生き物みたいに動く球体型ラジコンロボット「BB-8」がかわいくてすごい


まずはこちらの動画をご覧ください。生き物みたいだろう、これ、ラジコンなんだぜ・・・・・・。

このラジコンは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで操作できる「BB-8」という名前のロボットで、12月に公開予定のスター・ウォーズ最新作に登場予定のロボットです。4〜6部作ではR2-D2やC-3POがロボットのマスコットキャラとして人気を博していましたが、BB-8も位置付けとしてはそこに近い模様。しかし1〜3部のジャー・ジャー・ビンクスはひどかったねあれ・・・・・・。

BB-8自体は予告が公開された時から球体の形状に注目が集まっており、さらに映画のイベントで実物が公開されたことでさらに人気沸騰。イベントの模様はこちらの動画から見ることができます。

予告見たときからこのロボットは果たしてどんな仕組みなんだろうと興味津々だったところに、突如としてこのBB-8がラジコンとして発売されるという情報が。

スター・ウォーズの転がる新ドロイド BB-8、本物そっくりのトイで発売。開発はもちろんSphero – Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2015/09/03/bb-8-sphero/

しかしニュースサイトでは米国ドルの価格しか表記されておらず、「ああアメリカじゃないと買えないのか・・・・・・」と意気消沈していたところ、ヨドバシカメラでも買えるという情報を聞きつけ、勢いでさくっと購入してしまいました。

こちらが本体一式。BB-8の下にあるのは充電クレードルです。

気になってた頭の仕組みはマグネットでくっつくだけという非常にシンプルな仕組みで、「なるほどこうなってたのか!」とむしろ感動。実際にBB-8を動かすと胴体の中のマグネットがいい塩梅に動いて頭の位置をコントロールしてくれます。

もともとこのBB-8は、劇中に出てくるロボットを含めて開発をShperoが手がけており、仕組みとしてもSheroの球体ロボットがベースになっている模様。しかし頭の部分をマグネットで制御するというのはうまく考えたなー。

Sphero Japan |
http://www.sphero.jp/

仕組みが気になる! という人はすでに分解動画も上がっているのでこちらもご覧ください。

クレードルもこっていてなんと無接点充電。BB-8をポンと乗せるだけで充電完了という手軽さ。

クレードルの接続ケーブルもMicro USBと汎用的なので、自宅のスマートフォン充電用ケーブルをそのまま利用できる。

設定もおそろしく簡単で、インストールしたアプリをBB-8に近づけるだけ。なお、アプリはiOSもAndroidも対応していますが、どちらも100MB以上あるのでご注意。1アプリでネオジオ並みの容量かー。

アプリを起動したスマートフォンを近づけると自動でペアリングが完了して利用可能に。このペアリングはBluetoothで行なっているようなのですが、iPhone 5sはNFCを一般向けに公開してないのでNFC経由でのペアリングはできないはず。てことはこれ、Bluetoothの信号がもっとも強いBB-8に自動で接続、とかいう仕組みなんでしょうか。BB-8がたくさんある会場だとちょっと設定大変そうだな。

アプリはいくつかモードがあって、これがメインのコントロール機能。どの機能も丁寧にチュートリアルが表示されるので操作はとてもわかりやすい。

こちらがドライブの操作画面。右はBB-8の向きをコントロールし、左で実際に操作します。

アプリ右側をタッチするとBB-8が青く光り出すので、この青く光った部分を自分に向かって向けます。このあたりお操作もチュートリアルが全部教えてくれるので心配無用。

DSC01534

実際の動作は改めてこちらをご覧ください。球体が転がってその上に顔が乗っかっているだけなのになぜか愛らしい。まるで生き物みたいで愛着がわきます。ちなみに操作音自体はスマートフォンから出ていて本体からではないのでご注意を。撮影しているカメラが操作アプリに近かったので想定外の臨場感が出せましたw

DMM.make AKIBAの癒やし系アイドルあかねくんも興味津々!

11948266_10153642910609184_1211675006_n

右側のボタンを押すとジェスチャーモードに切り替わり、BB-8にプリセットされたジェスチャーを動かせます。

これがジェスチャー。たぶん「はい」「いいえ」かな。ドライブモードでコントロールしながらこのジェスチャー混ぜるとほんとにペットみたいで楽しい。

こちらはパトロールモード。障害物を見つけながら自動運転してくれます。

パトロールモード時の様子はこちらをどうぞ。

こちらがパトロールモード時のアプリ画面。何かにぶつかったのか、スピードはどのくらいなのかをリアルタイムに表示してくれます。友達に見せびらかす時なんかはこのモードが手軽で便利。

BB-8自体もよくできているんだけど驚きは設定のしやすさ。アプリはインストールして近づけるだけでいいし充電も置くだけ。本体操作も丁寧なチュートリアルでわかりやすく、このおもてなしの充実度は感動するレベルでした。このクオリティで2万円台というのはとんでもない仕上がりだな・・・・・・。楽しみつつもいろいろ勉強になった1台でした。

てっきり海外でしか買えないと思っていたBB-8ですが、改めて調べるとヨドバシやらAmazonやらで当たり前のように購入できる模様。店頭でもさくっと買えたので気になる人は近くの家電量販店などに足を運んでみてください。


【日本正規代理店品】Sphero スター・ウォーズ エピソード7(スター・ウォーズ/フォースの覚醒) BB-8 (ドライブ / ホログラム機能) R001ROW


生き物みたいに動く球体型ラジコンロボット「BB-8」がかわいくてすごい” に1件のコメントがあります

コメントを残す