新潟の地酒を飲みまくれる「にいがた酒の陣」行ってきた


日本酒好きが高じすぎまして、はるばる新潟まで日本酒を飲んだくれるイベントに行って参りました。

新潟淡麗倶楽部(新潟県酒造組合):にいがた酒の陣
http://www.niigata-sake.or.jp/torikumi/sakenojin/

新潟の地酒を2日間に渡ってひたすら飲みまくれるというというこのイベント、東京ではなかなかお目にかかれないお酒も楽しめるとのことで心を躍らせながら新潟へアクセス。新潟はJR東日本圏内なのでモバイルSuica一発で行けるのも嬉しいところですな。

場所は新潟駅から徒歩15分くらいの「朱鷺メッセ」。

朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター
http://www.tokimesse.com/

当日はあいにくの雨でしたが、室内に入ればそんなもの関係なし。飲んだくれちゃえばもっと関係なし!

IMG_20120317_121057

イベントは10時スタートだったのですが、お昼頃に着いてみるとすでに長蛇の列が。列は建物内部までぐるぐると続いていたのですが、進みは非常に早かったので10分も待たずに会場に入れました。

IMG_20120317_121147

お出迎えしてくれた酒の陣の看板。いらっしゃいませ! こんにちは!

IMG_20120317_122631

入口でチケットを買うと手首につける証明書がもらえます。これがあれば2日間何倍でもおかわり自由という貴重な証。当日券だと2000円、前売り券だと1800円、新成人だとなんと500円という破格的な安さです。

IMG_0029

会場はすでに大変な混み合いっぷり。ちなみに毎年当日券が無くなることはないとのことで、混雑はすれどもチケット完売で入れない、ってことはなさそうです。

IMG_20120317_122747

入口で腕輪を見せるとおちょこがもらえます。これを各ブースでささっと見せると自動的にお酒をついでもらえるという仕組み。

IMG_20120317_123324

さらに嬉しい心遣いが1人1人にペットボトルのお水も配ってくれること。日本酒をたらふく飲むときは水も適宜飲んでおかないと悪酔いしますからね。とはいえ実際問題500mlのペットボトルでは全然足らなかったわけだが……。

IMG_20120317_123715

にこやかにほほえみかけるおちょこ。君の笑顔を見るためなら何杯でも飲むよ!

IMG_20120317_123839

会場で知人と落ち合い、準備ができたらいよいよブース巡り。混雑の最中ひたすらに日本酒をいただいていきます。

IMG_20120317_124542

新潟と言えばの〆張鶴。相変わらずのおいしさでした。

IMG_20120317_124706

吉野川の熟成古酒。2000年に詰めたという深い味わいがすばらしすぎました。

IMG_0016

おもしろかったのがコーヒー味のゆきくら珈琲。

IMG_0019

いろもしっかりコーヒー色で、飲み口もさっぱりしていてお酒とは気がつかないほど。よしこれでアイスコーヒー作れば(ry

IMG_0018

さらに衝撃だったのがこの越後武士(さむらい)のオーク樽仕込み。

IMG_0021

オーク樽で仕込んだことで、まるでウィスキーのような味わい。度数も43度と非常に高くかなりパワフルなお酒です。日本酒ってほんとにバリエーション豊かだわー。

IMG_0020

真野鶴。なんとなく新潟のお酒は鶴がついてたら安心という勝手な思い込みがありますが、その思い込みにきっちり応えてくれるおいしさ。

IMG_0025

北雪はさっぱりしていてとてもおいしかったのですが、これがたったの1500円というのが衝撃すぎ。新潟日本酒安くてうまくてうらやましいなあ……。

IMG_0027

10時から18時まで最大8時間も飲んだくれられるイベントでしたが、途中はさすがに体力つきて多少の仮眠をいただきつつ、夜には夜で新潟の居酒屋で二次会。

IMG_20120317_183212

二階貸し切りだったのですがこういう座敷感いいですね。気取ったお店よりこういう空気のほうが好み!

IMG_20120317_183345

お刺身の造りはあいなめだけなぜか名前がついているのですが。

IMG_20120317_183618

あいなめ中心に魚の名前をチェックできるという仕組み。どれも新鮮プリプリでおいしゅうございました。

IMG_20120317_183625

二次会でもたらふく飲み、さらに店を変えて今度はベルギービールのお店へ。このへんでもう体力切れまくっており、日付が変わる間際にタクシーでおいとまさせていただいたのですが、他のメンバーはその後もまだまだ飲んでたみたい。体力あるなみんな……。

IMG_20120317_230228

ひたすらにおいしい日本酒が飲めるすばらしいイベントでしたが、長丁場過ぎて体力配分が難しかったなというのが若干の反省点。あまり最初に急ぎすぎず、ちょこちょこブースを回って日本酒たしなむほうがよかったかな……。しかし日本酒好きにはたまらない1日でした。いろいろ日本酒みつくろって購入してきたので、自宅でもプチ酒の陣を開催したいところですはい。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください