ラーメン砂漠の渋谷・宮益坂に救世主。「TOKYO豚骨BASE MADE by 一風堂」オープン


宮益坂エリアに住むものにとっておいしいラーメン店舗が身近にないのは大きな課題でしたが、そんなラーメン難民に一筋の光がもたらされました。

というわけで、渋谷駅ガード下で3月12日にオープンした「TOKYO豚骨BASE」にさっそく突撃。一風堂ブランドのラーメンということでいやがおうにも期待が高まります。

DSC_0562

豚骨を掲げた店名ということもありラインアップも豚骨をベースに豚骨プレーン、味噌豚骨、豚骨醤油と3種類を用意。一風堂の赤丸・白丸とはまた違った展開です。

DSC_0560

オープン直後ということで替え玉お試し券も配ってましたのでありがたくゲット。

DSC_0552

初めてのラーメン店はまず基本から、ということで豚骨プレーンを注文。

DSC_0553

麺は一風堂ならではの細麺タイプ。味は一風堂よりややこってり濃いめかな。一風堂より豚骨っぽさが強く出てる気がします。

DSC_0556

テーブルには紅生姜とにんにく。後半に紅生姜入れて味を変えるのが好みの私としては、最初から上にかかってるのではなく好きなタイミングで投入できるこの方法がうれしい。紅生姜も真っ赤すぎず自然な色合いなのもジョリーグッドであります。

DSC_0557

替え玉無料チケットもらっていたのでもちろん替え玉も注文。2球でボリュームとしてはちょうどいいくらいかなー。

DSC_0559

宮益坂側といえば最近その濃いスープがやみつきになりつつある煮干王もあるわけですが。

超濃厚煮干し系ラーメン「煮干王 渋谷店」オープン初日に行ってきた – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2012/02/15/7230

煮干王は最近かなりツボなものの、お店行くまでに歩道橋越えなければ行けないのがちょっと大変。それに対しガード下のTOKYO豚骨BASEは宮益坂へ上がるルートに組み込めるのがありがたい。一風堂の味はちょっとあっさり目だなと思っていた私ですが、こTOKYO豚骨BASEはちょっと濃いめなのも嬉しいところ。これからもちょいちょい通いたいと思います。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください