Wii Uでリメイク「Wii Sports Club」のテニスオンライン対戦が楽しすぎる

Wiiリモコンプラスの6軸センサーを使ってリメイクすると聞いたとき「ああ、Wii Sports Resortの卓球感覚でテニスできるのか」と期待してたのですが、細かな作りが期待以上でした。

image

理由をかいつまんで3点ほど。

下ボタンでラケットの向きを正面に補正

モーションセンサー系のコントローラーは、振り回してるとそのうちずれてきて操作がおかしくなることありますが、Wii Sports Clubのテニスは下ボタンを押すとリモコンの向きを正面に補正してくれます。

具体的には1球打つごとにリモコンを画面に対して垂直に構え、その状態で下を押すという流れ。打ったらセンターに戻って構える、というテニスの基本も踏襲していてこれがすごぶる操作しやすい。逆にこの補正を知らないと対戦は厳しいかも。

リモコンの向きでキャラが移動

前作はキャラの動きが自動でしたが、本作はリモコンを左右に向けると、その位置で打ちやすいようキャラが動きます。右に出せば右で打ちやすいよう左に動く、ってことですね。

6軸センサーのおかげで左右の打ち分けやスピンがかけやすくなったことに加え、このキャラ移動でフォアとバックも選びやすくなり、だいぶテニスの感覚に近づきました。どんな球でもフォアに回り込んで打ち込むというグラフばりのプレイも可能です。

オンライン対戦が鬼楽しい

上の2つが生きてこそですが、オンライン対戦がかなり楽しい。割と雑なラリーになりがちだった前作に比べてだいぶ戦略的な戦いができるようになりました。

なにより機械的なコンピューターより対人戦のほうが圧倒的に楽しい。また、十字ボタンにちょっとしたメッセージ割り当てることができて、「やられた!」「ナイスショット」「どうだ!」とかいうコメントを合間合間に挟めるのもおもしろい。欲を言えばもうちょい割り当てられるコメント数が多いといいなー。

オンライン対戦は1対1だけでなく2対2も可能。Wiiリモコンプラスが2つあれば前衛と後衛それぞれのリモコンで戦えるので、両手リモコンで前衛と公園を使い分けるという変態プレイも可能です。

Wii Sports Clubは種目ごと購入する仕組みで、開始当初はテニスとボウリングを配信、その後ゴルフや野球なども随時配信予定。初回ダウンロードは24時間無料なので、Wii U持ってる人はとりあえずダウンロードしときましょう。まあ、いつの間に通信設定してるとそのうち勝手にダウンロードされるのですが。

24時間以降はソフト買い切りが1000円、もしくは24時間プレイが200円。やりこみたいゲームは買い切りで、あとはパーティーの時に24時間プレイ、って使い分けがいいですかね。いまのところはテニスだけで非常に満足しております。

Wii Uのこれまでのソフトは、マリオもピクミンも面白かったけど「別にWii Uじゃなくてもなー」という感じだったのが、Wii Sp Clubは「持っててよかったWii U!」というくらいハマってます。まだまだユーザー少なそうですが、Wii U持ってる人は是非対戦しましょー。

Wii Sports Club
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/awsj/index.html

コメントを残す