WordCamp Kobe 2011取って出しレポート


今回はバッテリーがないのでできる範囲でー。長いのでいったん「続きを読む」にて。

DSC00005.JPG

開催挨拶のおでさん。

DSC00001.JPG

組長。

DSC00004.JPG

まずは毎回お楽しみのマクラケン直子さんによる基調講演から。

DSC00006.JPG

DSC00007.JPG

ひとことでいうとWordPress大好き。

DSC_1892

元々ブログ始めた時に日本語の情報が無くていろいろ調べているうちに本を書いたりいろいろ関わり始めた。

DSC_1893

WordCamp開催したりWordPressの会社に入ったり人生に影響している。とても感謝。

Automatticという会社で働いている。日本では2003、2004年くらいから日本語のブログサービスが登場していて、WordPress.comはあまり使われていない。

DSC_1895

Automatticは100人くらい。私はハピネスチームとしてWordPressを楽しく使ってもらうお仕事。スパム対策のAkismetとかアンケート用ツールとかいろいろやっている。

本社はサンフランシスコ。みんないろんなところで仕事している。分散型の会社。

DSC_1894

WordPress.orgと.comの違い
.orgは無料だけどホスティングが必要。手間はかかるけどカスタマイズがかなり可能。
.comは制約あるがメンテナンスフリー、アップデートもバックアップも自動。
一戸建て住宅と賃貸物件のようなもの

DSC_1896

いろんなユーザーが協力して翻訳版を作っている
最近のバージョンからクレジットが管理画面のフッターに出てくる
誰が作っているかがわかる

DSC_1932

WordPressの世界シェア
刻々とデータ変わっているので最新の数値
世界のトップ100万サイトのうちCMS使っているのが27.4%
w3techs.com調べ

DSC_1900

世界トップ100万サイトのうちWordPerssが14.9%
CMS内でのシェアは56.6%

DSC_1901

DSC_1902

昔はCMSというと高くて使いにくくてというイメージ
今はCMSの選択肢としてWordPressが入っているのは大きな変化

有名ブランドがWordPress使っている
Yahoo!やEvernote、Flickr、PSなども

DSC_1903

なぜこれほど人気があるのか
柔軟性と拡張性

WordPressのプラグインシステム自体開発の最初の方からあった
開発者が使いやすいようにということを常に考えている
開発者が興味を持たなくなったらCMSの未来は暗い
WordPressがパーフェクトになるのではなく、WordPressが開発しやすいように

デフォルトのTwentyeleven
簡単に写真サイトも作れる

DSC_1905

カスタマイズすればさらにいろいろできる
アドタイのサンプル
CMSでありつつコンテンツを重要視しているWordPressらしいサイト

DSC_1906

美的.com
国内最大のコスメサイト
ぱっと見てもWordPressとわからない、ポータルのように見える

DSC_1907

Cookpadも会社のサイトをWordPressに
開発者には使いやすいサイト
これからもイノベーションがおこっていきやすい

DSC_1908

神戸芸術工科大学のサイトもWordPress
中身は学校で更新できる
わざわざ制作者に頼まなくていい

DSC_1909

WordCampのサイトももちろんWordPress
WordPressのユーザー登録もWordPressの機能を使っている

DSC_1910

日本のサイトでも多様な分野で利用されている
出版も混沌とした時期だが
そんななかでWordPress使っていろいろやってみようという会社がある

DSC_1911

WordPressは開発スピードも魅力
すぐサイトをローンチできる

今日は911
東日本大震災から半年
米国911テロから10年
大きい事故が起きると情報発信は大事

DSC_1913

震災後のWordPressサイト
助けあいジャパンがWordPressで立ち上がった
正確な日は覚えていないが政府の動きとしてとても早かった

DSC_1914

prayforjapanもWordPress
制作者がインタビューで「ある日おもいついて作った」
他にもツールはあったかもしれないが、そういうところに使いやすいツールがあるというのは伝えたいという気持ちとそれを形にするということができやすくなったのではないか

