おサイフケータイクレジットとF905iのいい関係


 先日申し込んでいたDCMXですが、 無事認定され、手元にカードが届きました。これで晴れてiDが使えますよ!

DCMXとiDとの関係はちょっとわかりにくいのでご説明しておくと、iDというのはNTTドコモのおサイフケータイを使い、携帯電話でクレジットカード決済できる仕組み。iDというのはクレジットカードそのものではなく単なる仕組みの名前であって、利用するにはiDに対応したクレジットカードが必要です。そのiDに対応したクレジットカードの1つが、NTTドコモが発行するDCMXということです。

DCMX
http://www.dcmx.jp/st/

通常のクレジットカード支払いは多くの場合サインが必要だけど、iDだったら対応カードリーダーがあればサインどころか携帯電話をかざすだけでいい。あと、自分がクレジットカード使うときにいちばんキライな「クレジットカードをお店の人に預ける」という脆弱性どころじゃねーよの旧態依然システムに対し、iDならそんな心配もなく決済できるわけです。

対応店舗もちょこちょこ広がっており、身近なところではファミリーマートとローソンが使えます。さらに4月14日からはサークルKサンクス全店も対応するので、コンビニでちょっと買い物したいってときに便利。これ使えるようになったEdyの魅力半減だなあ。Edyだってどうせクレジットカードチャージしてるし……。

と、そんな便利なiDですが、ちょっと不安なのはやはりセキュリティ。これまで使っていた電子マネーのSuica、Edy、nanacoの場合は事前支払い型のプリペイドだったので、仮に携帯電話を落としたとしてもチャージされている分しか使われません。SuicaやEdyはクレジットカードチャージできるけど、それにはパスワードいれて専用サイトにアクセスしなきゃいけないし。

ところがiDはクレジットカードですから、上限までは簡単に買い物ができてしまうわけで、落とした時の危険度が大きい。それはリアルのお財布でも一緒の話ではあるんですが、やっぱり不安感は付きまとう。

iDのiアプリにはパスワード機能もあって、パスワード設定しておくとiアプリ起動してパスワード解除しない限りiDとして使えないようになっていますが、今度は逆に手間すぎて使うのがめんどい。飲食店ならまだしもコンビニで気軽に買い物するときiアプリ起動してパスワード解除して……、て、それはせっかくのおサイフケータイ決済の利便性が失われている気がするので……。

もうちょい手軽になんとかしたいなあ、と思っていたときに気がついたのが、F905iのICカードロック機能。指紋認証を使って手軽にICカードをロック解除できる機能です。

F905iの指紋認証がテラ便利
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/02/29/100

今までは駅で改札を通るときわざわざICカードロック解除するの面倒だな、と思って使ってなかったんですが、実はこれICカードごとにロック解除の対象を決められます。なので一気に多額を使い込まれる可能性のあるiDだけロックしておき、あとはロック対象としなければ、iD使いたいときだけ解除すればいいのでだいぶ便利に。

CIMG3476
CIMG3476 posted by (C)カイ士伝

解除方法も簡単で、ショートカットでICカードロック解除を呼び出し、あとは指紋認証するだけ。1つの指の指紋を複数認証して精度を高めた上に操作自体にも慣れてきたので、指紋認証解除は何の気兼ねもなく使いこなせるのでこれなら使い勝手もいい。ICカードロックがかかっていること自体は待受け画面にも表示されるので、「今ロックしてるんだっけ?」なんて時にも安心です。

CIMG3474
CIMG3474 posted by (C)カイ士伝

おサイフケータイにしてからというもの確実にリアル財布の重要度が下がっていて、会社行くときも携帯は持つけど財布は忘れそうになるときがあるくらい。それだけおサイフケータイの利用度が高まっているだけに、「いかにセキュリティを高めつつおサイフケータイの利便性を損なわないか」というのは重要なテーマでありまして、その点Fシリーズの指紋認証は一度慣れるとやみつきのお勧め機能だなあと改めて実感しましたよ。


コメントを残す