Facebookで自分の身を守るために覚えておきたい3つのポイント


マイブームになりつつある電車移動中のブログエントリー。今回は最近ちょいちょいと見かけるFacebook上の事件に対して、自戒を込めて自己防衛するためのまとめ的エントリー。

地球マークに気をつけて

投稿に合わせて表示される地球マークは全体公開の意味です。Facebookの場合、全体公開はログインしないでも見られるオープンインターネットの一階状態です。

つまりははてブされるしTwitterでもリンクされるしNAVERまとめにもまとめる対象になります。これはオープンにしている以上避けようがありません。
自分が公開範囲限定していても、友達のウォールが地球マークだったら同じことになります。

さらに恐ろしいのは地球マークのコメントは他の人にもどんどん波及すること。誰か他の人がコメントすると、その人の友達のウォールにも掲載されるので、可及的速やかに発言が広がって行きます。よく、知らない人の発言が自分のウォールに掲載されますが、あれはその人が公開範囲を全体公開またはゲストの友達公開にしているからですね。

公開範囲は自己責任ですが、友達のウォールが地球マークの場合は同じことが起きるので、地球マークにコメントする際にはインターネット全体かつ発言が増えるたびに広がっていくのだと認識しておきましょう。

友達のウォールへの書き込み

1つ目に近いのですが、友達のウォールを見ている人には自分の知らない人もいます。好きじゃないサービスの発言や、接客いまいちだったお店の文句とかを書くと、その関係者が実は見てたりする、なんてこともあります。

もちろん思ったこと好きに書くのが一番ですが、他人のウォールでは誰が見ているかわからない、というのは覚えつつ、言いたいことは自分のウォールにしておく、という使い分けも時には大事です。

限定公開でも全体シェアされるように見えてマークがバグってるだけ

1つ目と2つ目は自己で対処できますが、怖いのが3つ目のこれ。自分が友達のみ公開にしていても、他の人はそれをシェアした時に全体公開だと、発言の内容は全部見えてしまいます。

直接防ぐ方法はないのですが、なにかのURLをリンクしてそこにコメントした場合や、投稿にコメントした場合であればシェアされても自分の文章が載ることはありません。ただこれもコピペされたらアウトなので、一番の正攻法は「シェアしないでね」って冒頭に書いておくことなのかも。

いろいろ指摘もらって検証。限定公開を全体公開の人がシェアすると、自分からすると地球マークに見えるので全体公開されたように見えますが、実際には相手のウォールでは表示されず自分の公開範囲が優先されます。だけどマーク違うとドキドキしますわよね……。というわけで大丈夫ではあるけれどマークが違っちゃうと言うのは知っておいた方がいいかも。

?サービスの使い方なんて人それぞれですが、限定公開で使いたい人と全体公開で使いたい人、それぞれが強制されず共生するためには若干の努力が必要ということで、何かの参考になりましたらこれ幸い。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください