F-06B/F-07B/F-08B 3機種のファイナル比較

いよいよケータイ会議も最終日。もともとのレビュー予定だったF-06B、F-07Bに加えて、参加者の希望によって特別に使えることになったF-08Bについても感想つけておきたいと思います。

DSC00055

まずはハイスペックケータイのF-06B。今までいくつもの富士通携帯を触ってきたけれど、これほど触る前と触った後の感想が異なる機種は珍しいと思います。

DSC00003

防水、無線LAN、フルHDとスペックてんこもりで、それは実際にそうなのですが、予想以上に手こずったのが何度も書いているOPP。シャープとのプラットフォーム統合により多くの機能がシャープ仕様になり、結果として富士通経験者には使いにくくなったと感じる部分が増えてしまいました。

OPP化によって富士通ユーザーにも使いやすくなったと感じるところもあって、例えばメールに画像添付するときいちいちサイズ確認しなくなったのは便利だし、いろいろ言われる写真も、機能をまとめて設定してからカメラに戻れる(今までの富士通は1つ設定したらカメラを起動してた)のは便利。

DSC00044

ただ、メリット以上に富士通ユーザーからすると「使いにくくなったなあ」と思えるのもまた事実。ガジェットいっぱい使っていて新しい操作体系に慣れるの苦手ではないと思っている自分でも、慣れ以前に「明らかに操作が増えている……」と思うところが多いのが正直なところ。

今までの富士通ユーザー、特にスライド慣れしているF-09AやF-03Aなどを使っている人に取って操作体系で戸惑うのは事実。一方、これは「慣れない」だけの話であって、圧倒的にダメなわけでもないのはきちんと指摘しておきたいところ。比べたら富士通の方がいい、というのはあるかもしれませんが、決してまったくダメな仕様でもなく、初めてF-06Bを触ったり、元々シャープの人だったら普通に使えるでしょう。

操作体系以外のスペックに関しては当初の期待通りで、防水便利だし写真はやっぱりヨコモーションがいいしタッチ精度も上がってるし、カメラの画質も自分好みに近づいたのでほぼ文句無し。あとはこの操作体系に慣れられるかどうかでしょうか。

一方、最初は興味があまりなかったものの後半評価が非常に高まったのがF-07B。

DSC00472

こちらはまだOPP化されてないので操作体系に慣れている、ということもありますが、そもそもでやっぱり使いやすいということも多い。その1つはキーボードで、スライドかつ画面一番下にマルチタスクやワンセグボタンなどを追加したF-06Bは結果文字ボタンが小さくなっていて文字が今までより打ちにくくなっている。一方で折りたたみは面積取りやすいからキーボードが大きい。メールメインの人はやっぱり折りたたみなのかなあ。

驚くような新しさはなかったものの、それは十分に完成されていることでもあって使いやすさを一番感じた。中でも本体サイズがF906iと比べて薄型化されてとても握りやすい。無線LANやフルHD動画を求めなければほんとにいい端末だと思います。

そしてシンプルケータイのF-08B。これが一番予想通りの端末だったかなあ。

DSC00057

充実シンプル防水ケータイという名のごとく、シンプルながらいろんな機能がつまってる。厚みも握りやすいし防水だしで、うちの母親にほんとすすめたい。

自分使いで考えるとやはりGPSがないことと、カメラの質が好みでないところ。カメラはどうせ待受サイズでしか使わないので画素数は必要ないのですが、できあがった写真が青白くしあがってしまうのがどうにも惜しい。ただ、写真は好みの問題だし、GPSも要らない人は問題ないと思います。値段が安いけどきちんと使える機能が詰まっているという意味で、結果的な評価は非常に高いと思いました。

今回は特別に利用させていただいたF-08B以外のF-06B、F-07B2機種から好きな方を選ぶのですが、当初はF-06B一本で考えていたのに使いやすさで意外とF-07Bが心の中の存在を大きくしている。例えるならキン肉マンとタッグくむつもりだったのにモンゴルマンに誘われてしまったバッファローマンの苦悩みたいなものですかね。

といいつつ今日は端末決めて残りをお返ししなければいけないので心は1つに決めました。端末決めた理由とかはまた改めてということで!

F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

F-06B/F-07B/F-08Bのブラウザをチェック

インターフェイスの大幅変更でいろいろ戸惑い時間かかってしまった感ありますが、だいぶ操作体系や機能の違いもわかりつつあるので、このあたりでいろいろ機能をまとめていきたいと思います。まずはF-06B、F-07B、F-08Bのブラウザから。

このブログでは何度も出てくる話題ですが、富士通2010年夏モデルのうち、F-06BはOPPと呼ばれるプラットフォーム共通化が行われているため、使い勝手やインターフェイスなどが今までのモデルと大幅に変更されており、その影響を大きく受けている1つがブラウザ周りの機能です。

描写部分は同じブラウザ使ってるのでそれほど性能に変わりはないのですが、最初に気がつく違いはメニューキー。F-07B、F-08Bでは右上のソフトキーに「画面」という機能が割り当てられ、タブを開いたり画面上部に移動したりという機能がまとめられております。

DSC00161DSC00162

それに対しF-06Bではこれら機能はすべて左上の「サブメニュー」にまとめられており、右上のキーには「操作切替」が割り当てられました。この操作切替を押すと、通常は「戻る」「進む」だった左下、右下のソフトキーがページ内を1画面部分移動する「↑ページ」「↓ページ」に変えられます。

DSC00163DSC00164

自分の好きな操作体系に変えられるというのは便利ですが、今までの慣れでついつい右上キーを押してしまうと操作変わってしまっていて驚くことも。このあたりは慣れで回避すべき問題ではあるので使い続ければいいですし、他の機種使っていた人には関係ない問題とは思いますが。

なお、画面上部のアイコンを見ると操作体系がどうなっているのかわかるようになっています。△が上下それぞれ1つの時は「戻る」「進む」、△が2つの時は「↑ページ」「↓ページ」です。ほんとは右上キーを押すたびに「操作変えるよ?」というアラートが出るのですが、これ一度でも「もうアラート表示しない」を設定すると二度と表示されなくなるという……。一度操作を誤ってガイド消してしまったため、それ以来ボタン押した瞬間に操作変わってしまうことに苦しんでいるので、ガイド表示も復帰できるようになるといいなあと思います。

DSC00167

メニュー体系が大幅に変更されたことを除けばブラウジングの機能自体に大きな違いはないのですが、ハードウェア的な操作の点ではボタンの存在が大きな違い。F-07B、F-08Bでは本体横に上下のボタンがあり、これを使うことでブラウザのタブを切替えることができます。タブブラウザのヘビーユーザーとしてこのハードボタンはありがたい。

DSC00168

一方、F-06Bはスライド機構のためサイドにボタンがなく、タブ切替えにメニューを呼び出して「タブ操作」「タブ切替」で該当のタブを選ぶが画面をタッチして切替えていたのですが、実はF-06Bにもタブ切替ボタンが存在することが発覚。一方向ではあるものの、「通話」ボタンを押すとタブを順々に切替えられるのです。

DSC00169

今まで富士通のスライド端末にはなかった機能ですがこれは相当に便利でかなり愛用しております。詳しくはこちらのブログもご覧ください。

タブ切り替えは、音声通話開始キーでできちゃいます…知らなかったー!

そして超便利!

タブをよく使う人には必須なボタンとなりそうな。

F-06B あまり知られていない…かもしれない便利機能 – これからゆっくり考L
http://d.hatena.ne.jp/sakaki0214/20100626/1277518703

また、ヨコモーション端末のF-06B、F-07Bは、画面を横にすることでPCサイトっぽく横長の画面で閲覧できます。縦画面の場合はキーボタンの機能を説明するガイドの表示・非表示が選べますが、ヨコモーションの時は画面エリアの都合もあってかガイド非表示のみのため、ちょっと上級者向けの使い方かもしれません。その代わり視認性は格段にあがるので、個人的にはTwitterなんかもヨコモーションにしてついついっと読むようにしています。

DSC00170

機能や使い勝手で見ると、慣れを考えなければF-06Bのほうが操作体系を切替えられる点で便利。今までスライドの課題だったタブ切替もついに実現しているのがありがたい。贅沢を言うとタブ大好き人間としては新しくタブを開くとき、今までは右上の「画面」から、それぞれメニュー一番上にある「タブ操作」「新しいタブを開く」を連打していけばいいのですが、F-06Bではメニューがひとまとめになったのでタブをメニューから選ぶのがちょっとだけ手間。まあここはあまりに利用頻度高いため、「MENU」のあと「6」を押す癖がついたので解決です。

なお、F-06Bには最大の違いである「タッチパネル操作」があるのですが、これは他のF-07B、F-08Bにはそもそもない機能だし、タッチだけでいろいろありすぎるので、別途エントリーしたいと思います。

F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

シンプル防水「F-08B」ファーストインプレッション

富士通の夏モデル最後の機種、「F-08B」も富士通のご厚意でお借りすることができました。もともとこのモニター自体はF-06BとF-07Bの2機種のみだったんですが、シンプルモデルのF-08Bもバランスいい端末だし触ってみたかったんですよね。

携帯電話(F-08B) – FMWORLD.NET(個人) : 富士通
http://www.fmworld.net/product/phone/f-08b/

5色展開のF-08Bのうち、好きな色をモニターできるとのことでちょっと変わったPale Greenをセレクト。こういう緑は結構珍しいのと、優しい色使いがちょっと気に入ってしまいました。

DSC00054

モニター中の3機種で仲良く記念撮影。たまたま好きな色を選んでいったら赤、緑、青の三原色がそろい踏みですよ。

DSC00055

F-08B自体はシンプルかつ低価格ながら必要十分な機能を埋め込んだモデルという位置付けとのことで、デザインもオーソドックスな折りたたみスタイルです。

DSC00057

折りたたみヨコモーションのF-07Bと比較。キー部分はほぼ同一で、厚みもF-07Bとはそれほどかわりません。逆にヨコモーションのF-07Bがこれだけ薄いってことが凄いな……。

DSC00056DSC00058

側面は右側にミュージックボタンと上下ボタン、左側は接続端子のみとシンプルです。

DSC00060DSC00059

表面には「ekubo」の呼び名の意味でもあるわずかなくぼみと、iCカード機能が搭載。F-06BとF-07Bが背面にあるのとは違う特徴で、その点でも以前のモデル「F-08A」に似てますね。背面は500万画素のカメラと赤外線のみで指紋認証センサーはなし。その他BluetoothやGPSも省略されていてかなりシンプルな機能です。

DSC00063DSC00061

個人的にはBluetoothは携帯で音楽聴かなければいいし、指紋認証もまあパスワードで画面できないことはない。道に迷い自分としてはGPSないのが一番のネックですが、あまりGPSや地図サービス使わない人にはそれも問題ないかもしれませんね。

ただ1つ、指紋認証搭載のF-06Bより便利なのが、いつも自分がこだわる「ながらロック解除」。背面液晶を搭載するF-08Bでは、iモードなどを立ち上げている最中でも端末を折りたたみ、サイドボタンに割り当てたiCロック解除からいつでもロック解除できる。詳細はこの動画をご覧ください。


YouTube – F-08BiCロック解除

スライド型かつスライドを閉じた状態でも利用できるF-06Bでは、何か機能を起動している時はサイドキーからのiCカードロック解除ができず、マルチタスクから呼び出すしかない。まあマルチタスクでロック解除できるようになっただけ便利なのですが、このあたりは背面液晶を持つ折りたたみ型ならではのメリットかなあと思います。

そして気になるポイントであるカメラの画質も比較。スペック面では500万画素と、F-06B、F-07Bの半分程度ですが、携帯で撮る写真は待受画面サイズなのでそこはそれほど不満なし。むしろオートで撮った時の色味が一番気になるのです。

以下はF-06B、F-07B、F-08Bをオート設定で撮ったものを順にならべました。左上がF-06B、右上がF-07B、左下がF-08Bです。

100623_155852.jpg20100623155919.jpg
20100623155920.jpg

100623_160548.jpg20100623160544.jpg
20100623160604.jpg

100625_212215.jpg20100625212137.jpg
20100625212223.jpg

100626_200935.jpg20100626200828.jpg
20100626200909.jpg

屋外はいいけど、室内だとかなり色味が違っていて、今までの富士通機種でよく出ていた青白っぽさがかなり強めに出ている感じ。3機種比べるとやっぱりF-06Bが一番好みかなあ。

とはいえ写真はかなりきれいにとれてるし、指定時間にメールできる予約投稿など新モデルならではの機能も入ってる。個人的には「らくらくフォン」は嫌だけど使いやすい携帯がいい、という母親に勧めたいなあと思いました。

まずはファーストインプレッションということで、以降は他のモデルと比較しながらちょいちょい書いていきたいと思います。

F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