DSC_1915

SMC JAPAN
サイエンスメディアセンター
トラフィックが大きくなったようでさくらインターネットがサーバーを助けているらしい

DSC_1916

WordPressというツールがあることで、情報を発信するひとが内容に注力できる。

今回の参加者は715名
これだけの登録が合ったのはすごいこと
WordPressに興味が合って参加したい人がふえているのは追い風

DSC_1918

WordBenchは37グループ
小さいコミュニティとWordCampという大きいコミュニティとネットのコミュニティが一緒になってWordPressの成長を助けている

DSC_1919

コミュニティによる共有
今までは企業が開発してそれに対価を付けていた
我々は今までそういうツールを手にする機会が無かった
CNNやTIMEが使っているのと同じツールを一緒に手にできるようになった
これは時代の流れに合っていると思う

お金を払わなくなったことではない
自分の体験したことを他の人と共有したいという思いが強くなっている
そこにWordPressの開発のスタンスがあってきた

WordPressの目指すもの
今後どうなるの?

大きなくくりで言うと
出版(意見公開の手段)の民主化
創始者のマットもそうだし開発者もこういう大きな目標に向かって開発している
世界に通用するCMSも大きな目的だが、誰でも考えたことを考えた時に言える、自分のメディアを持てることがWordPressのゴール

DSC_1922

Facebookでもいえるけれどそこは他人の土俵
自分のサイトを持っているのとはまた違う
ここにいけば自分の情報がわかるというサイトを持つことは大事
WordPressがあればHTMLを知らなくても自分のサイトを持てる
考えないくらい自然なことになっているがとても大きなこと

それをどんどん簡単にしたい
今も簡単といってもなんだかんだ困っていることはあるはず
ツールはまだまだ十分じゃない

3.2アップグレード
シンプルになった
集中執筆モード
画面がエディタだけ、書くことに集中
投稿することをもっと簡単にしていきたい

DSC_1924

もう1つのビジョン

.comと.orgの融合
メンテナンスフリーの.comと拡張性の.com
これらのいいとこ取りをしたい

DSC_1926

その1つがJetPackプラグイン
これを使うことでWordPress.comの統計プラグインなどが使える

DSC_1927

インストールは簡単だがそのあとどうするの
そこにも力を入れたい

DSC_1928

セキュリティやバックアップも心配
VaultPressなどを使ってその点も支援

DSC_1929

まとめると
WordPressのこれからはけもの道
まっすぐな道ではたぶんないだろう

DSC_1930

WordPressを使っている人はいろんな目的がある
動画を見せたいとかモバイルとかタブレットとか
枝分かれした道はみんなが参加できる道

WordPressはみんなで作っていくもの
みんなでコミュニティに参加しよう

DSC_1931

ほんとにちょっとしたことでもいいので
WordPressが好きだという人は参加すればもっとおもしろくなる
単なるツールとしてだけ使うんじゃなく
イベントに来たりもそうだが
コミュニティに参加するともっと広がる
友達と集まってWordPressの話をしてもいいし
ドキュメンテーション書いてもいい
プラグインを使ってみておかしいところを報告してみる
みんなちょっとずつ成果を共有していく
それがWordPressのビジョン

■NPO法人へのWordPress導入事例

ICTを活用した地域の視える化
インターネット中継やHP制作など

DSC_1934

WordPressの勉強会
実際に企業のサイトを作ってみよう
40代くらいの主婦が参加

8月に尼崎市のイベント情報、市民活動団体を掲載するポータルサイト構築
この構築事例を紹介

DSC_1938

時間が短いので
WordPressの管理画面ってこんなことができるんだってわかって欲しい
お客さんの要望に応じて投稿ページをカスタマイズしたり、管理画面をスッキリさせたり、役立つプラグインとか

