L字型が地味に便利、データ転送や2A充電も対応した両面差し可能なMicro USBケーブルが2本で1,200円からとお手頃価格で発売


知人がAmazonで両面挿しのリバーシブルUSBケーブルを取り扱いはじめたとのことで無料サンプルいただいたのですが、これがかなりいい感じだったのでレビュー。しかしUSBケーブルだけでこんなに書くことあるのかと自分でもちょっと驚いた。

iOSシリーズで採用しているLightningケーブルは、端末側の端子がどちらの向きでもiOS端末に装着できるのに対して、一般的なMicro USBケーブルは表と裏の向きで形状が異なるため、正しい向きでなければ装着できません。Micro USBは形も小さく、向きを見分けにくい形状の端末もあったりと、Androidユーザーであれば一度はMicro USBの向きに困ったことがあるのでは。

DSC09981
左がMicro USB、右がLightning

その点、この両面挿しリバーシブル USBケーブルは、スマートフォンやタブレットと接続するMicro USB側、PCや充電器と接続するフルサイズのUSB側ともに両面挿しに対応しており、いちいち表裏を確認せずに装着できるのが特徴です。

DSC09983
上が通常のMicro USB、下が両面挿しのリバーシブルMicro USB

DSC09985
両端ともに両面挿し対応

表裏がなく両面どちらでも装着できるMicro USBケーブル自体は珍しいものではなく、検索すれば他にもいくつか見つかるものではあるのですが、このケーブルは機能面でも使いやすさでも、そして価格面でもパフォーマンスが高いのがお勧め。以下にそのオススメポイントを項目立ててだらだらと書いていきますが、各項目の見出しだけまとめて先に置いておくのでわかる人はこれで判断してさくっと購入しちゃってください。

  • Micro USB側のコネクタがL字型
  • データ転送対応
  • 2A出力対応
  • 500mmのほか80mmの極短タイプをラインアップ
  • 値段は2本で1,200円から(送料無料)


USB ライトアングル リバーシブル USBケーブル 500mm 2本セット


USB ライトアングル リバーシブル USBケーブル 80mm 2本セット

Micro USB側のコネクタがL字型

他の両面挿しケーブルとこのケーブルの経常的な違いは、Micro USB側のコネクタがまっすぐではなくL字型になっているところ。詳しくは下記画像をご参照ください。

DSC09987
Micro USB側の端子がL字型

最初見た時「L字型って何の意味があるんだろ」と思っていたのですが実際に使ってみるとこれが実に便利。今使っている「arrows NX F-02H」はMicro USB端子が本体側面にあるのですが、まっすぐなタイプのMicro USB端子は充電時に出っ張ってしまい、モバイルバッテリーで充電しながらポケットに入れて持ち運ぶのが難しい。鞄の中に入れておいてもちょっとしたことでケーブルがずれてしまったりと結構不便でした。

DSC09988
直線タイプのケーブルは鞄やポケットでかさばる

その点L字型はポケットにも収容しやすく、ポケットや鞄の中に入れていてもケーブルが外れにくい。これは端子そのもののおかげもあって、装着時にしっかりしたホールド感ががあってたやすくは外れない。Micro USB端子自体が小さくて緩いとちょっとしたことで抜けやすいのですが、このケーブルは装着時の安定感が高いのもお気に入りポイント。

DSC09989
L字型はポケット内に収容しやすい

ちなみにフルサイズのUSB側はL字ではなくまっすぐな形状。これも大事で、フルサイズ側がL字だと今度は複数のUSBポートがある端末で隣に干渉してしまう。Micro USB端子が複数横に並んでいるというケースは極めて少ないので、Micro USB側だけがL字になっているのも意味があるのです。

DSC09990
フルサイズ側は直線なので横の端子を干渉しない

充電だけじゃなくデータ転送も対応

100円ショップとかの安物ケーブルだと充電にしか対応していないものもありますが、このケーブルはしっかりとデータ転送にも対応。データをUSB経由で取り出したい、なんて時にも重宝します。

2016-03-28_12-40-54
データ転送対応なのでUSBテザリングもOK

とはいえ端末によってはデータ転送対応ケーブルを接続するとマスストレージとして動作してしまい、充電しながら端末を利用するということができなくなるなんてケースもあるので、普段使っている製品によってはデータ転送非対応のほうがうれしい、なんてことも。一例を挙げるとソニーのアクションカムなんかはデータ転送対応ケーブルでつなぐと充電しながら撮影できないという仕様になっていたりします。

一般的なスマートフォンならほぼ問題無いかと思いますが、まずは普段使っている製品の動作をお試しください。

充電時は2Aの高出力

安物のケーブルは1Aくらいのものが多いですが、このケーブルは実測値で2Aは出力可能。一般的なスマホであれば1Aでも十分なのですが、急速充電に対応したスマホや、そもそも高出力が必要なタブレットなどの機器は2A引けると非常に充電時間が変わります。

2016-03-28_12-36-48
実際に測定したところ。左下が見えにくいですが1.92Aとほぼほぼ2Aしっかり出てます

その比較が以下。バッテリーには急速充電対応のcheero Power Plusを使い、一般的なケーブルとこのケーブルで充電比較してみました。


cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー [ 国産Sanyo/Panasonic高品質電池搭載 ] iPhone 6 5S 5 / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応

まずは家に転がっていたUSBケーブル。どこで入手したのかは忘れましたが割と何の変哲もないケーブルです。

IMG_20151014_193301
家にころがっていた何でも無いケーブル

バッテリーが空の状態から満タンになるまで、ざっくり8時間くらいかかりました。

Screenshot_2015-10-14-01-21-26

そしてこちらが今回のケーブル。グラフの幅は上と一緒なのでグラフの形で純粋に比較できるのですがもう一目瞭然、満タンになるまでの時間が4時間以下と、実に半分以下の時間で充電できています。

Screenshot_2015-10-14-01-21-45

出力表示のあるバッテリーと違い、USBケーブルはなかなか単体では性能を確認するのが難しいのですが、それゆえに最初の選択はとても重要。特に、外出中や長時間の移動などですぐに充電したいという時には、バッテリーだけでなくどんなケーブルを使って充電するかもとても重要な要素ですので、いつも持ち歩くUSBケーブルは性能のいいものを1つ入れておくことをお勧めします。

ほどよい長さの500mm、超短い80mmの2種類をラインアップ

地味ながらも大事なスペックがケーブルの長さ。ケーブルが長い方が便利ではあるものの取り回しが不便だったり持ち運びがかさばるなど面倒なこともあるのですが、このケーブルはほどよく取り回せる500mmのほか、80mmという短さのケーブルもラインアップ。個人的に短いケーブルがとても好みなのでこの80mmはとても嬉しい。 いつも充電ケーブルだのなんだのをまとめて入れている小物ポーチがあるんですが、こういう短いケーブルは場所を取らないので助かります。

DSC09992
500mmと800mmの2種類

DSC09991
80mmはスマホより短い長さ

2本セットで1,200円から、1本あたり数百円の低価格

繰り返しながら両面差しのUSBケーブル自体はちょこちょこ製品あるんですが、このケーブルは使いやすいL字型、データ転送対応、2A出力という特徴を備えつつ、値段も500mmが2本で1,400円、80mmが2本で1,200円と、1本あたり数百円程度と安いのも魅力。個人的にはこのL字型の使い勝手が非常に気に入っています。このお値段で送料無料とのことなので、USBの向きを毎回気にしながら充電していた生活からおさらばしたい人はぜひお買い求めくださいませ。


USB ライトアングル リバーシブル USBケーブル 500mm 2本セット


USB ライトアングル リバーシブル USBケーブル 80mm 2本セット


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください