おいしいクラフトビールやお酒を禁煙で堪能できる新橋「 SHIMBASHI SL BEER HALL」

いつもおいしいクラフトビールをサーブしてくれる八重洲「Pub Edo」の名物スタッフこと茶坊主さんが新橋にお店を出すというので、プレオープンと正式オープンの2回に渡ってお酒をいただいてきました。

お店の情報はこちら。しかしぐるなびは「シムバシ」、食べログは「シンバシ」とSHIMBASHIの表記が揺れてるのはなんでなんだろうな。

SHIMBASHI SL BEER HALL – ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/gb1c700/

シンバシエスエルビアホール (SHIMBASHI SL BEER HALL)[食べログ]
http://s.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13166935/

場所は新橋駅のSL広場からすぐの地下1階。駅から徒歩3分くらいかな。

入り口から階段を降りて地下のお店に向かいます。プレオープンの日はオープンの16時から店の前に列ができる人気っぷり。

お店の内装はこんなかんじ。かなり広々として居心地はいい感じです。写真にある樽のテーブルはプレオープン時のもので、正式オープンではちゃんとした机になってすわりやすくなりました。樽のテーブルも雰囲気あってよかったですが、足元考えると面積狭くなっちゃうしね。

団体用の席もあるので6名以上でも入りやすいのも嬉しいポイント。

オリジナルのコースター。SLが右向きなのがお店の位置をちゃんと反映しててなかなか芸が細かい。

お店のおすすめクラフトビールは黒板に書かれています。この写真はプレオープンだったので値段が書いてませんが、だいたい一杯800円から1000円くらいといったところ。クラフトビールだけ考えるとちとお高めですが、新橋という場所柄を考えるとこのあたりは仕方ないところですかね。

ただ、ビールだけ見てしまうと高いと思うこの値段も、全体で通してみると割とコスパ高いです。その一つがこのお店が完全禁煙ということ。新橋という場所柄、禁煙のお店は好まれそうにない中でこれはかなり嬉しい。

タバコ吸う人には理解されにくいのですが、吸わない人からするとおいしいお酒の横でタバコ吸われるのはほんとに辛いのですよ……。仲間うちの飲み会とかならいいのですが、美味しいごはんメインで訪れたお店のカウンター隣とかでタバコが直撃するとほんとそれだけで退店したくなるレベルなので、こういう完全禁煙の店を選べるというのはほんとにありがたい。

もちろんタバコ吸いながらのお酒を否定するつもりはないですが、吸わない人にとってはこういう選択肢があるのはやっぱりありがたいのです。ちなみに店内には喫煙スペースもあるので、ちょっと席を外してタバコ吸うのもできますよ。

ちとタバコ話題が長くなりつつ、次のおすすめはスーパードライのエクストラコールドが500円で飲めること。エクストラコールドはちとお値段お高めのお店が多い中、生ビール感覚のワンコイン設定はなかなかの出血大サービス感あり。

ビールをサーブしてくれる茶坊主さんはビールの注ぎ方に一家言ある方で、以前のPub Edoでもまったく同じクラフトビールが注ぎ方でまったく味が変わるという体験を味合わせていただきました。

イベント中に行なわれたポーターの飲み比べ。まったく同じビールなのにちょっとした条件が違うだけで全然味が違って感じられるという、ビールの奥深さを体験できるイベントです。

「お麩×ビール」イベントのお麩料理でお麩の奥深さをまた1つ実感した | カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2013/12/30/11882

このお店ではクラフトビールはもちろん、いわゆる普通のビールでも注ぎ方で味が変わるということを伝えるためにエクストラコールドやアサヒスーパードライも頼むことができます。

さすがこだわりのビールだけあってエクストラコールドの泡はとってもクリーミーかつ時間が経っても泡が崩れにくい。最初の一杯ならこのエクストラコールドで注ぎ方を堪能するのもよさげです。

そしてさらに嬉しいのが、フードメニューが比較的安価に設定されていること。ほとんどのメニューが300円から500円くらいでボリュームもしっかり。高めの燻製盛り合わせもハーフで注文できたりと、食べ物も合わせて考えると一気にこすはが高まります。

というわけでフードのご紹介。こちらはスパニッシュオムレツです。ソースがかなりピリッとしていて辛い物好きの自分にはかなりツボ。

スモークチキン。ビールを殺さないようスモークはかなり控えめにしているとのことで、かなあっさりめのスモークがたしかにビールによく合います。

シンプルなポテトサラダ。あまり具がごてごてしてるのは好みでないのでこの潔いまでのシンプルさは嬉しいです。ちなみにマヨネーズは一切使わずヨーグルトで仕上げているとのことで、かなりさっぱりいただけます。

ガーリック枝豆。見ての通り表面はオイリーで手がギトギトになりますが、そのぶんの美味しさは保証します。

野菜のピクルス。こちらも酢を使わない優しい味でビールのあてにも締めにもぴったり。

フードのイチオシは店内で作るポップコーン。

なんとこれ、100円で食べ放題。タイミングよければ作りたてほやほやのポップコーンも好きなだけ食べられます。プレオープンのときはタイミングよく作りたてのポップコーンいただきましたが、ふわふわのポップコーンはビールのの相性ばっちしでした。

もちろんメインであるクラフトビールも常に10種類以上が樽に繋がって、各ブランド2〜3種類くらいのビールが楽しめます。

ビール以外に日本酒やウイスキー、カクテル類も充実。新橋という場所柄、1軒目需要だけでなく2軒目として考えると、クラフトビール以外もこれだけ充実してるってのは需要ありそう。

日本酒好きにはたまらない亜麻猫 改も! さすがにお値段かなりしますが、プレオープンは特別にかなりお安めにいただいてしまいました。

いままで茶坊主さんが在籍していたPuB Edoもビールやごはんのおいしさがあいかわらずオススメなのですが、八重洲という土地柄から割と「よし、いくか」と心を決めて向かう場所だったのに対し、新橋から徒歩数分という立地はちょっとした時にふらっと寄れそう。またひとつ新橋で足を運びたいお店が増えました。

コメントを残す