ぼくのだいすきな3DSこわれちゃった

とってもだいじにしてたのに こわれてでないがめんがある

というわけで愛用しておりましたフレアレッドの3DS、ある日蓋を開けたら3D液晶部分がはっきり映らなくなっておりました。これまで数々のゲーム機器を購入してきましたが、実は本体が壊れるのはこれが初めての経験であります。

DSC_0170

右が正常な状態の3DS。左はなんとなく映っているのですが全体的に暗くなってしまい、ゲーム操作はとてもできない状態です。

DSC_0171

不幸中の幸いにして2台体制だった3DSなのでデータを移行して修理する準備もできたのですが、気になるのは3DSの引っ越しシステム。前にもエントリーしましたが、3DS間のデータ移行って最大5回までという謎の制限がついてるんですよね。

ニンテンドー3DSからニンテンドー3DSへのお引っ越し完了 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2011/12/10/6774

すでに一度アクアブルーからフレアレッドへの移行をしており、今回の移行期間にいったんアクアブルーに戻して修理が終わったら再度フレアレッドに戻すとこれでもう3回を消費。まああと2回も変更することはないと信じたいところですが、3DSの薄型モデルなど出ようものなら結構危険な数値になってきますな……。この引っ越し制限数なんとか撤廃されることを切に望みます。

というわけで任天堂の修理受付サイトから申し込みを行ない、DS修理品発送キットを待つことに。修理対応が神がかっていると噂の任天堂修理を初体験できるという意味でも貴重な機会ですねこれ。

修理のご案内 – Nintendo
http://www.nintendo.co.jp/n10/repair/

修理対応の人がこのブログ読んでたなんて奇跡起きたりしないかなあ……。

コメントを残す