DSC_1939

今回のサイトの特徴
しないイベント情報を掲載するため更新頻度が高い
また、活動団体の情報を掲載するため更新の項目も多い

更新しやすいすてきな管理画面が求められる

DSC_1940

まずは管理画面をカスタマイズ
必要のないボタンを消しつつ、よく更新する「イベント情報」「団体情報管理」などのボタンを追加

DSC_1941

管理画面のカスタマイズはfunction.phpから

DSC_1942

カスタム投稿タイプ、カスタム分類でオリジナルの投稿画面を作る
function.phpでもいいがプラグインでも同じことはできる

イベント追加するときはイベント専用画面に

日付は間違いやすいのでテキストボックスにカーソルを合わせるとカレンダーを表示して入力できるようにする
jQueryのDatepickerプラグインを利用している

DSC_1945

サイトもカテゴリに合わせて表示を変更

DSC_1950

団体情報の追加も同じようにカスタマイズ
団体情報に適した投稿フォーム

トップページ左下には関係団体のHPのバナー表示
WordPressにはリンクというメニューがあるがあまり使い勝手がよくない

画像をアップロードするところが無く、画像のアドレスを入力しなければいけない、操作がややこしい
→クライアントへの操作説明が面倒

DSC_1955

これもカスタム投稿タイプを利用
アイキャッチを利用して画像のアップロードを簡単に

DSC_1956

バナーの並び順を気にするクライアントも多い

DSC_1958

CMS Tree Page Viewというプラグインで並び順をドラッグ&ドロップで変更

管理画面をスッキリさせる小技
右上の「表示オプション」から表示項目を減らせる

DSC_1960

DSC_1961

今回利用したプラグイン

DSC_1962

■作家とWordPress
電子書籍販売の試み

DSC_1964

実は小説家
自分で電子書籍販売を行なう試み
それを2年くらいやってきた
その内容を共有したい

自己紹介
10年前に幻冬舎で賞をもらって作家デビュー
その後ぱっとせず
冬の時代を過ごしつつ新潮社で新人賞するもぱっとしない
僕はもっとデビューしたらブレイクすると思ってたらしなかった
これは自分でやるしかない
Webをやろう
当時電子書籍という言葉は無かった
自分のサイトで作品を発表していこう
作品を売るのも一般的ではなかった
当時ようやくiTunesがでてきたくらい、音楽は課金モデルが定着しつつあった頃

それからWeb業界に入った
それまではWordしか使えません
ブラウザと言えばIE6だと思ってた
WebにはいってすぐHTMLいじっててもきりがないと思いWordPress
IT企業で3年弱働いてから起業

社名が破滅派
これがすべての間違い
なかなか仕事を採用してもらえない

山梨県に300坪くらい土地を買って自分で住んでいる
Webサイトと一緒で面白い
みんなにもオススメ
マイホーム立てるというビジョンはもうないんじゃないか
安い土地を買って家を建てようと言う本を書きたい
期待していて

これまでやってきたこと
電子書籍を売るとはどういうことか
WordPressで自分で売るとはどういうことか

DSC_1965

破滅派というサイトを作って作品を発表

DSC_1966

破滅派から出たビッグな人
京マチ子
たまたま入ったらすぐ売れただけ
人の作品を発表していたら自分の作品を出せなくなる
サイトリニューアル予定

hmazon.com
WordPressで作ったECサイト
WordPressのECサイト化は難しい
Webに触り始めて1年目
クレカ決済もできなかった
銀行振込とか郵便だけで対応
そうすると注文してお金を払わない
今は一歩進んでミニコmeというのを作った
楽天のようなショッピングモール
破滅派の本を売っている

Lulu.comという海外の自費出版サイト
スペインに会社があって完全オンライン発注
スペインはヨーロッパで一番物価が安いのでそこで印刷して通信販売
完成されたモデル
日本にまだこういうのがない

