スライド端末「F-06B」のサイドキーによるiCロック解除を考える


先日F-06BのiC回りについて書いたらこんなコメントいただいたので追加エントリー。

スライドオープン時はなにかと便利で、サイドキー長押し、右選択キー長押しで便利。
スライドクローズの「画面オフロック設定」の操作が取説通りに動かないのが不満です

F-06BのおサイフケータイもマルチタスクのiCロック解除で便利に – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2010/07/12/4032

これは確かにその通り。もう少し細かい説明すると、スライドを閉じた時に画面をオフにして誤操作を防止する「誤操作防止ロック」と、さらに画面をオフにして一定時間が経つとパスワードでロックをかける「画面オフロック」の2つが発動したとき、サイドキーに「iCカードロック設定/解除」を設定しておいても解除ができないのです。画面がオフになっただけならサイドキーからiCカードロック設定/解除可能なので、ねんのため補足。

元々できないのならよかったんですが、前モデルのF-04Bではこれができてるんですね。本体はパスワードロックがかかっている状態でも、サイドキーに「iCカードロック設定/解除」を設定しておけばiCロックを解除できるのです。

これ、コメントもらったタイミングでいろいろ動作チェックしてたんですが、なんと先日のファームアップのタイミングでこっそり「ロック設定」だけはできるようになってました。

ドコモの「F-06B」に複数の不具合、ソフト更新開始 – ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100712_380198.html

ただ実際にはロックは解除したいのであって、設定できても仕方ないよね……。次のアップデートでこれが「解除」もできるようになるといいですが。

ただ、個人的にはそもそもスライドモデルではサイドキーにiCロックを割り当てていません。というのは、これが待受画面でないと動作しないから。自分の場合はブラウザやメール表示しっぱなしでスライドを元に戻して画面オフにしておくことがあるので、どんなアプリが立ち上がっていてもiCカードロック解除できないと不便なんですよね。

このサイドキーでのロック解除は、本体が待受画面にあるときは便利ですが、メールやブラウザなどを開いていると動作しない。でもそれは画面オフの状態だとどんなアプリ開いているかわからないから結局スライドを開くことになる。だったらサイドキーの意味あまりないなあというのが自分の使い方です。

一方、背面液晶のある折りたたみ型の端末では、起動アプリに関わらずサイドキーからiCロック解除できるので、こちらは必ずと言っていいほど設定しています。

スライドの時もさらに一歩進めて、「画面オフかつパスワードでロックされていて、そのときどんな機能が起動していようとも、サイドキーの長押しでロック解除できる」という仕様になると個人的にはベスト。かなり大きめの改善なのでファームウェアでは厳しそうですが、個人的にはすっかりスライド愛好家になっているので、よりスライドを便利に使うための細かい改善も今後期待したいと思います。

F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください