F-01FとF-06E、「ARROWS NX」ブランド同士の使い勝手を比較


ケータイ会議NX!!

現在絶賛モニター中のARROWS F-01F。前モデルのARROWS NX F-06Eと比べて細かなところが改善されており、かなり使いやすくなりました。

とはいえこないだまでメイン機だったF-06Eも十分に使いやすくいい端末。機能によってはF-01Fよりいいところもあるのですが、半年前とはいえ型落ちモデルとなったために、ドコモショップでは大幅なキャッシュバック対象になっており、自分の見たところでは4万円くらいキャッシュバックがついてました。

同じ値段ならもちろんF-01Fを選びますが、4万円ものキャッシュバックとなると、さほどスペックが変わらないF-06Eを選ぶという手も。というわけで今回は前モデルのF-06EとF-01Fの使い勝手を特徴的なポイント中心に比較してみます。

持ちやすさ: 圧倒的にF-01F

本体がラウンドフォルム化したことで、横幅はF-06Fとほぼ変わらないながら持ちやすさは段違いでF-06Fが上。この持ちやすさだけでF-01Fにしてよかったと思えるくらい、使い勝手が良くなりました。重量も前モデルより軽くなってるのも持ちやすさの秘訣かな。

DSC04836

動作: どっちも高速、F-01Fが若干早い

スペックで見るとどちらもSnapdragonのクアッドコアですが、クロック数はF-01Fが上。そのため操作の最適さもF-01Fに軍配が上がりますが、正直比べてわかる程度なので、Fー01F使っても不便はないと思います。

指紋認証: 圧倒的にF-01F

ファーストインプレッションでも書きましたが、F-01Fの指紋認証スピードは今までに比べて飛躍的に向上。待たされる感がほぼなくなりました。F-01F最大の特徴と言っても過言ではない性能向上っぷりです。

スマート指紋センサーは丸くなっただけでなく、反応が前モデルよりも非常に快適になり、起動してすぐに指紋でロックを解除できるようになりました。

指紋認証が飛躍的に性能向上した「ARROWS NX F-01F」ファーストインプレッション – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2013/10/25/11532

カメラ: 大きな差は無し

これまた以前のエントリーでも比較しましたが、F-06Eのカメラも十分に高性能なので大きな不満は無し。色合いも自然で個人的には好みです。

ARROWS F-01Fのカメラを前モデル「ARROWS NX F-06E」と比較 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2013/11/05/11633

動画関連: 一長一短

ワンセグおよびフルセグのアンテナはF-06Eでは内蔵ですがF-01Fは外付け。変わりにDLNA周りではF-01FプリインストールのDiXiM for Androidが最新版になり、録画番組の自動ダウンロード機能を搭載しました。この機能は別途エントリーしますが、録画番組の消化にはかなり便利な機能です。

Screenshot_2013-10-24-23-18-10

充電: これまた一長一短

F-06Eでは同梱されていた充電クレードルがF-01Fではそもそも非対応。その代わりF-01FはmicroUSBがキャップレスになったので、ふたを開け閉めせずUSB充電できるようになりました。クレードルなくなったのは残念ですが、キャップわ開け閉めすることなく充電できるのはかなり便利。個人的にはクレードルよりキャップレスUSB充電のほうが嬉しいです。

DSC04732

ウィジェットの大きさが変わったとか細かい違いはありますが、大きな違いはこんなところでしょうか。F-01Fのほうが新しいので性能が上なのは当然ですが、F-06Eも現行機に負けないくらいいい機種だと思います。店頭でF-06Eを手にしてみて大きさに違和感なければ、あえてF-06Eを選ぶという選択肢もありかもしれませんよ。

F-06Eに関するエントリーは過去にもいくつか書いておりますのでよろしければこちらもどうぞ。

ARROWS NX F-06E – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/category/android/arrows-nx-f-06e

【ケータイ会議NX!!とは?】
ケータイ会議NX!!とは、富士通の最新スマートフォンARROWS NX F-01Fをブロガーが使い倒してブログで自由にレビューする企画です。通信料は各自の負担、モニター後は端末をそのまま使い続けることができるようになってます。

同じくケータイ会議NX!!に参加しているモニターの記事はこちらからどうぞ!


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください