電子マネーポイント再考

なんだかいろいろ思い違いをしていた気がしてきた。

今まで自分の電子マネーの使い方は以下の通りでした。

  • メイン:DCMX(100円で1ポイント=1円)
  • Suicaポイント対応店:Suica(100円で1ポイント=1円)
  • DCMXもSuicaも使えないとき:Edy(基本200円で1ポイント=1円)

基本は常に100円で1ポイントもらえるDCMXが生活の中心で、SuicaはキオスクやエキナカじゃないとSuicaポイントつかないからなあ・・・・・・。なんて考えていたんだけど、こないだ友達から「そもそもチャージでポイントついてるからSuicaのほうがオトク」という言われて目が覚めた。そうか、支払い時にポイントつかなくても、チャージですでにポイント溜まってるからいいのか!

自分の場合、VIEWカードでモバイルSuicaにチャージしているので、サンクスチャージが適用されるんですな。

JR東日本の駅できっぷや定期券、Suicaへの入金(クレジットでのチャージ)、びゅう国内旅行商品をお買い求めいただくと、VIEWプラスで通常の3倍、1,000円につき6ポイント(15円相当分)が貯まります。

ビックカメラSuicaカード:ビューカード
http://www.jreast.co.jp/card/first/bic/index.html

すでにチャージした時点で1000円で15円相当のポイントが適用。つまり100円では1.5円だからわずかにDCMXよりポイントが高い。さらにSuicaポイント対応店だと100ポイント1円だから合計で100ポイント2.5円相当なわけですよ。実際にはサンクスチャージとSuicaポイントはポイントが違うんであくまで概算ですが。

つい支払いが楽なんでDCMX使ってたけど、これはひょっとしたらこまめにモバイルSuicaチャージしたほうがいいんじゃないかという気がしてきた。しかしそれにしても最近Edy使わなくなったなあ・・・・・・。

本や DVD 買うなら楽天よりアマゾンでしょ

ショートエントリー。

ここ半年ぐらい楽天を愛用してるんですが、アマゾンってそんなに得ですかね?
適当なカードで買えば、カードのポイントの他に楽天ポイントが付いて、2楽天ポイント=1ANAマイルになるので得してます。

本や DVD 買うならアマゾンより楽天でしょ – 俺のターン
http://d.hatena.ne.jp/kurimax/20080922/1222075092

 AmazonもEdy決済できるから、ANAマイレージクラブを設定しておけば200円で1ポイント貯まるんですよね。

Amazon.co.jp: ヘルプ?>?支払い?>?コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い?>?コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いによる支払い
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=16295791

 さらにAmazonポイントは200円で1ポイントつくから、200円ごとに1マイルと1Amazonポイントが貯まるのでポイント数の総合だけで見るとアマゾンのほうがオトクだと思います。

Amazon.co.jp: ヘルプ > 支払い > Amazonポイント
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200041560

 問題はEdy決済はおサイフケータイかEdyのカードリーダーが必要なので、おサイフケータイでEdy使いこなしている人じゃないと不便なのと、決済が二度手間になるといえばまあ面倒ではあるんですが、AmazonはPCもモバイルもカートが一緒なので、PCでポイポイ入れておいて携帯でまとめて決済すればそこまで手間ではないかな。まあここは個人の判断ですが。

 その手間と相殺では無いけれど何買っても1500円で送料無料だし、ポイントも多くつくからポイント蓄積愛好家はとりあえずAmazon+Edyの組み合わせがオススメだと思います。

ケータイでEdyが送れる「Edy to Edy」試した

 携帯電話にして以来、すっかり電子マネーライフに染まっているわてくし。先日、借りたお金を友達に返すとき、相手も電子マネリストだったのをいいことにEdy to Edyも体験してみました。

 Edy to Edyというのは、おサイフケータイのEdyならではの機能で、自分の携帯電話にチャージしたEdyを友達のEdyに送ることができるのです。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | Edy to Edy
http://www.edy.jp/howto/etoe/index.html

 手数料として送付額の1%もしくは最低53円がかかるのですが、1%だと考えると5000円くらいまでは53円の手数料でOK。銀行口座への振込に比べるとだいぶ安いかな。

 というわけでさっそく挑戦。Edyのiアプリから「サービスメニュー」を選択、「Edy to Edy」を選びます。

 送付には相手先のEdy番号が必要なので、事前にEdy番号を教えてもらってから番号を入力して送信。お金を扱うだけにパスワードも設定する必要がありますので、パスワードを別途相手に伝えておきましょう。メッセージも一緒に送れるのでここにパスワード書いてもいいんですが、それってパスワードの意味なくね? という気も。

CIMG3680

 あとは相手側にメールが届き、パスワードを入力してもらえれば相手のEdyにチャージできるという流れ。相手がEdyを頻繁に使うような人であれば便利かもしれません。ただ、現金で返してもらうのと電子マネーで返してもらうのは気分的にちょっと、というのもあると思うので人によりけりですが。

 ただネックなのは、いちいち相手のEdy番号をしらなければいけないこと。お金に関することだけにセキュアなのはわかるけど、できれば相手のメールだけで送り、認証はパスワードで、ってほうがありがたい。やってることは番号でもメールでも変わらないわけだし。

 あとはそのうちiC送信でお金を渡せるようになりたい。飲み会の幹事が他の人からiC送信でお金集めて、それをまとめて支払うという感じです。現金より手間かかっちゃうのが難点ではあるんですが、そこまで大人数でなければこなせる数だろうし、リアルでのiC送信による交換だったら手数料とりません、とかだと電子マネーの普及にも役立つんじゃないかなあと思いますが。

おサイフケータイの機種変更 Part3

F905iからF906iへのおサイフケータイ移行、やっと完全に終了しました。

おサイフケータイの移行については、NTTドコモが公式に「iCお引っこしサービス」を提供しているんですが、Webサイトを見る限りどこまで移行できてどこまでできないのかよくわからないんですよね……。

iCお引っこしサービス | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu_shopping/osaifu/about/ic/

 自分は今回手動で移行しちゃいましたが、はたしてこのiCお引っこしサービスがどのくらい役に立つのか、どなたか試してもらえるとうれしいなー(他力本願)。

 それはさておき、今回のおサイフケータイ機種変更はSO905iからF905i、そしてF905iからF906iへと2回目になるのですが、以前よりおサイフケータイ利用度が高まっているだけにいろいろ発見がありました。基本的なおサイフケータイの移行については以前のエントリをごらんいただくとして、今回は新たに気になったポイントをいくつかまとめてみます。

おサイフケータイの機種変更 – カイ士伝(下調べ編)
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/02/15/65

おサイフケータイの機種変更 Part2 – カイ士伝(実行編)
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/02/16/70

 まずはEdyですが、気をつけて欲しいのはEdyの場合、機種変更はあくまで「残高引継」だけで番号や会員登録情報を引き継げるわけではないということ。しかもEdyの場合移行には手数料105円取られてしまうので、できれば以前の機種でEdyを使い切り、新機種でまたEdyを設定したほうがいいです。移行手続きしても番号まで新しく発行されるということで、サービス始まったのが古いだけにシステムもかなり古い感じですな。

ビットワレットではEdy番号やサービス登録情報等を引き継ぐサービスはご提供しておりません。(Edyのお預けはEdy残高のみをお預かりするサービスです。)

電子マネー「Edy(エディ)」 | Q&A | おサイフケータイを機種変更した場合
http://www.edy.jp/qa/change_mobile.html

 ただここで気になるのは、Edy自体には独自ポイントはないとはいえど、Edy向けのキャンペーンはEdy番号使って応募しているので、そういったキャンペーンの当選結果発表はどうなるんでしょう。以前のEdy番号残しておけば当選したとき通知されるのかもしれないけど、それは機種変更したのに会員情報残っちゃってちょっと気持ち悪い。最近はEdy利用頻度も上がっていてam/pmのキャンペーンなんかも申し込んでいるんですが、これ全部ムダになるんですかね……。結構気になるからここは電凸してみようかな。

 モバイルSuicaとnanacoは以前と同じだったのでスムーズに移行。さらに新しく作ったiDもSuicaやnanacoと同じく、旧機種で情報をアップロード→新機種でダウンロードとお手軽でした。

DCMX|ドコモのケータイクレジット
http://www.dcmx.jp/st/update/about_model_change.html

 余談ですがiDのTOPって、デモ画面の携帯電話がF906iになってるのね。しかも赤! 微妙にうれしい日本人小物ブロガー気質が発動してしまいました。

「iD」|ドコモのチャージいらずの電子マネー
http://id-credit.com/index.html

 問題だったのが会員証系列。ビックカメラとヨドバシカメラは店頭でおサイフケータイを設定したので、ヨドバシに「機種変更したんですが」と聞きに言ったら、機種変更の際は通常のポイントカードが必要とのこと。要は新規に登録する手順で新しい携帯電話にポイントカードを設定し、以前の機種のiアプリを削除するというやり方であって、おサイフケータイ間の移行はできないみたい。おサイフケータイにポイントカード設定してから「もうカードいらないや」と捨てないようにご注意くださいね。ビックカメラは平日にでも行こうと思ってますが、たぶん同じじゃないかなあ。

 ちなみに同じく会員証を設定したゲオは、仕組みとしてはヨドバシと同様「新しい携帯電話で新規に設定」なんですが、こちらは携帯電話から設定が可能な上に、「一番最後に設定したiアプリが有効になる」仕組みなのでかなりお手軽。ビックやヨドもできれば携帯電話だけで登録できるようになるといいんですけどねえ。

 と問題はありつつも移行自体は無事に完了。あとはEdyに対して新たに設定したクレジットカードが有効になるまで発生するブランクの2日間が終了すれば完璧ですね。しかしEdyのシステムは全体的に古いよなあ……。しかたないんだろうけれども。

僕の電子マネー大作戦

id:kurimaxに捧ぐ。

コンセプト

  • 基本価値は1ポイント1円程度なので無理して貯めない。ポイント欲しさに買い物の量を増やすことは避ける
  • ただしまとめ買いしたほうがポイントつく時は積極的にまとめ買い

手持ちアイテム

?

DCMX(iD):100円で1ドコモポイント(1ポイント=1円)

DCMX|ドコモのケータイクレジット
http://www.dcmx.jp/st/point/index.html

ビックカメラVIEWカード:サンクスチャージ+VIEWプラスで1,000円で6ポイント(400ポイント=1,000円、1ポイント=2.5円)

JR東日本:ビューカード>サンクスチャージ
http://www.jreast.co.jp/CARD/thankscharge/index.html

モバイルSuica:Suicaポイントクラブ対応店にて100円で1ポイント(1ポイント=1円)

JR東日本:Suicaポイントクラブ
http://www.jreast.co.jp/suicapoint/index.html

Edy(ANAマイレージクラブ):200円で1マイル、ただしam/pmは200円で2マイル(現金換算では1マイル=1円)

ANAマイレージクラブ – Edyサービスのご案内
https://www.ana.co.jp/amc/reference/edy/index.html

Edyでお得キャンペーン – am/pm
http://www.ampm.co.jp/edycampaign/index.html

nanaco:100円で1ポイント(1ポイント=約1円)

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイントを貯める
http://www.nanaco-net.jp/point/charge.html


基本ルール:もっともポイント率の高いカードを優先的に使う

?

ビックカメラVIEWカードは定期券やきっぷなどを買うときだけVIEWプラスで3倍になり、通常は1,000円で2ポイント。つまり100円単位では0.2ポイント(0.5円)のところを6ポイント(1.5円)と還元率が高いので定期券購入とチャージ専用で使う。(カード自体はモバイルSuica設定したあと使っていない)

普段はどこで使おうとも100円で1ポイントが貯まるDCMXを積極利用。携帯電話の料金をDCMXで支払うとポイント3倍。

DCMX | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu_shopping/dcmx/

SuicaはSuicaポイントクラブ対応店でのみ使う。コンビニ利用ではポイントつかないのでiD、iDだめならEdy。

Edyは基本200円で1マイルとDCMXより還元率が低いのでiD優先。am/pmは200円2ポイントだけれど、300円のときにはiDが3ポイントに対してam/pmが2ポイントとわずかに効率悪い。

nanacoは100円で1ポイントと1%還元だが、貯めたポイントをnanacoにチャージする際に1%手数料が取られるのでわずかながら1%を下回る還元率。

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイントを使う
http://www.nanaco-net.jp/point/use.html


ポイントの使い道

?

ビックカメラVIEWカード(ビューサンクスポイント):400ポイントでSuicaに1,000チャージまたはビックカメラポイント1,000ポイント

JR東日本:ビューカード>サンクスチャージ
http://www.jreast.co.jp/card/thankscharge/index.html

JR東日本:ビューカード>提携ポイント
http://www.jreast.co.jp/card/thankspoint/point.html

DCMX(ドコモポイント):1ポイント1円相当で機種変更に利用

ポイントサービス : ポイントのご利用方法 | お客様サポート | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/support/benefit/point/usage.html

モバイルSuica(Suicaポイント):1ポイント1円(100ポイントから)でSuicaにチャージ

JR東日本:Suicaポイントクラブ > ポイントを使う > Suica電子マネーに交換する
http://www.jreast.co.jp/suicapoint/use/sf.html

Edy(ANAマイレージクラブ):1万マイルでEdy1万円分。もしくは旅行券

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | Edyカード・ケータイを入手 | カードの場合
http://www.edy.jp/howto/get/index.html

nanaco(nanacoポイント):1ポイント1円(100ポイントから)でnanacoにチャージ。ただし手数料で1%が引かれる

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイント交換手数料を調べる
http://www.nanaco-net.jp/point/exchange.html

AmazonユーザーはぜひおサイフケータイでEdyを持った方がいい件

 どうもおサイフケータイは「いちいちチャージが面倒」とか「わざわざクレジットカード増やしたくない」という理由できらわれがちなんですが、Amazonであればそういう面倒さをかなり省いた上でオトクになるというお話。

 というのも、AmazonはEdyに対応しているだけでなく、ショッピングカートを携帯電話と共有できるんですよね。しかもAmazonはもともとクレジットカード決済が主流だから、Amazonユーザーはクレジットカードをたいてい持っているという前提で話を進められるわけです。

 で、シナリオとしてはこんなかんじ。

おサイフケータイでEdyのiアプリをセット
Edyのiアプリに普段使うクレジットカードを登録
ANAマイレージクラブのiアプリをダウンロード
おサイフケータイのEdy番号をANAのiアプリに登録

 ここまでが前準備。次にAmazonで実際にお買い物をしましょう。

Amazonで欲しいものをカートに登録
その金額をEdyにクレジットカードでチャージ
携帯電話でAmazonにログイン
チャージした金額を使って携帯電話のEdyで決済

 こうすると、普段クレジットカードで決済するとAmazonポイントしかたまらないところが、自動的にANAのマイルが200円で1ポイントたまります。200円で1ポイントは安いように見えて、Amazonの買い物が多い人には1年を通じて考えれば結構な額ですし、なによりもともとクレジットカードを使う決済が主流なAmazonだけに、最初のiアプリさえ設定してしまえばたいした手間をかけることなくマイルがたまるのも便利ではないでしょうか。つか自分としてはもう必ずEdyで買うな。

 問題点としてはEdyには1回で25,000円、最大で50,000円という上限があるのですが、数千円の買い物だったら多少は便利なはず。おサイフケータイに興味があるけどいまいち使いどころがわからない、という人でも、普段使い慣れているAmazonでトクできるならちょっとはやる気が起きるかも。

 さらにせっかくですから、Edyにチャージするクレジットカードでもポイントを貯めたい、という欲張りな設定で探してみたところ、どうもドコモのDCMXならEdyチャージでポイントつくっぽい。ただここはまだ確定情報ではないんですけどね。

 今手持ちのクレジットカードは今年で期限が切れるセゾンカード(VISA)と、こないだモバイルSuica用に作ったビックカメラVIEWカード(JCB)だけ。JCBは海外旅行に不安だからやっぱりVISAも持っていたいんだけど、セゾンは年会費が無料なぶんポイントがいまいちなんですよね。なのでここはせっかくドコモのケータイにしたこともあり、DCMXでおサイフケータイクレジットも試してみたいと思い、DCMXにも加入してみようかなと思います。たぶんauとソフトバンクに行くことはなさそうだしね。

おサイフケータイの機種変更 Part2

先日まとめたおサイフケータイの機種変更、さっそくSO905iからF905iで実践してみました。

カイ士伝 ? Blog Archive ? おサイフケータイの機種変更
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/02/15/65

まずは定期券が設定されているモバイルSuicaですが、これが一番簡単。iアプリからモバイルSuicaを起動して「会員メニュー」でログイン。あとは機種変更を項目から選ぶだけです。設定が終わったら新しい端末で新たにモバイルSuicaのiアプリをダウンロードし、同じく会員メニューから機種変更を選択し、携帯電話のメールアドレスとモバイルSuicaのパスワードを入力すれば無事にモバイルSuicaを移行できました。

nanacoモバイルも手続きはほぼ一緒ですが、違うのは前の機種で設定が終わると、引き継ぎ用の番号が表示されること。この番号をメモっておいて、次の機種でnanacoモバイルのiアプリをダウンロードし、番号を入力すればOKです。ちなみに番号を忘れても、前の機種にSIMを差し替えてnanacoモバイルのiアプリを起動すると同じ番号が表示されるので一安心。

そして手数料が取られてしまう懸案のEdyでしたが、机上の空論で予想していた通り、Edy to Edyでも引き継げました。この場合、新機種で先にEdyのアプリをダウンロードして設定を行ない、Edy番号を取得。今度はSIMを差し替えて前の機種から新機種のEdyに送ってあげれば無事移行できました。

Edy to Edy
Edy to Edy posted by (C)カイ士伝

なお、Edy to Edyの場合は手数料が最低53円から発生するのですが、その手数料を自動で差し引いてくれるような機能はありません。なのでまずは残ったEdy全部を入力し、必要な手数料が表示されたらそれを引いた差額を自分で計算する必要ありです。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | Edy to Edy
http://www.edy.jp/howto/etoe/index.html

手数料は送付額の1%で最低53円から。そしてモバイルEdyの引き継ぎは105円なので、Edy to Edyでお得になるのは残額が1万円以下の時だけですからお気をつけて。しかし自分のお金なのに機種変更で持ってかれるのは納得いかないよなあ……。電子マネーってこのあたりもうちょいなんとかならんものか。

FOMA F905i徹底レビューまとめサイト【ケータイ会議 sponsored by 富士通】

おサイフケータイの機種変更

先ほどのエントリの続き。

おサイフケータイについてこないだ知人と話していた時のこと。お互いおサイフケータイ同士で「やっぱおサイフケータイいいよねー」なんて語ってたんですが、私のは最新機種のSO905iなのに対して相手のは一昔前のモデル。「そろそろ機種変更しないの?」と聞いたところ「おサイフケータイの機種変更がめんどそうで」と回答が返ってきました。

たしかにお金からむだけにちょっとめんどいよねーと思い、これまた興味本位でいろいろ調べた結果をこのエントリでまとめてみます。このエントリがあの人の機種変更に少しでも役立ちますように。

ひとまず調べたのは私が愛用しているEdy、nanaco、モバイルSuicaの範囲内ですが、いずれも機種変更前の端末で残高をいったん預け、新機種で受け取るというシステムです。ただ、カードごとにそれぞれ細かな挙動が違っていてなかなかに興味深い。

まずはEdyですが、機種変更でカードを移す時に105円の手数料が取られます。自分のお金なのにひどいよ! やっぱり電子マネーの先行者だけにシステムも少し古いのかなとか懸念してしまいます。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | 機種変更・故障の場合 | 機種変更する場合
http://www.edy.jp/howto/exchange/index.html

しかしEdyには、友達にEdyを送れる「Edy to Edy」という機能があり、こちらは手数料が1%で済みます。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | Edy to Edy
http://www.edy.jp/howto/etoe/index.html

Edyはnanacoと違ってポイントシステムがないので、割り切って新しいEdy番号を取得し、そこにギフトで送っちゃうというのも手なのかも。1%の手数料ということは、1万円以下の残高だったらEdy to Edyの方が安いですからね。ただ、Edy番号が違えども同じ携帯電話にギフトとして送れるのかは未検証ですが。

同じカード型でもnanacoはポイント制度があるので番号変えると損しますが、こちらは無料で引き継ぎが可能。しかも機種変更前の端末で引き継ぎ操作をしなかった場合、Edyは「前の機種の残高そのままつかってね」、紛失した場合は「残高は知りません」というかなり冷たい仕様で、水没や故障などの時だけ引き継いでくれる仕様です。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Q&A | おサイフケータイが故障した場合
http://www.edy.jp/qa/accident.html#6

これに対してnanacoは紛失でも引き継いでくれるし、万一変更前の端末で引き継ぎしなかった場合でも「お問い合わせください」とあるので窓口対応してくれる模様。後発だけにこのあたりは充実してますね。

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : 不具合・紛失・盗難について
http://www.nanaco-net.jp/inquiry/rescue.html

モバイルSuicaも引き継ぎは問題ありませんが、同様に機種変更前の端末で操作が必要なのでご注意。また、私はまだつかってませんがDCMXも同様の設定で機種変更できるみたいです。

JR東日本:モバイルSuica>よくあるご質問>機種変更・携帯電話会社の変更など
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/faq/faq_change.html

DCMX|ドコモのケータイクレジット
http://www.dcmx.jp/st/update/about_model_change.html

全体的に前端末での引き継ぎが前提のようですが、ビックカメラやヨドバシカメラのポイントなんかは店頭対応らしく、すべてが電話機でできる訳ではない模様。ただ、ドコモの場合は自分の手でのSIM差し替えに対応しているので、機種変更前の端末も回線を使えるから「ああ、前の機種で設定忘れた!」といってもそこまで大きな問題はなさそう。

また、ドコモだとiCカードの情報を自動で移してくれる「iCお引っこしサービス」を提供しています。

iCお引っこしサービス | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu_shopping/osaifu/ic/

どのサービスがどこまで対応しているのかがサイトだとよくわからないんだけど、こういうサービスつかうのもいいかもですね。

おサイフケータイのススメ

ゲームばっかと思ったら今度はケータイばっかと偏りまくりのブログですが、ウィルコム時代にどうしても欲しかったのがおサイフケータイ。元々ICカードの電子マネーは結構つかっていたんですが、残高こまめに見られないのが辛かった。おサイフケータイならちょっと時間はかかるけど残高チェックできるし、何よりたくさんカードを持ち歩かずに携帯だけにできるのが便利。

おサイフケータイ | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu_shopping/osaifu/index.html

そんなおサイフケータイですが、新規ならいざしらず元々カードを持っていた人の引き継ぎはいろいろ面倒。サービス会社ごとにいろいろ対応ちがって調べるのも一苦労だったので、せっかくなのでここでまとめておきます。

ちなみに私が元々持っていたのはこのカード。

  • ANAマイレージクラブのEdy
  • nanano
  • 定期券付きSuica

東京都心で済んでる人なら、SuicaかPASMOかの差はあれど、これがメジャーどころかな。iDやDCMXは携帯持つまではそもそも使えないし、WAONとかはスーパー通う人でないとそこまでメリットないだろうし。

まずはEdyとnanacoですが、カード型はおサイフケータイに引き継げません。どっちも使い切ってから切り替えてください方式です。ただ、Edyはともかくnanacoはポイントが貯まるシステムなので、どんなにつかってもちょっとだけポイントが貯まっちゃうので、完全使い切りは難しいかも。

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイントの貯め方/使い方
http://www.nanaco-net.jp/point/index.html

また、EdyとANAのマイルは連携させることで、Edy200円ごとにマイル貯められるのですが、ANAマイレージクラブのようにEdyが一体化している場合どうやって切り替えるのか謎でした。

ANAマイレージクラブ−ANAマイレージクラブとは
http://www.ana.co.jp/amc/promo/card.html

しかし実は仕組みはすごい簡単。ANAマイレージクラブにはEdy番号を1つだけ登録できるんですが、そのEdy番号自体は変更してもよく、つねにANAマイレージクラブに1つだけEdyの番号が登録できてればいい。Edyが一体化しているANAマイレージクラブのカードであっても、そのEdyカードの番号は代替が聞くんですね。なのでおサイフケータイで新しく取ったEdy番号をANAマイレージクラブに登録しなおすだけでOK。ここはかなり簡単です。

ANAマイレージクラブ – おサイフケータイRを機種変更されたお客様へ
http://www.ana.co.jp/amc/reference/kishuhen_osaifukeitai/index.html

唯一残高を引き継げるのがSuicaですが、こちらは残高を確定させるために引き継ぎの1日だけSuicaが使えません。定期は切り替えた時点で使えるんですが、チャージ分が使えないので、切り替えたその日に乗り越し清算する場合は窓口対応になりますのでお気をつけて。次の日になると会員情報から前日確定したチャージを引き継げますよ。

JR東日本:モバイルSuica>Suica定期券を切り替えよう
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/member/switch/index.html

しかしここで問題となるのはおサイフケータイでの登録方法。というのもEdyとnanacoはおサイフケータイから無料で新規に作れますが、モバイルSuicaだけはクレジットカードの登録必須だからです。

しかもクレジットカードはVIEWカード以外だと年会費1,000円がモバイルSuicaのためだけに取られます。今はキャンペーンで無料らしいですが、今後つかい続けること考えるとモバイルSuicaのためだけに年会費払うのはあまりにばかばかしい。

さらにモバイルSuicaをVIEWカードで登録すると、JRの商品を購入したときにもらえる「サンクスチャージ」というポイントが3倍になる赤い彗星効果特典つき。これは定期券も対象になるので、会社の定期とかを買うときにもれなくポイント化されるのはかなりオトクです。

JR東日本:ビューカード>サンクスチャージ
http://www.jreast.co.jp/CARD/thankscharge/index.html

そんなおとくなVIEWカードですが、おすすめはビックカメラのVIEWカード。というのもモバイルSuicaの年会費避けるためにVIEWカードにするというのに、VIEWカードのラインナップに年会費がついてるのばっかなんですよ……。ほんとJRのラインナップはひどすぎる。

JR東日本:ビューカード>ビューカードのラインナップ
http://www.jreast.co.jp/card/first/lineup.html

その中でもビックカメラは、1年に1度でもつかえば年会費がつかないシステム。おサイフケータイで登録する以上、チャージで必ず月1回はつかうのでこの条件は自動でクリア。しかも前述のサンクスチャージをビックカメラのポイントに還元してビックカメラでお買い物できるのです。

JR東日本:ビューカード>ビックカメラSuicaカード
http://www.jreast.co.jp/CARD/first/bic.html

変換率はビューサンクス400ポイントでビックカメラ1000ポイント。ビューサンクスカードの貯まり方は1,000円で2ポイントで、私の定期券は月21,000円くらいなので、3倍効果をつかって計算すると月に122ポイント。定期だけ買ってても3ヶ月ちょっとで400ポイントいきますし、実際にはクレジットで買い物もするからもっと早く達成できそう。

ビックカメラのVIEWカードが残念なのはVISAに対応していなくてJCBだけなんですが、それはもう別に1枚持つしかないかな。モバイルSuica専用のカードと割り切ります。ちなみにビックカメラのVIEWカードだとビックカメラでクレジット購入しても現金と同じポイントが還元されるのでお得ですよ。発行も手軽で、店頭なら30分ですぐ利用できる仮カード発行してくれます(審査に通れば、ですが……)。仮カードもモバイルSuica使えるので、すぐにでもモバイルSuicaつかいたい人にお勧め。

しかし残念なのはビックカメラにもSuica機能がついているのに、これは実質無駄になってしまうこと。しかもビックカメラVIEWカードのSuicaはオートチャージ対応なのに、モバイルSuicaはオートチャージ非対応というこの事実。せっかくクレジットカード設定しているのに、毎回手動で携帯電話からチャージするのってなんかばかばかしくない? 対応カードの狭さとかシステムの不便さとか考えると、そりゃ普及に時間かかるのも納得だなと思いました。

ほんとは機種変更のお話もしようとおもったんですが、ちょっと長くなってるのでそれはまたエントリ改めて。