長岡のしょうが醤油ラーメン「たいち」が相変わらず激ウマだった


以前長岡訪れたときそのうまさに感動し、また機会あったら訪れたいと思っていたラーメンたいち、先日の河忠酒造体験の時に行ってきました。

たいち – 長岡市その他/ラーメン [食べログ]
http://tabelog.com/niigata/A1502/A150201/15009191/

ここの売りはしょうがベースの醤油ラーメンで、長岡ラーメンというのはしょうが醤油が名物みたい。おなじしょうが醤油ラーメンとしては青島食堂も有名なのですが、秋葉原の青島食堂で食べた時「たいちと比べると何か違う……」ともやっと感が残ったというのが正直なところであり、ぜひあの感動をもう一度体験したいと足を運んで参りました。

こちらがラーメンたいちの外観。

DSC05252

外から見るとカプセルハウスっぽい。

DSC05255

お店の中も円形なのがよくわかるつくりです。

DSC05256

たいちのみどころは味だけでなくその大きさにもあります。右は大盛りラーメンなのですが普通のどんぶりとくらべて破壊力あるサイズ感。しかもどんぶりサイズは同じながら麺が増量される特盛りも用意されていて、ボリューム重視の人もまちがいなく満足できるかと。

DSC05258

iPhone 5sとサイズ感を比較。

DSC05260

麺はほどよい太さでこれがしょうが醤油によくなじむ。久々に食べたたいちは思いで通りの味で、しょうがのさっぱり感が醤油と絶妙にマッチしていて、これだけのボリュームでもあっというまに食べ終わってしまいました。

DSC05262

めんまも極太!

DSC05264

調味料として用意されていたラー油を入れたらこれがまたうまい! でもほんとはこのラー油、塩と味噌用の調味料であって醤油ラーメン用ではないらしい。でもこれが相性良かったのでこれはこれでありということにしょう。

DSC05266

ラーメン大好きな私はいろんな有名店ちょいちょいいきますが、このたいちは好きなラーメンベスト5に入るかもしれないくらい気に入ってしまいました。残念ながら東京には支店がないみたいなのですが、ほかにもしょうがラーメンのお店は東京にあるみたいなので、ちょっと新たな好みのジャンルとしてしょうがラーメンを掘り下げてみたいと思います。

 


コメントを残す