意図していないGoogleアカウントでGoogle+に登録してしまったときの削除方法


なんかパソコン解説書っぽいタイトルの付け方になってるな……。

一部のネット大好き人間の間で話題沸騰中のGoogle+ですが、基本的にはGmailに紐付いて利用するサービスだけに、Gmailのアカウントを複数持っているとちょっとややこしいことも起きたりします。メインではないサブアカウントに招待が来てたり、サブアカウントでログインしている時にGoogle+使おうとしてうっかりサブアカウントでもGoogle+のアカウント作成しちゃったり。

そんなときはGmailを削除することなくGoogle+の情報だけを削除することが可能。以下は画像で細かく解説します。まずは画面右上の歯車アイコンから「Google+の設定」をクリック。これはGoogle系サービスの基本ですかね。

plus01

表示されるGoogleアカウントの設定画面で今度は「アカウントの概要」を選択。

plus02

画面下にある「プロフィールを削除して関連付けられたソーシャル機能を削除します」という婉曲な表現をクリック。どうでもいいけど婉曲は「わんきょく」じゃなくて「えんきょく」と読みますよ。

plus03

するとGoogleプロフィールを削除するのか、Google+だけを削除するのかを選べます。

plus04

削除する場合の細かな説明。あくまでGoogle+だけをきれいに消すことができます。

plus05

なお、いったんGoogle+の情報を消しても、そのアカウントでGoogle+が二度と使えなくなることはなく、再度Google+の設定をやりなおせば復帰できます。その際はコンテンツがリセットされるけど、ほかのユーザーに登録されていたサークルはそのまま引き継がれるみたい。このあたりの仕様はまだまだフィールドトライアルなので大幅に変わりそうですが現状困っているかもしれない人のためにメモっておきます。

Google+についてはいろいろ思うところ有るけれどそれは長くなりそうなのでまた改めてということで。

G


“意図していないGoogleアカウントでGoogle+に登録してしまったときの削除方法” への3件の返信

  1. ピンバック: links for 2011-07-12
  2. ピンバック: links for 2011-07-12

コメントを残す