WordCamp Fukuoka 2011取って出しレポート


Facebook垢BANにもめげず淡々とやるよ!

長くて続きを読むに入れろって言われたからさくっとやるよ!

基調講演
マクラケン直子

DSC_0506

ハピネスエンジニア

WordPressを広める人

DSC_0510

DSC_0511

WordPressって?
会場にWordPress1年以内の人いますか?
申し込みの時にそういう人が多そうだったので
今回は基本的な話

WordPressは2種類

WordPress.org

DSC_0512


2003年にプロジェクト開始
世界中の貢献者による開発
B2というオープンのブログソフト
それを開発を重ねてWordPressという形にして普及させていった
今では世界No.1のブログツール
非営利団体のFoundationによるバックアップ

もう1つがレンタルブログサービス
WordPress.com

DSC_0514

これも世界第2位
1位はBlogger.com
基本的にはWordPress.orgと一緒
2005年にオープン
今では1700万ブログ
こっちはAutomatticが運営する営利団体

USトラフィックは20位

DSC_0515

WordPressの3.xダウンロード回数は
3357万回
2.9の時は1030万回くらい
すでに3倍に伸びている
1つのバージョンが上がるたびにダウンロード数が伸びている
成長している

DSC_0516

WordPressを使ったサイトは世界のインターネット中8.5パーセント

DSC_0517
ドメインで調査しているらしい
2位は1%、かなりの開き
去年の4月なのでもっと伸びているかも

3.0の貢献者
218人がリリースに協力
プラグインは13147
テーマは1323

DSC_0518


どちらも公式サイトの配布数、他で配布されているのはもっとある
今までのWordCampは156回
いつもどこかでWordCampが開かれている
WordCampは最初は年に数回
今では毎週のように開催
開催はみんなボランティアのおかげ
ボランティアでこれだけ大きなイベントができているが大事な要素

DSC_0520

なぜみんなそうなのか
WordPressはみんなのもの
みんなで育てるコミュニティ
Automatticでも創始者のものでもないということを徹底的に共有

WordPressの賞状
みんなのものだよという意味のジョーク
WordPressにとってもっとも大事な3人のうちの1人、それはあなたですという内容
マットは会う人みんなに渡してる

DSC_0521

事例紹介

暮らしの手帖

elle girl
世界展開しているサイトを日本にも

ロイター
こちらも世界展開

アドバタイムズ

TechCrunch

ハチヨンイズム

オープンラボ

DSC_0527DSC_0526
DSC_0524DSC_0525
DSC_0528DSC_0529


WordPressはパブリッシングツール

名前はいろいろある
ブログでもCMSでも
呼び方は何でもいい
ひとつわかりやすい例としてパブリッシングツールと使った
それは手書きでHTMLを書いたりしているよりも柔軟性がある
WordPressにコンテンツを入れればモバイル対応もフィードも他のそーしゃるサービスとも連携
だれでもコンテンツを公開できる
プラグインでカスタマイズも
それがWordPressの強み
世界のユーザーの技術を共有できる
共有してコミュニティの中で作っていくことが強みになる

WordPress 3.1がもうすぐ公開、とのうわさ
標準投稿フォーマット
複数タクソノミーなど

WordCamp Fukuokaのサイト
サイトもある、TwitterともFacebookとも連携
WordPressがあるおかげで外部コンテンツを取り込み、RSSでフィードしたり
モバイル連携やソーシャル連携もできる

DSC_0534

Facebookとかmixiでやればいいという声
自分のコンテンツを持っていろいろなところで配信するほうが
10年20年サイトを続けていくために大事

DSC_0535
コンテンツやフィードバック、コミュニティを自分で保有する
WordPressがどうなるの? という心配もあるかもだけど
これだけファンがいるから続くはず

WordPressに日本公式キャラクター
名前はこれから募集する

DSC_0537

DSC_0538

キャラクターについてはMozillaに相談
オープンソースのキャラクターはずっとお付き合いできる人がいいよということで作成をお願い
デザインを一般公募するより名前募集がいいのじゃないかと
キャラクターについて詳しくはWordPressのサイトで
データもちゃんと公開します

■中教室
三好さん

Anthologizeで電子書籍を作ろう

自己紹介
福岡在住。フリーランスで開発
WordPressではContact Form 7
今年からめ組のメンバーに

DSC_0540

電子書籍ってどんなものなの?
デモを交えて
本人も手探りなのでよろしくお願いします
自分自身も興味を持って試しているところ
こういうことやっちゃいけないという参考になればいいかな

そもそも電子書籍とはなんぞや
よくわかりにくい
iPadみたいなタブレット機が出てきて盛り上がったけれど
昔から研究開発されている分野
本という媒体がいろいろ電子化されていくよ
技術的な仕様が多岐にわたっている
ファイル形式やデータフォーマットなどもいっぱいある

DSC_0542

2つにわけるなら特定のベンダー、企業に従わない標準な仕様
EPUBやPDFなど
それとは別にベンダー独自のもの、Amazonのkindleとか

最近注目のEPUB
インターナショナルデジタルパブリッシングフォーラムという団体が策定
バージョン2.0.1が最新、201年5月

DSC_0543

Anthologizeとは

DSC_0544


WordPressのプラグイン
Goerge Mason大学のプロジェクト
One Week One Toolで作られた
2010年8月にリリース
現在は0.5のアルファバージョン
そんなに完成度は高くない
見てすごいなというものではない

WordPressで書いたものを電子書籍に
出た時は話題になった
あまり動きがないのでやきもきしている

Contact Form 7
マニュアルを日本語と英語で書いている
40ページくらいある
マニュアルを手元にほしいという声
PDFでもいいけどせっかくなのでEPUBでやったらおもしろいのでは

章作ってドラッグアンドドロップでエクスポート

DSC_0549

DSC_0548
著作権情報も入れられる
PDF、EPUB、HTMLなどで出力

DSC_0550

MacではStanzaというソフトでEPUB読める
日本語が化ける
解決策はまだ見つけておりません

DSC_0552

完成度はまだ低い

なぜ電子書籍化しなければいけないのか

1つのソースからいろんな媒体に展開
ワンソースマルチユース
そういうツールとして据えるべきでは

DSC_0553

電子書籍といっても専用コンテンツを作るわけではない
既存のコンテンツを対応していく
それならWordPressは大変な財産
DSC_0554

でもAnthologizeはまだ課題
でもそういうのは魅力あるだろう
技術的な課題があるということはこれから作れるという大チャンス
挑戦したい人は挑戦してみてください

DSC_0555

■WordPressのプラグインを公開してみて -確認画面付きの問い合わせフォームプラグイン作りました
堀家隆宏さん

あれ? 問い合わせのプラグイン???
ってみんな思うでしょうね
三好さんにも初めてのあいさつでどきどき
三好さんにDisられないようがんばりたい

10月に公開していろいろ反響いただいた
テーマとかプラグインを公開することの魅力みたいなものが伝われば

自己紹介
神戸デジタル・ラボ在籍
社会人3年目

プレゼン資料はこちら

inquiry-form-creatorのご紹介
http://horike.lolipop.jp/fukuoka/show/#p0

作ったきっかけ
WordPressでフォームのプラグイン探したが、確認画面やデータベースを同時にサポートしているものがない
三好さんも確認画面やらないって言ってる

デモ

DSC_0562DSC_0560
DSC_0564DSC_0561
DSC_0561


今後の予定

住所フォームや生年月日
デザイン面の機能拡張
HMLT5とか

公開してみて
1週間で使ってもらってるサイトを確認
1か月でブログやメールから感謝のメッセージ
2か月でWordPants第2号に乗せてもらえた
公開5カ月目で三好さんにも会えてスピーカーできてうれしい

フリーソフトだとプロモーション難しい

WordPressはユーザーが多い世界のサイトの約8.5%はWordPress
公式リポジトリやコミュニティもある

WordPressのカスタマイズやデザインっていうのも実はプラグインを作っているようなもの
ぜひ仕事とかで使われる際はプラグイン化してみたり、テーマの公開を念頭においてみると可能性が広がるのでは

WordPressの未来
CMSという枠組みを超えてプラットフォームに進化
そういうプラットフォームを育てるのは世界中の開発者
TwitterやFacebookって土台があって開発者向けのインターフェイスもある
世界中から有志でいいソフトにしている

