「すごい豆まき2013」がほんとにすごかった


1ヶ月以上も期間空いてしまいましたが、このイベントはきちんと自分の記録に残しておきたいなということで、2月3日に行われたすごい豆まき2013に参加して参りました。

今世紀最大!『すごい豆まき2013 〜鬼リンピック〜 in東京タワー』 今度の豆は1.5トンだ!
http://mamemaki.jp/2013/

前回のイベントは「へーそんなのあるんだ」と思っているうちにチケットが売り切れてしまい参加できなかったのですが、後からイベントの内容聞いて「これは参加したかった!」と強く思い、今年は無事チケット発売のタイミングで運良く購入することができました。初回チケットはたった1時間で完売したとかで、あらためてこのイベントの人気を思い知らされます。

こんなイベント行きたいと思わせたのはイベントの作りがすばらしかったから。何トンもの豆を使うけれどそれはいずれも食用に適さない大豆を使っているので食べ物を無駄にしているわけではない。終わった後の豆もきちんと集めて堆肥にするとのことで、ただ悪ふざけであそぶだけでなく、日本のこしきゆかしい風習をきちんと大事にしつつそれをイベントにまで高め、それでいて食べ物を無駄にはしないという隙の無い作りだなあと。

そんな思いを胸に秘めつつ向かった会場は日本を代表する環境名所、東京タワー。夕方にはすっかり日も暮れて神々しい限りです。やっぱしスカイツリーより東京タワーのほうがうつくしいわー。

Untitled

ノッポン兄弟による東京タワー150m階段コースの案内。これ一度挑戦してみたいなー。

Untitled

会場はこんな感じ。真ん中にファッションショーのような長い通路があり、それを参加者が両側から囲みます。

Untitled

すごい豆まき2013のルール説明。四方八方から豆が飛んでくるため危険防止のゴーグルが全員に配られる配慮っぷりはすばらしいの一言ですね。

Untitled

今回のテーマはオリンピックをモチーフにした「鬼リンピック」とのことで、オープニングはプロの楽団を使った開会式からスタート。

Untitled

開会式には伝統芸能である獅子舞も登場。嫌がおうにもテンションが高まっていきます。

Untitled

続いてやっとこさ追い出すべき鬼が登場! と思ったら何か雰囲気が違います。

Untitled

はて、コオニじゃ。BLACKによく似たコオニがおる。

Untitled

というわけでオープニングアクトの1人としてヨーヨー世界チャンピオンのBLACKが登場。最初は「なに? ヨーヨー?」と不思議がっていた観客がそのパフォーマンスを目にすると一気に感動する様を横で見られたのはなかなかに痛快。「もっとすごい技だってあるんだよ!」とか自慢したくなってしまいました。

Untitled

続いて登場したマジシャンの原大樹さん。和のテイストを取り入れつつのマジックをいっぱい披露してくれました。

仮面を外して「ドヤ!」

開会式の後は当日豆をぶつけられまくる鬼の登場。1口10万円もの支援してくれたスポンサーのおかげでイベントがなりたっているのに、豆をぶつけられまくるだけなんてどれだけドMの集まりなのだろうか・・・・・・。

オリンピックに見立てた鬼リンピックは、聖火ランナーならぬ聖豆ランナーもきちんと登場。最後に登場する聖豆ランナーをいまかいまかと待ち構える会場内。

そしてでました古田オニ! 2年連続2回目!

そして開会と同時に飛び交う豆の数数!

鬼リンピックというテーマなので、豆を投げるのも競技イベントごと行われます。最初はステージの左右に分かれて豆を投げ入れる「豆入れ」。

まさかのテレビ局もステージ上に参戦! 目立つ格好なので狙われまくってました。

イベントの途中には「鬼トラクイズ」というどこかできいたクイズ大会も。メンタリストのDAIGOが、一般女性が選ぶ色を当ててしまうというメンタリズムを目の前で見られるすばらしい展開でした。一度リアルで見てみたかったので大感激です。

イベントの最後はひたすら豆を投げつけるメインイベント。目の前が古田でてんそんあがる!

余った豆をなげつけまくり、手元の豆が無くなれば今度は足下の豆を拾いまくって投げつける豆無双なひとときを動画でお楽しみください。

見ろ! まるで豆が宇宙のようだ!

 

 

楽しいイベントの時間も終わってみると足下は豆だらけ。これぜんぶスタッフの人がきれいにお掃除してくれたかと思うと頭が下がります。

最後にはちゃんと食べられる豆もいただきました。おなかすいたときの非常食として今もなお役に立っております。

すばらしいイベントをくれた東京タワーありがとう!

以前から参加してみたいと思っていたすごい豆まき、無事に参加できて感動もひとしお。豆を投げつけるという原始的な行動がすごくシンプルで楽しいので、これ今後はトマト祭り並みに1つの町を舞台にやってみたいなあ。来年もまたぜひとも参加したいと思いました。

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください