チャーハン王の元祖である福岡「たんか」行ってきた


先日のエントリーにもあります通り、知人の結婚式で福岡行ってきました。

激安のLCC「エアアジア」で東京から福岡まで行ってきた – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2012/09/23/7770

せっかく福岡行ったんでなんかうまいもん食べたいなーと思ってたところ、「ブログで書いてたチャーハン王のお店行ってくればいいんじゃない?」というアドバイスいただき、おお確かにそれ福岡だわ、それおもろいから行ってみようと足を運んでみた次第であります。

このチャーハン専門店「チャーハン王」は、もともと福岡で人気の焼肉店「たんか」で提供されているチャーハン。サイドメニューながらも大変に人気があり、それもそのはず具材準備に3日間かかるほど手間暇かけたチャーハンなのだとか。今回はその人気メニューであるチャーハンを看板にした専門店で東京進出!のようです。

“チャーハンの常識を変える!”チャーハン専門店「チャーハン王」新橋第1号店プレオープン行ってきた – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2012/07/16/7670

場所は福岡の繁華街であります天神から10?15分くらい歩いたところ。土地勘全然ないことと、格安航空券で旅行できたことによる気の大きさでタクシー使っちゃいましたが、ほんとは電車で行った方がいいのかなここ。


大きな地図で見る

お店はこんなかんじ。目の前はマンションなので、住宅街の中にあるお店なのかな。見知らぬ土地はほんとわからんですね……。

DSC04324

運良くカウンターが空いてたので1人で飛び込み。しかしなんとも食欲をそそるカウンターですな……。

DSC04314

こちらがメニュー。残念ながらコースは2人以上でないと頼めないとのことだけど、全8品で3000円だったら割とコストパフォーマンスはよさげ。しかし今回は1人旅なのでお店の人にオススメ聞きながらメニュー決めていきます。

DSC04302

お通しの酢モツ。これからがっつり肉食べる前にさっぱり始められるのはいいですね。

DSC04301

お店のオススメはというと牛タン焼きと牛サガリ焼きとのこと。2つ食べたい人はそれぞれ半分ずつ串に刺してくれるハーフ焼きというのがあるとのことで迷わずハーフ焼きをセレクト。

DSC04303

そしてこちらがハーフ焼き。上がタン、下がサガリという文字通り1串で2度おいしい構成になっております。

DSC04308

タンはカラシとマスタード、サガリはわさびでいただいてもよいとのこと。

DSC04307

箸で1つ1つ取り分けてからいただきます! 中は赤いけどしっかり火が通っていてプリプリの食感がたまりませんでした。

DSC04309

せっかくお肉のお店なのでということで刺身もセレクト。オススメ聞いたら「牛タンのタタキ」とのことで素直にオススメに従うタイプです。

DSC04304

そしてでてきましたどーんと牛タン!

DSC04310

こちらも歯ごたえプリプリでとってもおいしゅうございました。

DSC04313

ここから食欲が急加速し、煮込みを追加でセレクト。肉ももちろん味がしっかりしみこんだ大根がたまりません。ああ、大根はうまいなあほんとに……。

DSC04316

野菜取りたいなーと思って頼んだもやし炒めは予想に反して肉もたっぷり、肉汁しみこんだジューシーな味でした。

DSC04318

そして忘れちゃいけないチャーハンで締め! 「チャーハン王にはないメニュー」ということでガーリックチャーハンをセレクトしてみました。

DSC04322

これがなんというか嬉しい誤算というべきか、ガーリックが濃厚で大変においしいのですが、あれだけ1人でたらふく食べた後の締めにはかなりの強烈パンチでした……。メニューにはオーソドックスなチャーハンのほかにテールスープチャーハンというのもあったので、そっち頼めば良かったかな……。

そして大活躍してくれた鶏ガラスープ。あっさりしつつも鶏のダシがしっかり効いたスープがチャーハンのよいお供をしてくれました。

DSC04320

ついつい1人だと食べ過ぎてしまいおなかいっぱいでしたが、2人以上なら分け合って食べられるのでもっといろいろ食べられそう。お値段も1人食べ飲みしまくって6000円くらいだったので、複数人数で行ったら5000円くらいの単価になるのかな。次の機会は食べ損ねたテールスープチャーハンに挑戦してみたいところです。

たんか TANCA – 渡辺通/焼肉 [食べログ]
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40021035/


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください