いいなとは思えませんが。
    ケントモリは実際連続して見たら以外に弱かった気がします。
    トラビス、ステイシー姐、そしてユウコスミダジャクソンのin the closetは大人っぽかったです。私ももっと見たかったけど、今回のケントのようにぶっ続けは、皆様年齢層を考えると…
    私は、全員ではなかったけど、The Jacksons が見られて嬉しかった。直接請求パフォーマンスを見る機会なんてそうないでしょうからね。

    長文失礼しました!

  2. コメントありがとうございます。なるほど、アーティスト決定が直前だったんですね。そりゃカンペ読みまくるわけだ……。

    去年幸運にも参加できた「今蘇るマイケル・ジャクソン」は、トラヴィスがメインで5曲くらいやってくれたんですよね。トラヴィスとステイシー交代でいいからそのくらいでやってくれたらいいなあって思いました。

    なんというか、マイケルの遺志をもっとも継いでいるのは兄弟ではなく振り付け師ってのはちと寂しいですね……。

  3. 13日にアリーナ席で観てきた者です。

    なんかモヤモヤしながら帰ってきたんですが、読ませて頂いて、書かれている全てにとっても同感です!
    疑問に思った事が全部、モヤモヤが全部簡潔に纏められていてビックリしました。

    それどこがトリビュートなの?オープニングから疑問の嵐!

    ホントですよ!
    もう、主様のおっしゃるとおりでございます。

    ダンス自体は素晴らしいのに、なんで素直にオマージュしとかないのかと。アレンジしすぎてマイケルじゃなくなってるじゃん!
    おかげで客席は引いてしまって、イマイチ盛り上がらない空気が出来た気がします。

    第2ステージも然り。
    もう久保田利伸とMACY GRAYで5曲ずつ歌っちゃえば・・・

    ホントそう思いました。MACY登場するなりニカっと笑顔を見せて、その瞬間グっと引き込まれた。盛り上げようとしてくれているのが申し訳ないとまで思いました。久保田利伸も客席の冷えっぷりを空気を読んだんでしょう。上手くアプローチしてくれた感じしました。二人に救われた!
    でも、それまでは酷くてちょっと苦笑いしながら観てましたよ・・・

    素晴らしい!!と思ったポイントも、
    なんじゃこりゃ!!と思ったポイントも、
    ぜ?んぶ同じ!
    もう主様の文章読んでいてスカっとしました。

    私だけが疑問だらけで不完全燃焼なのかな?と、帰り道、悩みながら電車乗ってたので。

    長文失礼いたしました。
    ありがとうございました。

  4. コメントありがとうございます。いろいろ感想見るとやっぱりモヤモヤがたまった人多いみたいですねー。

    難しいのかもしれないけどレーベルを超えて本当にマイケルが好きなアーティストばかりが集まるトリビュートを期待したいものです。

  5. こんにちわ、カイ士伝さん。初めまして。
    友人と一緒に12/14にアリーナ席で見ました。
    イベント後に友人と、居酒屋で話し合った内容と、
    こちらの記事の内容があまりにも同じでしたので、びっくりしました。
    私も、1部のダンスのトリビュートはアレンジし過ぎ、
    2部の歌はあまりにもぐだぐだ、ヒヤヒヤしながら聞いてました。
    音響もあまり良くなかった気がします。
    唯一、MACY GRAYがMJの歌を自分のものにして歌ってました。
    また、Judith Hillが個人的には比較的安心して聞けました。
    返す返すもなぜ久保田利伸が出演する13日にしなかったのか悔やまれました。

    「AIはいたけど愛はなかったね」
    激しく共感します。
    事前に出演アーティストリストを見た時、一抹の不安がありました。
    なぜにこの面子?
    MJ好きなアーティストって他にもいるよね?と。
    本当にマイケルが好きなアーティストだけで、開催してもらいものです。

    ただ、歌声はアレでしたが(笑い)、
    ジャクソンズ(3人のみですが)を見れて、感無量でした。

    長文失礼致しました。

  6. こんばんは☆初めまして。
    通りすがりですが、私も全く同じ事を全て感じたのでメッセージを送らせて頂きました。
    トラビスとステイシーが一番の目的で二日目に見に行きました。
    去年のThisisit再現のライブ、一生涯あの素晴らしいパフォーマンスを超えるものを日本で見れることは恐らくなさそうですよね(><)
    トリビュートライブ、もう少し期待してました。
    が、正直、歌と合っていないアーティストを呼びすぎたのではと思ってしまいました。
    マイケルのトリビュートなのにHeal the worldが無いのも不思議な感じでした。

    二日目は一部、二部ともに、シーンとして盛り上がっていませんでしたが、初日も同じだったのでしょうか?そのあと西寺ごうたさんが挨拶に来たときが一番盛り上がって拍手も多かった様な(笑)西寺さんも会場の雰囲気に気づかれていて何とか盛り上げようと、トークを頑張っている感がありました。^-^

    Macy Grayは会場の冷え切ったムードに最後はいらっとされてる感じがしました。Come on!と何度か言ってましたが、最後の言い方がそんな感じでした。二部までは2階席の方は全員着席でした。

    第一部は、ここは何のダンスイベントですか?
    って思うところがたくさんあり、トリビュートライブにきているということを忘れかけそうになるところがありました。
    余興の太鼓?もマイケルのトリビュートとの関係に???でした。
    その太鼓をたたく子供の親が近くで大騒ぎしていて、雰囲気台無し、子供の学芸会みたいで微妙でした。

