REGZA Phone T-01Cファーストインプレッション

REGZA Phone T-01C ブロガー徹底レビューまとめサイト
スマートフォン会議参加中のレビューです

ついに待望の端末とご対面!

DSC00002

というわけでケータイ会議シリーズから分家し、今回が第1回となる「スマートフォン会議」に参加、REGZA PhoneことT-01Cをレビューすることとあいなりました。

REGZA Phone T-01Cをいじり倒す「スマートフォン会議」が始まります! – IDEA*IDEA ? 百式管理人のライフハックブログ
http://www.ideaxidea.com/archives/2010/12/smartphone_kaigi_start.html

先日参加させていただいたドコモの新端末発表会でも圧倒的人気を誇り、個人的にも携帯電話らしい高機能ぶりとAndroidらしい自由度の高さを組み合わせた端末としてとても気になっていた1台なので、これからの期間がっつりレビューしていきたいと思います。

ドコモの新モデルを体験できる「docomo 2010 Winter Collection Preview Event」行ってきた – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2010/11/24/4428

というわけでまずは手に取ってみたファーストインプレッション。かつては外装がいまいちと言われたドコモですが、Xperiaあたりから端末ご と個性的な外装もできるようになっており、REGZA Phoneも高級感漂う黒いパッケージを採用です。うんうん、こういうの地味に大事よね。

DSC00001


本体カラーはMoist BlackとMellow Bordeauxの2色で、今回はMellow Bordeauxを選択。体験会で実際に端末を見たときからこの美しい赤紫色にとてもひかれておりました。

本体は前面に左からメニューボタン、ホームボタン、戻るボタンを配置。上部にはイヤフォンジャック、下部にはmicroUSBと上下に2つの外部接続インターフェイスです。

側面は左側に充電スタンド用の接続端子があり、 ボタン類は右側にまとめられています。ワンセグアンテナやストラップホールも右側面の上下にそれぞれ配置。おそらくスタンドに置いたときに操作しやすいよ う片方にまとめてるってことなのかな。
DSC00003DSC00009
DSC00007DSC00005

右側面のボタンは電源ボタン、ボリュームなどを調節する上下ボタンとカメラボタン。ただ、カメラボタンは長押しするとカメラが起動しますが、短押しだと「ホームメモ」という独自のメモアプリも起動可能。

DSC00004

背面には12.2メガピクセルのカメラにFelica、赤外線と本当に最新携帯電話並みのハイスペックぶり。また、防水端末ながら背面部分の装着が難しいこともあって丁寧な説明シールが貼ってあります。ちなみに「iDは2月からですよ」なんて予告つき。

ワンセグは外部アンテナ付きでかなり長くのばせます。これならお風呂でも十分見られるかな……。

DSC00010DSC00011

本体には充電スタンドも付属。ドコモ唯一の防水Androidであり、充電のたびにキャップを開け閉めしたくないのでこれはありがたい。ただ意外だったのが充電スタンドはドコモの充電ケーブル仕様だったこと。ここmicroUSBじゃないのかー。

DSC00012DSC00013

REGZA Phone自体が大きいこともあり、スタンドに設置するとかなりのインパクト。

DSC00015

ホーム画面の起動時はちょっと変わっていて、縦方向でロックを解除し、横方向はマナーモードを切り替える仕組み。今までのAndroidは横方向ばかりだったのでまだ慣れなくてついついマナーモードを解除してしまうよ……。

DSC00017

独自のインターフェイス「NX! UI」を搭載したREGZA Phoneですが、使い勝手は一般的なAndroidとあまり変わりません。右下のソフトキーからアプリを呼び出し、横スクロールでホーム画面を切り替えられます。

NX! UI独自の画面はMENUボタンをクリックし「ホーム画面設定」から設定。ホーム画面単位でさまざまな機能を割り当てられます。ホーム画面単位に割り当てられる機能は「パレット」と呼び、パレットはRSSリーダーや電卓、Twitter、メモ、カレンダー、連絡帳など多種多彩。イメージとしてはウィジェットとアプリの中間みたいな感じで、ホーム画面上で動作するアプリというのが理解として近いかな。

DSC00021

このNX! UI、Androidらしいインターフェイスを保ちつつ独自の機能を追加できてるという点が試みとして面白い。ホー ム画面でそのまま動作するパレットも、わざわざアプリを起動することなくいろんな情報にアクセスできるのが手軽です。無理矢理インターフェイスをいじるよ りAndroidのインターフェイスを活かしつつこうやって拡張するのもアプローチとして興味深いなあ。

スペック的にはXperiaと同じCPUを搭載しているのですが、サクサク感は今のところREGZA Phoneのほうが上。まだアプリをあまりインストールしていないという状態ではあるもののかなり快適です。2.1に初期化アップデートしたXperiaもだ いぶサクサクだったと思ってたんだけど、REGZA Phoneはいまのところそれ以上の体感。これアプリインストールして常駐が増えると変わっていくのかな……。現状の動作感は下記の動画をご参照ください。


YouTube – REGZA Phoneタッチ動作

カメラもさすがの12.2メガピクセルでかなりきれいに撮れる。色味は好みの問題だけどXperiaはやや鮮やかすぎる感じがあったのですが、REGZA Phoneはもうちょいやわらかい感じ。また、Xperiaはカメラ起動がかなり時間かかったんだけど、REGZA Phoneは最新ケータイ並みとまでは言わないものの、そこそこのスピードで起動してくれるのがありがたい。カメラは別途いろいろいじろうと思いますが、とりあえずいくつか写真入れておきますね。

DSC_0001

DSC_0005DSC_0006

プリインストールされているATOKも非常に快適。Xperiaにインストールしていたトライアル版はまだトライアル版のせいなのか本体のスペック的な問題なのか、文字入力の反応がかなり重かったのですが、REGZA PhoneのATOKは追従性もよくサクサク入力できます。これならジェスチャー型でも使いこなせそうかも。

ちなみにREGZA PhoneのATOKと、今後リリースされるであろうATOKの製品版は機能的に大きな違いはないとのこと。REGZA Phoneのプリインストール版は「ジェスチャーPRO」という設定があるのですが、これはジェスチャーをより使いやすくするために作ったプリセットみたいなもので、機能的には一般向けのATOKとほぼ同等とのことです。


YouTube – REGZA Phone ATOK動作

まだ数時間しか触ってないほんとにかけだしレベルですが、事前評価通りのハイスペックぶりに加えて十二分にサクサクな動作にかなり満足。今後はNX! UIやカメラ、あと期待しまくっているおサイフケータイまわりをボリボリレビューしていきたいと思いますよ。

REGZA Phone T-01C ブロガー徹底レビューまとめサイト
REGZA Phone T-01C ブロガー徹底レビューまとめサイトへ

“REGZA Phone T-01Cファーストインプレッション” への4件の返信

  1. おはつです。自分もT-01Cを購入しました。しかし、結果はカメラに大変不満。 HD動画がとにかくひどいです。音ズレ、画面が処理落ちするなど。そちらで使ってる機種ではこのような事はありますか?ドコモスマートフォンセンターへ問い合わせたところ、これは携帯の仕様なのでどうしようもないとの事でした。。。

  2. ネット情報ではパフォーマンス最悪みたいなことを読んだんですがそんな事無さそうな感じですね

  3. >マイクさん

    HD動画はまだ試してないですねー。ただフレームレートが24fpsなので正直それほど期待してないです。動画は結構好きなので試したらまたエントリーしますね。

    >drikin
    あれウィジェット呼び出し画面だけでの比較かつGalaxy Sのほうはホームアプリカスタマイズしてるっぽいんですよね。確かにウィジェットのところはややもっさりなのですが、メニュー周りやブラウザは十分快適ですよー

  4. カイ士伝さん、ご返事ありがとうございます。いろいろと動画撮影してますけど、画質落としても音ズレは発生します。http://www.youtube.com/watch?v=8IwjtxG5Bsc

コメントを残す