SimplenoteはWindowsアプリよりChromeショートカットのほうが便利


プレーンテキストを書くことが多い自分にとってテキストエディタはとても重要なツールなのですが、ここ数年以上愛用しているのが「Simplenote」。テキストエディタというよりもWebサービスなのですが、余計な装飾が一切入らずテキストに特化していること、とても動作が軽いこと、アプリと同期しているので、ネットがつながらない場所でも今までのテキストをオフラインで見られるあたりがとても気に入っています。一時期Dropbox Paperに浮気しかけたのですが、アプリが重すぎるのと、同期が遅くてアプリ側に反映されていないことに加え、先日のデータトラブルを受けて結局Simplenoteに戻ってきてしまいました。

Simplenote
https://simplenote.com/

基本的にはいつもブラウザで書いているのですが、実はWindows向けのクライアントソフトも提供されていることを最近知って使ってみたところ、これがどうにもよろしくない。Mac向けはわからないのですがWindows版はテキスト入力中に突然画面が真っ白になってしまい、アプリ再起動が必要なことが多々ありました。データ自体はクラウドに保存されているので消えたりはしないのですが、ノリノリで文章書いている時にこれが起こるとどうにもテンション下がってしまう。

また、画面サイズにかかわらず幅が決まっているのもネックで、アプリを最大化しても文章が中央にしか表示されません。文章に集中したいときは余計なものが目に入らないよう画面いっぱいをテキストにする派なんですが、そうすると余計な余白が邪魔で文字が読みにくいんですよね……。

ブラウザなら真っ白になる挙動もないし、文字もちゃんとブラウザ幅で表示されるのですが、ブラウザだとついつい他のWebサイトを見てしまい、結果としてタブが増えすぎて操作が煩雑になってしまう。普段はブラウザのウィンドウをSimplenote用に1つ表示し、Web表示用とSimplenote用をAlt+tabで切り替える、という運用をしているのですが、Simplenote側のブラウザでタブが増えすぎると、結局どっちがWeb表示用かわかりにくくなってしまうのですよね……。

帯に短したすきに長しだなーと思っていたのですが、Chromeでショートカットを作成すればSimplenoteをアプリ的に使えて便利じゃないかというのがこの記事のタイトルにもある主題であります。

作り方はChromeの右上メニューから「その他のツール」「ショートカットを作成」を選択。

続いて表示される画面で、「ウィンドウとして開く」にチェックを入れた状態で「作成」をクリック。

そうするとデスクトップにSimplenoteのショートカットが作成されます。

これがショートカットの画面。ブラウザのようにタブは開けずURLも表示されないのでSimplenoteに集中できる。それでいて文字幅もちゃんと可変だし、画面が真っ白になる不具合もないといいことづくめです。

これでアプリの不満は改善できたのですが、そもそもの課題としてサイドバーの非表示もお願いしたいところ。上記の画面見るとわかる通り、SimplenoteはPCで表示すると必ず過去のテキストが表示されてしまうため、カフェなど人の多いところで文章を書いたり、画面を人に見せるときにとても困るのですよね……。このサイドバー非表示さえ対応してくれれば本当に他には何もいらないシンプルで最高のテキストエディタになり得るので、ぜひともSimplenoteの中の人には対応をお願いしたいところであります。


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.