DSC_1968

iBookStoreに出してくれる
アップルがやるはずだった出版モデル
すぐ日本に来ると思ったが1年経ってもまだやってこない
出品しても買えない
僕も見たことがない
Kindleもそうだけどこういうサービスがこないというのは真剣にかんがえたほうがいい
日本が無視されている
日本の商習に切込むほどの価値がないと思われているのでは

iBookStoreがこないのでiPhoneで書籍型アプリを作成してAppStoreで販売
作るの大変だけど出しても売れない

京の主な話
Literally WordPressというプラグインを作って自分のWordPressサイトで販売
利益率90%以上、Paypalの手数料くらい

Luluを使ってアメリカではベストセラー作家が生まれている
何十万ダウンロード
収入が1000万円とか

iPhoneアプリ
ロマネスク
全然うれない
これはなんとか考えないと

DSC_1969

最後にたどり着いたのが自分のサイトで売る
ポプラ社文学賞に出した
200円で売っている
単行本にしたら1000円くらい
出版社が出しても印税は150円くらい
だったら200円くらいで

DSC_1970

買った人はPDFで
ePUBでも売れる
ブログ記事も売ることができる

DSC_1971

今までの取り組みの実態
紙の書籍はがんばれば500冊は売れる

直接委託販売も
大阪のジュンク堂が100冊くらいおいてくれた
書店は頼もしい

Amazonにもe託がある
法人なら取り扱ってもらえる
通販もTwitterで集めたりすると買ってもらえる

電子書籍はどうか
iBookStoreは衝撃の1冊
Luluで5冊
AppStoreも20冊

DSC_1972

個人的に感じるのは
結局作品のいい悪いもあるが
既存の出版産業はよくなくても売れる
血液型、ペット、料理とか
そうじゃないものでもある程度人が来るところに流すと売れる
これが既存の書店の強み
電子書籍はまだそうはなっていない
自分で売っていくというのはがんばれば20冊くらいなら手売りでもいける

やってみた感想
売れない
自分のジャンルは純文学
ジャズみたいなもの
ジャズなんて8万売れたら大ヒット

DSC_1974

でもこれからのびるはず
のびないとまずい

出版は2兆規模
電子書籍は500億
電子書籍がのびて出版が落ち、全体の市場規模としては減るのでは

なぜ売れないのか
書籍は流通されれば手に入る
しかしその先には「欲しい」と思わなければ人は買わない
宣伝が必要
書評とかイベントとか
広い意味では賞もそう
純文学は賞があって芥川取ったら8万部とか数字が決まっている

DSC_1975

Webの世界にはまだそれが無い
流通はKindleが日本にない
パピレスはBL、買いにくいから
Webはソーシャルメディアでも来てもらえる
Googleの広告とかもあるがやると売上が消える
設定忘れて半年出しっ放しとか

WordPressは流通と宣伝までできる
それをいかにしてやっていくか
それが今後の課題

DSC_1976

自分で売るということ
利益率は高いが潜在顧客は少ない
ブランドイメージは保てる、作らないといけないが
開発コストも結構かかる
その時間と開発のトレードオフをWordPressで

DSC_1978

Literally WordPress
人気のレシピとかを持っている人が自分のサイトで本を出すとか
そういうのを期待したい

こんな人は自分で売ろう
一般受けしない人
一般受けする人はKindleとか出せばいい

熱心なファンがつく人
多くの人には受けないけどコアなファンがいる

自分の作品を欲する人へ届けるための労力を問わない

DSC_1979

どうすればいいか
独自ドメインとろう
レンタルだと自分のお店という気がしない
ドメインも年1000円くらい

ePUBでもPDFでもいいから読者が読める形式のファイルを作ってLiterally WordPressで売っちゃおう

DSC_1980

でもたぶん売れないけどね

スタンダールの本は自費出版で11年間に17部しか売れていない
独自ドメインで作っておけば自分が死んでも売り続ける

DSC_1982

Literally WordPressの今後
有料会員制ブログとかいいかな
Facebook、Twitterの対応
「いいね」先着にプレゼントとか
クレジットカード持っていない人用の対応

■ハイパフォーマンスWordPressサイト入門
をかもとさん

自己紹介

DSC_1984

WordPressのpuraguinを作ってます
兼業でお米も作ってます。新潟米
Head Cleaner、OAuth Provider、Google Maps Anywhereなど
この春から「め組」ことデジタルキューブと一緒にお仕事

Nginxの日本語化も
名前が載ってます

今回はバックエンドの高速化がメイン

高速化に王道なし
まずは現状分析してボトルネックを探る
Debug Barとか便利
インストールしたらwp-config.phpに3行を追加
あくまでDebug用のプラグインなので分析が終わったら無効にしましょう

WordPressが遅くなる理由は大まかに2つ
PHPの処理が遅い
MySQLの処理が思い
ただし発生原因はさまざま
プラグイン詰め込みすぎてたりアクセスが多くて処理が追いつかなかったり
MySQLのチューニングが適切でなかったり

DSC_1992

プラグインは便利
でも入れすぎると処理が重くなる
プラグインのボトルネックをチェックするのにDebug BarとDebug Bar Extensionが便利

DSC_1988

DSC_1994

Debug BarのProfilerタブ
コード追加で

DSC_1989

そもそもアクセス数が多い場合
非力なサーバーで大量のアクセスがあると処理が追いつかない

DSC_1999

WordPressを極力動かさないようにする

DSC_2002

存在しないファイルへのアクセスでPHPが動いてしまう
faviconやapple-touch-icon.png、crossdomain.xml、robots.txtなどはブラウザやクローラから要求されることが多いため、あらかじめ用意しておいた方がいい
crossdoainなんかはすべて拒否するように

.htaccessを修正すればWebサーバーレベルで404を返すため、WordPressが動かない
静的ファイルであればWordPressを動かさない設定

WordPressをマルチサイトで動かしていると子サイトへの静的ファイルアクセスでもPHPプロセスが起動する

.htaccessを背呈すればwp-includes/ms-files.phpを経由せずtyokusetu Webサーバーで応答できる
子サイト追加したら設定を直す必要がある

静的ファイルに有効期限をもうける
クライアントのブラウザにキャッシュを保持してもらう

DSC_2008

そもそも.htaccess自体が重い処理
Apacheを使用していてhttpd.confが修正できるならhttpd.confを使った方がよい

DSC_2009

Appache以外のWebサーバーも試そう
ApacheはWordPressを動作させるだけなら不要な機能も山盛り

DSC_2010

Nginxの情報
公式サイトの文書をたいさんとをかもとさんで日本語化

DSC_2011

それでも負荷が高い場合
サーバーを多重化させてスケールアウト
Nginxなら簡単にスケールアウトできる

サーバー多重化時のWordPressコアソース、プラグインの同期は?
lsyncd辺りを使えばよい
詳細はブログで開設
http://dogmap.jp/EI

PHPの処理速度を上げる
WordPressはPHPで来j通されたアプリケーション
実行するたびに中間コードを生成
eAcceleratorやAPCは中間コードをキャッシュしてくれる

DSC_2014

さらに速度が必要な場合
中間コード生成元のPHPファイルが更新されたかのチェックを止める
ただしテーマファイル修正などの時に反映されないので気をつけて

DSC_2016

WordPressのObject Cache
よく紹介される手法は効果がない
bloginfo()を呼び出していようがいまいがMySQLへのアクセスは実行されている

object CacheはWordPressのプロセスが終わると破棄される
こにデータをmemcachedなどにキャッシュさせておくプラグイン(正確にはドロップイン)がある
Memcached Object Cacheなど

DSC_2020

PHPの実行結果をキャッシュ
毎回PHPで動的にページを組み立てるから処理に時間がかかる、ということで開発されたプラグインがWP Super Chacheとか
これらは有名すぎるので説明は省く
リバースプロキシを使えばこれらプラグイン使わなくてもいい

DSC_2024

WP Super CacheとKtai Styleの併用だとWP Super Cacheを止めている場合がある
ケータイのアクセスが多いと大変
NginxならUAごとにキャッシュできる

DB Cache Reloaded Fix
日本語リソースはをかもとさん
おかしい訳があったらおしえてね

MySQLに発行されたSQLクエリーの処理結果をディスク上にキャッシュ
ただしクエリー数が減って処理速度が上がることもあるので気をつけて

MySQLサーバーのチューニングも大事

クライアントのチューニングはハイパフォーマンスWebサイト読んでね

時間がないので説明あまりできないけどスクリプトの重複だけは気をつけてね

資料は
http://dogmap.jp/wckobe2011/

ターゲッティング
藤田誠さん

メディアプロデューサー
メディアを事業開発から黒字化まで
そういうことがやりたくて会社作りました
最初はライブドア
メディア事業の営業責任者をやっていた
自分がやりたいステキなメディアを支援したくて作ったのが今の会社

ターゲッティングは5年目
持続可能な運営モデルを支援する
サイト作る人は営業したくてつくるわけじゃない
作る人は作ることに専念してもらう
個人でも発信力がある人はメディアだと思う
WordPressのようなツールでそういうことが可能になった

具体的な事例
小学館とCanCamのサイトやOggi.TVなど
サイト自体は作ってないがNEWSポストセブンやWebSPA!なども
NEWポストセブンはWordPressでも成功しているサイト
らばQもサポート。My VAIOも

DSC_2032

DSC_2033

堀江貴文のブログでは言えない話やブログ、Twitterなどの運用も支援

DSC_2035

メディアの収益化のための施策
マーケティングの4Pとかいう言葉がある
メディア自体を製品としてとらえ、その中で売れる広告を商品と呼ぶ
だれにどんなかたちで売っていくかを考えるのが我々の仕事
メーカーがやっているようなマーケティングをすべて取り込んでいこう

DSC_2036

持続可能なメディア運営体制構築に必要なこと
最初の気合一発だけでは続かない

事業目標の設定(PV、UU、売上)

DSC_2039

目標達成のための各種KPI設定
豪華なサイト作っても人が来ない
細かい中間目標指標を作って一歩一歩階段を上がっていこう

そして高速PDCAサイクル
高速でまわすことが重要

それをきちんと測定、パフォーマンスを見ていく
具体的にはAnalyticsを使う

一番大事なのはガッツ
運営者に気合が入っているとサイトは伸びる
それがいままでの経験

実際にPV上げるにはどうすればいいか

PVを因数分解する
構成要素はなんだろう
PV=訪問者数×セッションあたりPV×訪問回数
PVを1.3倍は大変
でも細かく要素を分解してパフォーマンスを上げると実現できたりする

DSC_2041

具体的に何をしているか
訪問者数
主要サイトのトピックス掲載
キャッチーな名前をいかにつけるか
ソーシャルメディアでの話題づくりも

セッションあたりPV
サイトを訪問したら次も見たくなる
おもてなし力

訪問回数
ターゲットユーザーのお気に入りメディアになるための施策
ユーザーは24時間しかない
ライフタイムの「ある一角」を獲得する

WordPressの役割とは
とくに強調したいのはセッションあたりPV
次も読みたくなるおもてなし力
高速でPDCAまわす時にできるだけ無料で他社も使っているものがいい
WordPressの資産、世界観はすごい

日本のメディアを海外展開
Movable Type使っているギズモード
日本のコンテンツもアジア圏を中心に価値の高いものもあるということを考えると
CMSとしてのWordPressは現地の人間が使う時にもいちいち教えなくていい
そういうところにも可能性がある

Technoratiのトップ20ブログのプラットフォーム
WordPressが9と最多、MTは3
CMSとして広まっている


“WordCamp Kobe 2011取って出しレポート” への4件の返信

  1. But the Kinect doesnt have much to offer to be honest and Plus Sony doesnt have much ideas compared to Nintendo and Microsoft..

コメントを残す