ホテルばりの豪華客室がすばらしい「橘丸」の長時間船ルート #tokyo島旅山旅 #式根島


この記事は東京都の観光事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で訪れた式根島のレポートです。式根島レポートのまとめはこちら。

美しい海、海を望む露天温泉に自然を楽しむハイキング。1周12kmの小ささに魅力が詰まった東京都の島「式根島」レポート
https://bloggingfrom.tv/wp/2015/11/30/14532

式根島2泊3日の旅で、途中なんども見かけた謎の船。

DSC02094

実はこれ、気がついていなかったけど実は自分達が乗る帰りの船だったのでした。あまりに日本離れした外観だったのでてっきり海外の船だと思ってたよ……。

橘丸ご案内
http://www.tachibanamaru.com/

帰路につく前日にこの船に乗ることを遅まきながら知り、これだけの豪華客船だしせっかくの機会なので……、ということで、当初予定していた一番安い二等船室から特等にスペックアップ。運賃は2等の5,740円に対して特等は16,090円と1万円以上高いのですが、結論からいうとそれだけ出しても満足なくらい素晴らしい船の旅でした。

なお、橘丸のルートは、東京を22時に出て式根島へ翌日9時に着く往路と、式根島を11時25分に出て東京に19時頃着く往路という1通りしかありません。また、乗船時間は7時間以上もあるため、早さを優先するなら船やジェットフォイルなど他の手段がおすすめです。冒頭のまとめエントリーに往路と復路の情報もまとめているのでそちらもご参照下さい。

橘丸の乗船は島の北東にある野伏港から。港の前にある待合所でチケットを購入します。

IMG_20151123_111405

こちらが待合所の中。時間が無くて行けなかったのですが階段上がると上から海を眺められるっぽい。

IMG_20151123_110713

窓口で二等から特等への変更を願いでたところ、無事部屋の空きがあったとのことで特等への変更に成功。

IMG_20151123_110745

外に出てみるとたくさんの人。島の人もこの船に乗って新島へ向かうのだとか。

IMG_20151123_112028

しかし何度見ても北欧の船にしか見えない……。ちなみにこれが東海汽船のロゴマークだそうで。

IMG_20151123_112426

中に入るとそこにはエレベーター。エレベーターついている船なんて初めて乗った! しかし残念ながら海上不良のため今回はエレベーターに乗れず。

IMG_20151123_121552

特等エリアは最上階、自動ドアの中にあります。

IMG_20151123_123110

自動ドアの中までは誰でも入れるけれど、その先の部屋は鍵がないと入れません。

IMG_20151123_121221

そしてこちらが特等の部屋を開けるルームキー。

IMG_20151123_114257

中に入るとまるでホテルのような風景が。これ、ほんとに船なんですか……!

IMG_20151123_112659

枕元だけ見るとほんとにホテルの1室にしか見えない。

IMG_20151123_112713

窓際には外を眺められるソファーとテーブル。

IMG_20151123_112709

そして壁には液晶テレビ!

IMG_20151123_112720

トイレはウォシュレット!

IMG_20151123_112740

カーテンを開けると外の様子も一望できます。

IMG_20151123_113005

壁の下にはコンセントも。こんなに海の上で電気つかっていいんだろうかと不安になるくらいコンセントも充実しています。

IMG_20151123_113512

さらに冷蔵庫やポット、浴衣まで揃っているアメニティの充実っぷり。これほんとにすごいな……。

IMG_20151123_140053

お土産に買った揚げパンをたべながら出発!

IMG_20151123_113620

特等の外はすぐ甲板に出られるようになっています。

IMG_20151123_121334

1つ下にはいすやテーブルに座れるエリアも。

IMG_20151123_122927

せっかくなので行ける範囲で他の部屋もチェック。こちらが一番安い二等船室です。ちゃんと1人分の場所が確保されているので場所の取り合いもないし、上に荷物がしまえるのもいい感じ。安さメインで二等でも十分快適そう。

IMG_20151123_122415

こちらは1つランクが上がった特二等。ただし完全個室になってしまうので、同行者がいる場合は話にくいかも。完全に寝ることメインの部屋ですね。

IMG_20151123_122507

これより上のランクは入室対象外だったので見られませんでしたが、サイトに写真があるのでご覧下さい。人数多いなら特一等の和室とかを選ぶのもよさそう。

大型客船|伊豆七島へ行く船旅・ツアー/東海汽船株式会社
http://www.tokaikisen.co.jp/shipinfo/largeship/

設備も充実、メイクルームや授乳室もあります。

IMG_20151123_122344

女性専用シャワー室まで!

IMG_20151123_122314

この船をデザインした柳原良平さんのイラストも。柳原良平と言えばトリスウィスキーのキャラなんかが有名ですかね。

IMG_20151123_121546

現在の運行情報は液晶モニターで確認することもできます。

IMG_20151123_121628

船内にはレストランも! ただし営業時間が決まっているので注意です。

IMG_20151123_121642

室内は明るく開放的な作り。ほんとに海の上であることを感じさせません。

IMG_20151123_133519

生ビールで乾杯! 海の上で飲むビールは格別ですなー!

IMG_20151123_133502

一方のご飯は普通すぎるほど普通。橘丸の名を冠した橘ラーメンは、サービスエリアで出るような普通にシンプル過ぎるラーメンでした。

IMG_20151123_133745

オムライスも同様のクオリティ。まあそこは海の上ですしね……。

IMG_20151123_133813

海が荒れているときのためか、椅子はすべてチェーンでロックされていました。

IMG_20151123_133846

フード類はカップラーメンも充実。正直ごはんはこっちでいいかもね……。

IMG_20151123_133608

昔懐かしなホットメニューも完備。

IMG_20151123_133600

船内の散歩や食事を終えて、豪華な特等のベッドでぐっすり眠ったら船はいつしかレインボーブリッジへ。

IMG_20151123_183750

レインボーブリッジの真下を通過!

IMG_20151123_183814

帰ってきたよ東京!

IMG_20151123_183923

コースとしては7時間近くかかりますが、二等なら6000円程度の料金で、さらに特等なら快適な船の旅が楽しめる。ルート的に東京から行く場合は夜出発で朝到着、式根島から帰る時は朝出発で夜到着、という1通りしかないので、うまく時間があうようならお勧め。

特等も東京から大阪へグリーン車に乗ったと考えれば値段的には大差ないし、7時間もの長時間を快適に過ごすということを考えるとコストパフォーマンスも高い。帰り道の疲れを取るためにも、時間があるなら特等でゆっくりのんびり帰る旅がお勧めです。

今回のレポートそのほかの記事一覧はこちら。

海に面した露天温泉が3種類も楽しめる式根島の温泉めぐり
https://bloggingfrom.tv/wp/2015/12/01/14509

自然あふれる山中の散策後は温泉で汗を流す。式根島の島半分を巡るハイキングコース
https://bloggingfrom.tv/wp/2015/12/01/14507

プライベートビーチ感あふれる式根島の素敵な海水浴場たち
https://bloggingfrom.tv/wp/2015/12/06/14529

揚げパン、お弁当、あしたばメニュー。式根島を代表するグルメメニュー
https://bloggingfrom.tv/wp/2015/12/06/14522

低空飛行で景色を楽しめる式根島への「調布飛行場」ルート。新島も滞在できてオトク
https://bloggingfrom.tv/wp/2015/12/05/14514

美しい海、海を望む露天温泉に自然を楽しむハイキング。1周12kmの小ささに魅力が詰まった東京都の島「式根島」レポート
https://bloggingfrom.tv/wp/2015/11/30/14532

式根島を含む今回のレポート一覧はこちら。

tokyo reporter 島旅 & 山旅
http://tokyoreporter.jp/


コメントを残す