ペイントサバゲーな任天堂のWii U新作「Splatoon(スプラトゥーン)」が面白そう

たまたま起きていたのでE3のプレゼン動画を見ていて「あーまたキャラものと焼き直しのソフトばっかりだなー」と寂しく思っていた中で、この完全新作がなかなか楽しそうです。

Splatoon(スプラトゥーン)|Wii U|任天堂 E3 2014情報
http://www.nintendo.co.jp/event/e3_2014/lineup/splatoon/index.html

YouTube動画が公開されているので詳細はこちらを見ていただくとして。

シンプルに説明すれば4対4のサバゲーなんだけど、色の概念持ち込んでいるのが面白い。相手を倒すのではなく色をぶちまけて自分の色の面積が広ければ勝ち。また、自分の色のエリアはイカに変身して高速移動できるギミックも面白い。これはぜひともオンライン対戦したいなー。

Wii Uがなかなか実現できない「2画面ならでは」も考えられていて、GamePadには地図を表示できる。まあ地図表示なんて2画面らしさじゃないだろとつっこみたいところですが、このゲームではマップに塗られた色の面積がプレイに重要な情報であり、それを画面切り替えせずに一覧できるのは面白い。

とはいえ地図なんてテレビ側に表示すればいいじゃんという話もあるのですが、そこで登場するのがワープシステム。GamePadのマップに表示されている自分の仲間にタッチすると、すごい勢いで空を飛んでワープできる仕組みになっているので、「タッチできるマップ」ならでは感が出せてる。何より空飛ぶ演出がすごい気持ちよさそう。

ここのところシリーズものか人気キャラクターを使ったゲームばかりだったところに、完全新作ながらもかなり面白そうな予感のするゲーム。スマブラのパルテナ参戦も嬉しい悲鳴ですが、これは予想外の伏兵でした。

でも一番楽しみなのは、最後に登場した宮本さんが作っているという「2画面ならでは」のソフトですけどね。いやー人生でもっとも尊敬する人である宮本さんが自信満々に言い放った2画面ならではのソフトがどんな仕上がりなのかとっても楽しみです。

“ペイントサバゲーな任天堂のWii U新作「Splatoon(スプラトゥーン)」が面白そう” への1件の返信

  1. 殺さないTPSといえば、10年以上前から「ALittleShine」というゲームがあります。
    こちらは掃除のゲームであり、各種の汚れ属性とクリア領域のせめぎあい。
    ペイントしていくゲームもさいきん出たものだけでも2本は知っています。
    http://atpedia.jp/word/ALittleShine

コメントを残す