■WordPressテーマのつくりかた -WordCampFukuoka2011の場合
山口有由希さん

テーマ決定からデザイン・コーディングまで

DSC_0574
キャッチコピーを考えてデザインを起こす
今回は「Publich」
本や鉛筆を使ってPublishをイメージさせるように

DSC_0571

テーマ化するコーディングのポイント

テーマ名を決めてディレクトリを作り、そこにファイルを入れていく
CSS、js、imagesというフォルダも置いて後でここで管理

DSC_0575

CSSはトップディレクトリを読み込み
そのほかのCSSは@importで読み込むと作業が楽に

DSC_0577

テーマ化
ディレクトリにそのままコピー

DSC_0578
そのままではテーマとして認識されない
テーマ名やテーマの説明が必要

スクリーンショットを作る
300×255
ファイル名はscreenshot.png

DSC_0580

パスの修正
変数を使って絶対パスで指定する

DSC_0581

必要最低限のコードをhead内とbody終了直前に入れる

DSC_0582

テンプレートタグ

DSC_0583
サイトにはびっくりするくらい長く紹介されているので
よく使うタグの紹介

DSC_0584

DSC_0585

DSC_0586

the_dateとthe_timeは気をつけて
the_dateは複数記事を1日に書いた時に最新のものにしか日付がつかない
the_timeなら各記事に出る

DSC_0587

あとはテーマを適用

さらに他へ展開するためにパーツに分解

それぞれのページを作る
index.phpをコピーして必要な要素を作っていく
スラッグ使えばページごとのデザインもできる

パーマリンクも設定
デフォルトは/?=xxxとなる
これもいろいろ設定できる

WordPressをもっと便利に
アイキャッチ画像
function.phpで指定するだけ

みんなでやるの楽しいよ
ぜひ来年はスタッフに

■電子書籍による個人出版時代とパブー
吉田健吾さん

DSC_0610

ペパボとは
もともと福岡で創業
いまは福岡に支社
企業理念は「もっとおもしろくできる」

レンタルサーバー、ドメイン、ショッピングカート、ブログがメインのビジネス

DSC_0609

個人の自己表現を支援するサービス
ECも個人の表現
手作りのアクセサリー売ってる人もいる

ブクログのパブーが生まれるまで
2010年6月リリース
その経緯

もともとはWeb本棚サービスのブクログ
Amazonにある本を並べることができる
読んだ本の読書記録だったり、蔵書管理だったり
オススメの本を紹介したり

DSC_0612

ブクログは一昨年秋から事業として本格展開
個人サービスとして生まれたがユーザーが増えて
個人運営ではなく会社で引き受け

ビジネスモデルは書籍のプロモーション
インターネット上で紙の書籍のプロモーションの場所や手法があまりうまく機能していない
出版社の人に話を聞くと実際の書店で平積みで置いてもらえるかどうか
インターネット上ではなかなか読者へ本をプロモーションする場所も手法もない
ブクログもそうやって使ってもらおう

もう1つの理由
自分が本を使うときのことを考えると
有名な人とかTwitterでフォローしている人が
こんな本読んだ、こんな本を書いたというのを見て買うことが多い
今も本屋に行って見つけるの好きだけど、もう半々かも
今だったら7割はネットで見て気に入って買ってる
人がお勧めする本を買うというのはとてもよい

社内のプレゼン大会で優勝したアイディア
Web上で漫画の公開・共有をするサービス
当時ある漫画家と出版社がもめているのが話題になったり
pixivなんかで海外からのアクセスが増えているなどの話も
世界に向けてやりたい

世の中の流れ
電子書籍が話題に上るように
特に出版業界
エポックメイキングだったのはkindle storeとAmazon Digital Text Platform
ADTPは一般のユーザーに開かれたサービス、Wordなどでアップすると電子書籍にできる
誰でも本をだせる

試しにkindleで本を出してみた
社内で漫画を描いている人にもらって公開
通信料が含まれているので無料にできないので4ドル、数日で公開
だれでも出版者になれると実感

DSC_0617

われわれのブクログは読み手
jugemというブログには書き手
プレゼンや世の中の流れ、それを総合して新サービスの構想に

DSC_0618

コンセプト
ブログサービスをやっているので
ブログのように簡単に作れたら
iPadやiPhoneで読めたら
やっぱり販売もしたい

DSC_0620

その3つを満たすプラットフォーム

パブーはパブリッシュからパブー
赤ちゃんの泣き声っぽいので「新しいものを生まれる」意味もこじつけで含めている

Web版とPDF版とePub版が出せる
Webがないと検索されない、Web版大事

DSC_0624

電子書籍とは

アトム「物質」からビット「情報」へという言葉
書籍が電子化される
プレーヤーやサプライチェーンの構造にも変化が起きる

電子書籍の話だとコストや流通のことばかり注目される
プロモーションの話が抜けている

電子書籍はそれ以外もできる
企画や執筆、編集、デザインはコラボレーションが起きる
インターネット化することで遠隔地でコラボレーションできる

購入からシェアはインターネット化でソーシャルリーディングにつながる

DSC_0629

われわれは電子書籍をWebサービスと解釈

抜け落ちがちな電子書籍のプロモーションについて
出版と販売は全然別の話
今までは出版社が販売もやってくれていた

kindleで本を出した話
1年で4冊しか売れていない、しかも全部社員
出すだけでは気がつかれない、知られないと買ってもらえない
誰でも本を出せる時代ではなおさら深刻な問題

紙の場合は売れそうなものが出版されている
電子書籍だとどんなものでも出せる
そこでプロモーションが最大の課題に
素人だけでなくプロでも同じこと
パブーみたいなサービスではクチコミが大事

DSC_0632

パブーはパブー本棚、ブクログと同じようなプロモーションを試す
ソーシャルメディアとも連携

DSC_0633

プロの人も売ってくれている
一番売れるのは販売開始だけでなく著者がTwitterでアピール
直接ファンを抱えていると買ってもらえる
ソーシャルメディア連携はすごく大事

現在のパブー
9200以上の作品が公開中
インディーズやアマだけでなくプロも
われわれはハイアマチュアがコアターゲットだと思っていた
佐々木俊尚さんの「旧レーションの時代」
紙よりちょっとだけ安く
佐々木さんがメディアとして活動しているので
ユーザーやファンの動きが速い

DSC_0636

うめ
東京トイボックス
幻冬舎を通じて販売

DSC_0640

ブログのノウハウとブクログのノウハウ

DSC_0641


限られた人に有用な情報というのもブログにたくさんある
特定のアレルギーをもったお子さんがいる母親のレシピ
たくさんの人が必要とするわけじゃないかもしれないけれど
それをありがたいと思って読む人がいる
ボランタリーなら問題ないけど
なんとかそこに経済的な価値をつけて、続けていけるだけの対価を出せないか
そのために売買を最初から入れた

一般の人が作るコンテンツはブログにいっぱいあった
ブクログを通じて紙の書籍のプロモーションをお手伝いしていて
本がどうやって読まれるかわかってきている
その2つのノウハウを組み合わせて
今後も運営していきたい

質疑応答
違法対策などは?

ePubなどの直接アップロードはできないようにしている
アダルトはカテゴリあるがあまり使われていない
芸能人などの素材使っているようなものはあまりないが、たまにあるときは掲載おろしたりという対応をしている

■WordPressで簡単にPodcast配信:聞くスペイン語のやり方

アレ・クレマデスさん

自己紹介
WordPressであれこれお仕事
ウェブアプリケーション開発
スペイン出身

DSC_0643

Podcast
たいていの人はiTunesで聴いている
iTunesに対応しておけばいい

DSC_0644

ただ配信するだけだと一方的
コミュニティを作る、告知も大事
ほとんどのPodcastはブログでやっている

DSC_0645

どんなPodcastを作るか
動画や音声ファイルを添付
動画は集中しないと楽しめないので短いほうが適切
聴くスペイン語は2、3分を1週間にアップ
慣れてきたけど編集は大変
これ以上は無料で無理かな

DSC_0647

音声はラジオ番組という形式を受け継いでいるものが多い
1時間くらい
30分以下のポッドキャストは珍しい
僕にとっては番組にまとめるのではなく

聴くスペイン語はほとんどのトラフィックがiTunes

DSC_0646

技術的な話

配信しやすい形式に変換してから配信するのは基本というか思いやり
音声は1つでいいが動画は携帯端末向けとHDと両方配信
MPEG streamclip

DSC_0648

動画はとりあえずYouTube
YouTubeに上げても直接ダウンロードリンクは出てこない
Podcast用にはWordPressへアップロード

Podcastポスティング
blip.tv
ポッドキャストを支援しているサイト
動画はiPod、Web(flv)生成、サムネイルも

DSC_0649

リンクするときrel属性でenclosureつけておくと配信が優先される

DSC_0650

RSSをfeedburnerで変換
ブログのRSSはiTunes Storeには受け付けてもらえない
feedburnerのスマート・キャスト機能で正しいエンクロージャを設定

DSC_0651

これでiTunesに送信できる
あとはFacebookやTwitterでプロモーション

DSC_0652


WordCamp Fukuoka 2011取って出しレポート” に4件のコメントがあります

コメントを残す