    以前ユーコさんが他のダンサーとリメンバーか何かのダンスのアレンジ版をイベントで踊ったら、それを聞いたトラビスがマイケルと一緒に仕事をしたことがあるダンサーはマイケルのオリジナルをきちんと伝えていくべき!とアレンジ版を踊ることに大反対で苦言を呈したそうで。トラビスの忠誠心、常にマイケルを慕い、リスペクトする心に改めてトラビスの魅力を感じました。
    なので、今回のイベントのダンス部門、アレンジだらけのショーをみてトラビスはどうご覧になっていたのかなぁととても気になりました。

    私もトラビスとステイシーのソロのダンスショーが見たいです。
    1時間でも交代でもいいので。
    一番長く、最後まで一緒にマイケルと仕事をしていた
    メンバーのダンスがみたいです。

    S席を先行予約で購入しましたが、席もB3とそんなによくなく、
    ライブも???????が多すぎて、残念な感じでした。
    一人で行ったのでここで共有できて嬉しいです。
    ブログに書いてくださり、ありがとうございましたm(_ _)m
    そして長文大変失礼いたしました。

  7. みんなの感想と同じです。
    広島からマイケル好きの友達と見に行きましたが、マイケルの映像も全くなく、ダンスの発表会と日本の歌手のカラオケ大会を見に行ったカンジで、A-☆ブロックと比較的いい席でしたが、途中座る人もチラホラいましたし、盛り上がってませでした。隣の人は友達とずっと話してましたし・・・
    トラビスさんたちのダンスをもっと見たかったし、ソニーの協賛だからマイケルの映像があると思ってたし、マイケルの歌声も聴けると思ったし・・・
    正直マイケルのかけらも感じることが出来ない、イマイチなコンサートでした。
    マイケルのすごさを再確認した日でした。

  8. 13日、アリーナ席でかなり前の方で見ることができました。

    ライブ後のモヤモヤ感、思っていたことを全部ぶちまけてくれてありがとう!という感じですw

    第一部は、ケントモリ、長すぎだし、マイケル風のダンスショーは5分、10分でしたね。
    This is it のバックダンサーに選ばれた日本人ダンサーってだけ(実際はダンサーになったわけじゃないし)で日本でマイケルに近い第一人者みたいに扱われすぎですよね。

    トラビスのダンスはもっと見たかったです。今回のイベントのハイライトでした。

    第二部は、ほんとにカラオケ大会でしたねw
    よくわからないアーティストがそれっぽく歌ってるだけ、お前らほんとにマイケル好きなのかと小一時間問い詰めたいw
    Macyと、Judyと、久保田さんは良かったです。

    第三部は、いろいろ劣化してるにせよジャクソンズを生で見れて感動しました。あの「Old Fashion Way」な振り付けはテンションあがりますよね。

    そんな中にチラチラとAIがしゃしゃり出てくるのは気に入りませんでした。
    「ここでマイケルの歌声が!」ってところでAIが出てくるんだもん、きついよね…。

    やはりマイケルは、歌も踊りも唯一無二の存在であることを改めて再認識した日でした。

  9. 私も広島から一人で行った者です
    1日目は広島で山下達郎のコンサートとかぶっていたので2日目にしました
    みなさんの書き込みを見ると初日に行けばよかったなと思います
    MJのコンサートは来日時に数回見てそのすごさと その時にできる新しい事を見せてくれる 驚きのステージを毎回楽しんでいました
    今回のトリビュートライブの発表があった時には あの驚き、刺激を少しでも感じられるか期待していました

    まず会場で驚いたのがスポンサーがあそことは以外でした 別に批判はしていません
    そして 開場1時間前に行ったのに目当ての物販はほぼ売り切れ状態、手袋路は私の三人前の人で売り切れました パンフレットも早く売り切れて入手できませんでした もっと早くいくべきでした

    入口の荷物チェックを抜けると小さなステージ?が二つありプロモーションして にぎやかなのはいいなと思いました

    肝心の内容については 今まで多くの人が書き込みされていますが
    ライブを体感しながら考えてたこととほぼ同じです

    ライブが終わった後楽屋口から大きなリムジンでジャクソン?が出ていくの見ましたが 出待ちの人は少なかったです 寒かったからでしょうか

    その後、夕食に近くのファミレスに行きました 隣にすわっていた家族連れの子どもが今日のライブに出演したらしく楽屋の事やステージの事を、お遊戯会に出たみたいに話していました それはそれでいいのでしょうけど 

    お客さんの求めていた物とのずれが ジャクソンズ(ーAI)のパフォーマンスで埋められたのでしょうか?

    ステージの機材などについては 今の大規模ライブの標準的なものでした
    ただし メインスピーカーが ラインアレー1列で代々木をカバーするのは無理があります 特にソウル感を出すには… 映像演出をやめるなど なにが大切なのか どうすれば楽しめるのか 非日常空間を作れるか 考えて欲しかったと思います 

  10. 行かなければ良かった・・・

    ケント・モリのダンスはマイケルのダンスとはまるで違います
    マドンナのライブで踊っているケントを見て本当にがっかりしました
    トラビスと時間を過ごしていないこと
    this is itの レッスンを受けていないこと
    だからマイケルの息吹をうけていないのです
    せめてマイケルをほうふつさせるダンスを身につけてもらいたい
    ゆうこ すみだ ジャクソンを見習え
    結果
    マイケルがいないことを痛感した時間を過ごすことになりました

    AIの声は低くてこれまたがっかり

    心で泣きながら帰路につきました

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください