iPhone 6とiPhone 6 Plusについていろいろ

深夜の勢いでだだだっとね。

割と事前情報通りだった4.7インチのiPhone 6と5.5インチのiPhone 6 Plus。今まで手頃なサイズが人気でもあったiPhoneがAndroid並みの大型化したことで不満も少なからずあるようだけど、そういう人のためにiPhone 5s/cのラインも残すのかな。しかしあれだけマルチタスク嫌ってたのに今ではマルチタスク万歳だったり、Androidみたいな大画面化したりというのはなかなか興味深い。

あとRetinaというブランドで高精細化を推進しているアップルなのに、4.7インチはフルHDですらないというあたり、Retinaとは何だったのかと思ったりもする。いまやppiはAndroidのほうが上だもんなー。とはいえiPhoneの液晶はスペック以上にキレイだなーというのもまた正直なところですが。

iPhoneは自分の中でサブ端末なので積極的に乗り換えたいと思わないんだけど今回はiPhone 5sより買わなきゃ度が高い。理由はもちろんNFC。5sの指紋認証くらいであれば所詮パスワード入れるより便利、程度なんだけど、NFCが絡んだ新しいサービスとかアプリが登場したら、iPhone 6がないと体験できないというのがその理由。NFC機能搭載のアプリを使った機器レビューとか来ちゃったときに、NFCなかったら困っちゃうわけなので。

あとねえ、ある程度新しい端末使わないとレビューの時も困るのよね。「そんな古い世代の端末使ってたらもっさりしてて当たり前だ」とかいうクレームもあったりするので、製品レビューとかする人はある程度最新の端末を持たざるを得ないという嬉しいような辛いような状況なのです。

でまあiPhone 6とiPhone 6 Plusどっちにしますかといったらこれも迷うことなくiPhone 6 Plusなわけで。大きさだけじゃなくて光学レンズというスペックの違いがその理由ですね。どうせ検証用だから容量もいらないので16GBでいいし、それなら1万円の差で光学性能も味わっておいた方がいいかなと。サブ端末かつテザリング用途で使うから端末の大きさもさほど気にならないしバッテリーも大きいし。

端末はせっかくなのでSIMフリーにしたい。以前のぷららLTEに関するエントリーでも憤っておりますが、ドコモに関しては9月から強制的にお値段上がる音声定額プランしか加入できないし、ソフトバンクはギリギリ11月まで既存のホワイトプランもいけるけどその後は既存プランもなくなる。auだけが既存プランもそのまま残すけどこの先どうなるかわからないし。

なによりぷららLTEがあまりに快適なので、SIMはもうこれでいいなーというのが正直なところ。ぷららLTEの唯一の悩みはMVNOなのでドコモのスマートフォンだとテザリングできないことなんだけど、それもSIMフリーなら問題なくなるし。スマートフォンに音声通話求めないからこそできる芸当で、そういう意味でもまだまだ安い回線でフィーチャーフォン持ち続けてるのは便利だなあ。

これ指摘されて気がついたけどそういやドコモのMVNO SIMだとiOSでテザリングできなくなったのでした。これiOS 8でどうなるかなー。

てくろぐ: IIJmio高速モバイル/D iOS別 iPhone・iPad動作状況
http://techlog.iij.ad.jp/contents/iijmio-ios

まあそんなこんなで発売が楽しみというより「これは買っておかないとあかんね」という設備投資としての購入なのですが、必要になるのはNFC周りが充実してからで十分なので、一応発売当日の祭りにはそれとなく参加しつつ手に入るタイミングでいいかなーという感じ。キャリア端末に手を出さないと決めたらMNPも関係ないから値下がりもあんまり期待できないしね。

Apple WATCHはソーシャルウォッチの行く末見届けたいという目的ではありつつもう購入決定なのであまり余計なこと考えない。あとソニーのAndroid Wearもね。

というわけでいろいろ出費がかさむことが発覚したタイミングで原稿の依頼などもお待ちしておりますはい。

“iPhone 6とiPhone 6 Plusについていろいろ” への1件の返信

  1. IPad Air iOS 8 GM で BIGLOBE SIM でデザリング出来ます。キャリアは ドコモ17.0になりました。

コメントを残す