ARROWS NX F-06EのGPSが感度良好でいい感じ

ケータイ会議NX! F-06E 徹底レビュー!
このエントリーはARROWS NX(F-06E)モニターのレビュー記事です。

スマートフォンにおいて、カメラと同じくらい重要視しているのがGPSの精度。道に弱いがゆえに外出時は徒歩ナビを愛用している私としては、GPS精度が低いスマートフォンだと正しい道を示してくれないので大変困るのですよね……。

そんなこんなで機種変更ごとチェックしているGPS感度ですが、半年前の2012年冬モデル「ARROWS V F-04E」はさらにその前の2011年冬モデル「ARROWS X LTE F-05D」に比べると改善はされていたものの、GALAXY Note SC-05Dに比べると若干弱い、という結果でした。まあ、GALAXY Noteは北と南が逆さに表示される不具合がしばらく放置されてたけどな……。

GALAXY Noteがかなり高性能だっただけに、ARROWS VのGPSは相対的に弱く感じてしまいます。とはいえ以前のARROWS Xよりはだいぶ改善されているので、いつまで経っても現在地を捉えられないということはなく、ある程度屋外を歩いていると補足はしてくれるのでギリギリ実用範囲内かな。

ARROWS V F-04EのGPS感度をチェック – カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/2012/12/20/8202

というわけで今回もGPSアプリ「GPS Status & Toolbox」でGPS感度を測定してみました。まずは先手、前回優勝のGALAXY Note SC-05Dから。電池アイコンがよく見るといろいろアレなのですが気がついてもそっとしといてあげてくださいませ。

Screenshot_2013-06-15-18-01-46

続きましては今回の対戦相手ARROWS NX F-06E。

測位の数値は若干異なりますが、実際にはキャプチャのタイミングがうまくいかなかっただけで、ARROWS NX F-06Eでも16くらいの数値は出せてました。内覧会の時に「ARROWS NXのGPSはGALAXY Noteと同等」という説明があったのだけれど、ほぼそれを証明する測定結果ですかね。

今までARROWSシリーズはGPS感度がイマイチなところがずっとネックだったのですが、今回はGPSの改善も多分に図られており、説明員曰く「GPSの評判がいいGalaxy Note並み」とのこと。

ブランド再構築を図る富士通の「新生ARROWS」スマートフォンを体験してきた – カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/2013/05/17/10412

実際にNAVITIMEを使って何度も徒歩ナビ活用していますが、ナビ起動時に正しく位置を測定してくれるのはもちろんのこと、マルチタスクを使って他のアプリを起動し、しばらくしてNAVITIMEに戻ったときも、すぐに正しい位置を把握してルートを表示してくれました。体感レベルでもかなりGALAXY Noteに近い感じで使えています。

カメラよし、GPSよしで、自分がスマートフォンに求める基本機能はかなり高いクオリティで超えているという印象。あとはこの製品の看板でもあるバッテリー持ちですが、このあたりは使い方によってかなり結果が分かれる部分なので、もうちょいと使い込んでからレビューしたいと思います。

【ケータイ会議NX!とは?】
ケータイ会議NX!とは、富士通の最新スマートフォンARROWS NX F-06Eをブロガーが使い倒してブログで自由にレビューする企画です。通信料は各自の負担、モニター後は端末をそのまま使い続けることができるようになってます。

他のブロガーの記事はこちらからどうぞ−。

スマートフォンからだとブロガー記事一覧が見えないのでこちらからどうぞー。

ARROWS @ ケータイ会議11
http://atfe.fmworld.net/at/blog_review.html

地図アプリでチャットできる「iアプリオンライン」試した

前から一度使いたいと思っていた地図アプリのiアプリオンライン、やっと機会にメグまれて使ってみました。

iアプリオンラインというのはドコモの新型番モデルから一部に搭載されている機能なんですが、要はiアプリ使ったネットワーク機能。iアプリで対戦ゲームしたりチャットしたりとかができるようになるわけです。

iアプリオンライン | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/func_tool/iappli/iappli_online/

今のところはまだ対応アプリや機種も少ないのですが、ドコモのGPS搭載機種では標準搭載されている地図アプリでは、最新バージョンでこのiアプリオンラインに対応。地図上でGPS使ってチャットできるというのがちょっと楽しそうで気になってたんですよね。

地図アプリ | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/location/chizu_gps/chizu_appli/index.html

地図アプリは初回から60日間は無料で利用できるので、これはモニター期間にちょうどいいかな、ということで、ケータイ会議メンバー数名が集まるタイミングでちょっと実践してみました。

やり方は非常にシンプルで、まずは呼びかけるほうが地図アプリを起動し、メニューから「トーク送信」というアイコンをクリックするとメール送信画面が起動。電話帳に登録している人へ、地図アプリに参加してもらうためのURLを送信できます。

DSC00869

あとは相手がそのURLからチャットに参加すれば、いよいよ地図アプリでの地図トークがスタート。

DSC00872

地図は目的地と、参加者それぞれのGPSによる位置情報が表示され、6ボタンを押してユーザー切り替えることで、今チャットしている相手がどこにいるかが把握できます。

DSC00877

相手が入出したり、チャットしたりすると携帯電話が震えるので、メッセージを見逃さずに済むのも便利。メッセージは履歴で一覧確認もできます。

DSC00874

さらにアプリの機能を使っていまいる場所の写真も投稿可能。写真は本体に保存もできるし、地図アプリのみで使って本体には保存しない、なんて使い分けもできます。

DSC00875

チャット参加者は1対1じゃなくて複数参加もOK。ただ、個人情報保護のためか、2人以上を誘う(参加者が3名以上)の場合はログインにパスワードが必要になります。パスワードはチャット開催者が好きに決められるので、メール送信の時にパスワードも書いてあげればいいだけなんですが、そのほんのちょっとが意外に手間。ここは個人情報保護しすぎじゃないかなあと思いました。チャットルーム閉じちゃえばそのメールも意味なくなるわけだし。

ちなみに、チャット参加者が2名で、1名への招待メールを使い回せばどうだろうか、という実験もしてみたんですが、参加者が2名になった時点でもう他の人はログインできませんでした。そういうところはよくできてるんだよな・・・・・・。

友達とイベント会場で待ち合わせる、なんて場面ではけっこう重宝しそうだし、地図メインのゲーム感覚で楽しむこともできそうなんですが、難点はやはり地図アプリでしか使えない専用機能ってことかなあ。60日間無料とはいえ、NAVITIMEマニアからすると地図アプリは重いし検索まで手間かかりすぎだしPC連動も弱いしで使いにくいので、恒常的には使う機能にならなそう。もうちょっと対応機種が増えてきたらNAVITIMEでもその機能をお願いしたいなあと思いました。

FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

F-01AのGPSは単独測位できるか

 先日紹介したF-01Aに関する質問コーナー、さっそくお便りいただきましたので私めが答えさせていただきます。

この機種は、GPSによる単独測位は可能ですか?

ネットで調べたら(確かゼンリンかどこかにありましたが)、
災害時に基地局との通信ができない状況で、搭載
しているGPSによる単独測位が可能なのはF906iだけ
と書いてありました。
この機種は後継機種なので、同じように単独測位が
できるかと思いましたが、どうでしょうか?

知りたい目的は、docomoでauの『災害時ナビ』の
ような使い方をしたいからです。
もしもこれが可能ならば、auからdocomoに乗り換えて
この機種を買おうかと画策しています。
(妻の説得というのが、大前提ですが(笑))
ぜひ、ご回答をよろしくお願いいたします。

 ケータイ会議メンバーと相談してたらあっという間に解決してしまいました。文殊の知恵はすばらしいですなー。

 というわけで回答ですが、F-01Aも単独測位はOKです。詳しくはこちらにあるドコモのPDFをご確認ください。

作ろうiモードコンテンツ:端末スペック一覧 | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/spec/index.html

 ここにあります「iモード対応機種 対応コンテンツ・機能一覧」というPDFにその答えがあります。以下はその一部抜粋。かなり横に長いPDFなので大事な部分だけを切り取って作りました。

imode_spec

 もうここに書いてあるままなんですが、単独測位方式に対応しているのはF-01Aのみですね。災害時にもネットワーク不要で問題なく使えるようです。自分でも位置測定だけ先にしてから地図サイトのデータを読み込む、なんて使い方もしているので、単独測位は重宝しております。

 なお、余談ですがF-01Aでは、取得した位置情報を投げるアプリを選択できるようになりました。F906iまでは本体に搭載された位置情報取得機能で表示できるアプリがゼンリンの地図アプリのみで、他のアプリでの位置測位はアプリを起動してからでなければだめでしたが、今回はGoogle マップもNAVITEもOK。NAVITIME自体もアプリが全画面対応していていいかんじなので、このあたりは時間あったらまたエントリしたいところです。

FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト

FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

デジカメのEXIFでアリバイ工作

 先日書いたデジカメのEXIFに関するエントリーの補足。なお、EXIFは「えぐじふ」と読むんだそうですよ。英語風だと「いぐじふ」な感じかもしれませんが。

「デジカメのEXIF情報で居場所がわかる」という大きな誤解 – カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/2008/07/17/306

 はてなブックマークのコメントなどで指摘いただいたのですが、GPSもEXIFに含まれる情報の1つです。ただ、デジタルカメラでは基本的に自動で登録される情報と、GPSみたいに能動的に操作しない限りEXIFに含まれない情報を、同じEXIFの情報として「EXIFで場所がわかる」という説明はあまりにも誤解招き過ぎなので、「GPSを一緒にしないように」と勢いがつきすぎてしまいましたが、技術的にはGPSもEXIFに含まれる情報ではありますので、この点だけは訂正させていただきます。

 で、能動的に付けられるEXIFは、何もリアルタイムでの居場所がすべて登録されるわけではないよ、というのが今回の主題。例えば私の持っている携帯では、過去の履歴からもEXIF情報登録できるのです。ドコモならほとんどそうなんじゃないかなあ。

CIMG3988

 登録できる情報も過去の履歴に加えて、プロフィール情報に設定しておいた位置情報も使えます。なので特定の位置で取得しておいた位置情報をプロフィールに設定しておき、それを好きな画像に埋め込む、なんて荒技もOK。

CIMG3989

 ここまで好きな情報を自由に画像に入れられることを考えると、「位置情報がバレる」という心配はほとんどしなくていいんじゃないかと。むしろ「飲み会っていってたじゃん、ほらこの位置情報見てよ」といいつつ実際にはほげほげ、なんて悪用のほうがよっぽど可能性ありそうな気がいたします。

「デジカメのEXIF情報で居場所がわかる」という大きな誤解

 基本的にはスルーなんだけど、これ読んで心配になっちゃった友達がいたので、一応自分の周りだけでも誤解といておくという意味でもつっこんでおきます。

最近のGPS搭載ケータイには、Exifに緯度経度情報まで埋め込む機種もあるため、この情報を読み取ると、その写真がいつどこで撮影されたのかも判明してしまいます

(中略)

「具体的には記憶にありませんが、今後は、例えばGPSの情報によって、ブログの写真から自宅や勤務先の住所を突き止められてしまう、というようなストーカー事件を引き起こすおそれがあるかもしれません。

[デジモノ] デジカメ画像に埋め込まれる“Exif情報”には何が記録されているの? | LxR | R25.jp
http://r25.jp/web/link_review/20004000/1122008071105.html

 基本的にはこのエントリ読んでいただくのが一番かと。

Exifと違い、画像への位置情報の埋め込みは結構手間がかかる。GPS搭載携帯電話を持っている人はぜひ試して欲しいのだが、

撮影する前にGPSで位置を計測する(ここで15秒以上はかかる)
カメラモードにして、位置情報を画像に埋め込むという設定にする
やっと撮影
ぱっと出してすぐ撮影するのがメリットである携帯電話で、こんな手間のかかることを毎回やる気にはなるとは思えない。わざと位置情報を埋め込みたい人しかやらないだろう。

携帯電話の写真から位置情報がバレる話 – ARTIFACT@ハテナ系
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20070919/photolocation

 つけくわえておくと、すべての携帯電話端末をさわったわけではないからすべての携帯電話がそうとはいえませんが、少なくとも買った当初から自動でGPS情報を埋め込むような携帯電話は無いと思う(そんな携帯あったら教えてください)。基本的に位置情報は自分が登録したいときに能動的につけるものであって、自動的に記録されるExifといっしょくたに扱うのは大きな誤解を招くと思います。

 Exifは基本的にカメラの情報なので、個人情報に関するところでいうと撮影時間くらいかな。たとえば「今日は会議で」とかいってるのに「お前居酒屋の写真アップしただろ!」ということはあるかもしれない。しかし個人の場所などを特定するようなことは、その本人が意図的にGPS情報を登録しない限りは発生しない(かさねがさねそんなことをユーザーの意図しないところでやってる電話機があったら教えてください)ので、GPSを無駄に登録しないよう心がけてさえいればそんなに不安を持つところではないとおもいますよ。

 

動画で見る道弱い人に激お勧めの「NAVITIME」

 このブログで何度も書いている通り、私は極度の方向音痴。そんな私の生活を一変させてくれたのがGPSであり、そしてGPS対応サービスの「NAVITIME」であります。
 

地図検索 | NAVITIME
http://www.navitime.co.jp/

 数あるGPS対応地図サービスの中で、NAVITIMEがとりわけ優れているのは、PCと携帯で検索履歴を共有できること。ユーザーIDでPCのサイトにログインした状態で検索した結果は、すべて携帯電話からも検索できるのです。
 
 どこか知らないところに出かけるときというのは、PCでサイトを調べて地図をプリントアウトしたり、もしくは住所や目印をメールしておいたり、というのはよくある行動だと思いますが、NAVITIMEであればその手順をすべて1つにできるのです。
 
 というわけで論より証拠とばかりに動画を取ってみました。すでにPCで検索済みのルートを、iアプリのNAVITIMEから呼び出しております。

 今回は音楽を聴きながらiアプリを起動していますが、待受画面から起動すればもっと時間は早いはず。そしてあとはGPSを使ってリアルタイムに自分の位置や方角を示してくれます。もう最近はNAVITIMEが便利すぎて、地図のURLとかいちいちメールにおくったりしなくなっちゃいました。

CIMG3835

 最近のドコモだとGPS対応の地図サービスが90日無料で使えるんですが、あれ地図がすごく見やすくて使いやすいのに、アプリが激重なのと、検索までの手数が多いこと、そしてPC連動がNAVITIMEに比べると弱すぎるのでほとんど使ってません。
 
 そんなステキなサービスNAVITIMEですが、唯一の弱点ともいっていいのが電車の乗り換え検索の精度の悪さ。自分がよく使うルートでも「ええ? そんな行き方しないよ!」という条件を出してくることに加え、乗り換え時間がかなり短く設定されているので、知らない駅でちょっとまごついていると目的の電車に乗れないことも……。
 
 個人的に乗り換え検索は軽さといい使いやすさといい、駅前探険倶楽部のPDA向け「駅前探険倶楽部SS」が最高だったんですが、ウィルコムへの有料サービス開始とともに携帯電話のフルブラウザから使えなくなっちゃったんですな……。すでにNAVITIMEに加入しているのに乗り換えだけ駅探の有料サービスというのもお財布的に厳しいので、NAVITIMEはもうちょい乗り換え検索の精度上げてもらえると嬉しい限りです。今は完全にGPS専用サービスだなあ。
 
 NAVITIMEにはほかにもちょこちょこ面白いサービスあるんですが、それはまた別の機会に。